アンテナ (くるりのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アンテナ
くるりスタジオ・アルバム
リリース
録音 イギリスグラスゴー
東京都麻布
ジャンル ロック
時間
レーベル SPEEDSTAR RECORDS
プロデュース くるり
トニー・ドゥーガン
チャート最高順位
くるり アルバム 年表
ジョゼと虎と魚たち
2003年
アンテナ
(2004年)
NIKKI
2005年
『アンテナ』収録のシングル
  1. HOW TO GO
    リリース: 2003年9月17日
  2. ロックンロール
    リリース: 2004年2月11日
テンプレートを表示

アンテナ』は、くるりの5枚目のオリジナルアルバム2004年3月10日SPEEDSTAR RECORDSから発売。

概要[編集]

新加入のドラマークリストファー・マグワイアが参加した唯一のアルバム。 岸田繁はこのアルバムに対し、『ROCK'IN ON JAPAN』において「クリストファーのアルバムやなと思ってて」という感想を述べた。

2003年5月に渡英しグラスゴーにてモグワイなどのプロデュースで知られるトニー・ドゥーガンのもと、今作収録の「グッドモーニング」、「Race」、「HOW TO GO」をレコーディングしている。「ロックンロール」、「HOW TO GO」が先行シングルとしてリリースされている。また3rd、4thアルバムを担当した高山徹も今作にレコーディング・エンジニアとして参加している。

ジャケットのデザインは古賀鈴鳴、写真は佐内正史の手によるもの。

前作のアルバムに見られたハウステクノ、ダンスミュージックの要素は後退し、初期の頃に似たシンプルかつストレートなバンドサウンドが特徴のアルバム。岸田曰く「飽きてしまった」とのこと。アルバムのジャケットは浅草仲見世界隈の写真。くるりのアルバムでは唯一、英語訳の歌詞カードが入っている。

「グッドモーニング」を、矢野顕子がカバーしている。

収録曲[編集]

特記がない限り作詞作曲岸田繁

  1. グッドモーニング
  2. Morning Paper (作詞:岸田繁、作曲:くるり)
  3. Race (作詞:岸田繁、作曲:岸田繁/佐藤征史
  4. ロックンロール
    13thシングル。
  5. Hometown
    故郷を離れて活動する自分たちを自虐気味に歌ったロックナンバー。五島良子がバックボーカルで参加している。
  6. 花火 (作詞:岸田繁、作曲:くるり)
  7. 黒い扉
  8. 花の水鉄砲 (作詞:岸田繁、作曲:岸田繁/大村達身/クリストファー・マグワイア
    PVが存在していて、『くるくる鮨』に収録されている。
  9. バンドワゴン 
    岸田による弾き語り曲。
  10. How To Go <Timeless>
    シングルバージョンでは打ち込みだったドラムを生演奏で再録している。曲の始めにクリストファーの掛け声が聞こえる。

パーソナル[編集]