Rhythmic Toy World

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Rhythmic Toy World
Rtwsub.jpg
基本情報
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ロック
活動期間 2009年 -
レーベル STROKE RECORDS(2012年 - )
事務所 Teamぶっちぎり(2013年 - )
共同作業者 川原祥太
公式サイト rhythmictoyworld.com/index.html
メンバー 内田 直孝(ボーカルギター
岸 明平(ギターコーラス
須藤 憲太郎(ベースコーラス
磯村 貴宏(ドラムコーラス

Rhythmic Toy World (リズミックトイワールド) は日本のロックバンド。STROKE RECORDS所属。略称は「RTW」や「リズミック」。

メンバー[編集]

来歴[編集]

2009年11月、須藤憲太郎(ベース)が幼馴染である岸明平(ギター)と同じ大学の内田直孝(ボーカル)を誘い結成[1][2]

2010年8月、1stデモ「LOST」を会場販売限定で発売。同年9月に古川慧(ドラム)が脱退し、磯村貴宏(ドラム)が加入。

2011年3月、2ndデモ「HOMOSAPIENS」、8月に3rdデモ「さなぎ / メッセージ」を会場限定で発売。

2012年4月、1stデモ・ミニアルバム『GPS』を発売し、リリースツアーを開催。ツアーには当時から親交のあるKANA-BOONや、THE ORAL CIGARETTESが出演[3]。7月に1stデモ・シングル「終末のカンヴァセーション」を会場限定で発売。また、ロッキング・オン主催のアマチュア・アーティストのコンテスト「RO69JACK 2012」にて入賞する[2][注 1]

2013年よりインディーズ・レーベルSTROKE RECORDSに所属。以降Parking OutのSHO-TAがプロデュースを務め、事務所も同社内「Teamぶっちぎり」に所属する。同年3月発売のグッドモーニングアメリカが企画するコンピレーションアルバム『あっ、良い音楽ここにあります。その参』に参加し、4月には初の全国流通盤となる1stミニアルバム『軌道上に不備は無し』を発売。オリコンインディーズチャート9位、タワーレコード全国デイリーセールス10位を記録。また、ラジオ日本「ROCK RUSH RADIO」のオープニングテーマ曲として「新しい風景」が使われる[4]

4月20日、レコ発ワンマン@渋谷 CLUB CRAWLを開催。また、第一興商による2013年5月度のD-Push!アーティストに決定し[5]、カラオケ曲間番組「DAMチャンネル」D-PUSH!コーナーに出演。5月24日、初企画@新宿Marble(w/KANA-BOON、KIDS、ソライアオ)を開催。8月10日、ツアーファイナルワンマン@渋谷 O-Crestを開催。

11月13日、2ndミニアルバム『オリンポスノフモトニテ』を発売。発売に先駆けて9月6日にはバンド界隈では初となる先行試聴会を渋谷 CLUB CRAWLで開催[6]。11月22日には発売を記念して、ビッグエコー下北沢駅前店限定で「Rhythmic Toy World×ビッグエコー」コラボキャンペーンを開催。11月24日から2014年2月15日まで、全国25箇所をまわるツアーを開催。

2014年4月、東名阪仙2マンツアー「パラノイアツアー」を開催し、6月4日には3rdミニアルバム『XNADIZM』を発売[注 2]。オリコンインディーズチャート7位、タワーレコードオンラインデイリーチャートでは3位を記録。7月1日〜3日、フランスで開催された「Japan Expo 2014」に出演し、イベント初日と3日目のトリを務める[2][7]。9月25日からレコ発ツアーを開始し、10月18日に代官山UNITでツアーファイナルワンマンを開催。

2015年1月、1stシングル「いろはにほへと / Me:Light」を発売[注 3]。「いろはにほへと」がテレビ東京系「ゴッドタン」のエンディングテーマ(1月〜3月クール)としてタイアップ[8]。また、第一興商によるD-Push!アーティスト(2015年1月度)に2度目の選出。2月に東名阪ワンマンツアー『ビビで、バビで、ブーなワンマンツアー』を開催。4月8日、1stフルアルバム『BUFFeT』を発売[注 4]。12月9日、森永製菓「DARS」のCMソングとして起用された「輝きだす」が収録された2ndシングル『輝きだす』を発売。

2016年7月、2ndフルアルバム『「HEY!」』を発売。「Dear Mr.FOOL」が、テレビ東京系「ゴッドタン」7月度EDテーマ曲として、「あの日見た青空はきっと今日に続いている」が映画「何者」劇中曲として、「W.W」がフジテレビ系バラエティ「プレミアムの巣窟」番組内使用楽曲とされた。

2017年1月、2016年10月21日に赤坂BLITZで行われたツアーファイナルワンマンの模様を収めたLIVE DVD『「HEY!」が「HEY!」をして「HEY!」となるLIVE DVD ~咲かせ赤坂、さらば三つ編み~』を発売。9月、3rdフルアルバム『TALENT』を発売。

2018年1月、ツアーファイナルを行った渋谷TSUTAYA O-EASTにて、春にビクターエンタテインメントよりメジャーデビューを発表。2月、TVアニメ「弱虫ペダル GLORY LINE」オープニングテーマとして起用された「僕の声」を含むシングルを発売。

ディスコグラフィ[編集]

自主制作盤[編集]

発売日 タイトル 収録曲 備考
1st DEMO 2010年 LOST 廃盤
2nd DEMO 2011年 HOMOSAPIENS 廃盤
3rd DEMO 2011年 さなぎ / メッセージ 廃盤
1st DEMO mini album 2012年 GPS 廃盤
4th DEMO 2012年 終末のカンバセーション 廃盤

ミニアルバム[編集]

発売日 タイトル 収録曲 規格 規格品番 インディーズチャート 備考[注 5]
1st 2013年4月17日 軌道上に不備は無し CD STR-1028 9位 オリコン最高143位
2nd 2013年11月13日 オリンポスノフモトニテ CD STR-1029 10位 オリコン最高89位
3rd 2014年6月4日 XNADIZM CD STR-1032 7位 オリコン最高63位

シングル[編集]

発売日 タイトル 収録曲 規格 規格品番 インディーズチャート 備考[注 5]
1st 2015年1月7日 いろはにほへと/ Me:Light CD+DVD STR-1035 5位 オリコン最高53位
2rd 2015年12月9日 輝きだす CD STR-1039 オリコン最高74位
3rd 2018年2月14日 僕の声 / LIFE CD アニメ盤:THCS-60206

アーティスト盤:THCS-60207

オリコン最高52位

アルバム[編集]

発売日 タイトル 収録曲 規格 規格品番 インディーズチャート 備考[注 5]
1st 2015年4月8日 BUFFeT CD STR-1036 6位 オリコン最高50位
2rd 2016年7月6日 「HEY!」 CD STR-1040 オリコン最高47位
3rd 2017年9月6日 TALENT CD STR-1045 オリコン最高52位
4rd 2018年4月25日 SHOT CD 初回限定盤(インディーズ初期から「転生?なにそれ美味しいの?ツアー」の、メジャーデビューに至るまでを追いかけたドキュメンタリー映像DVD付き):VIZL-1373

通常盤:VICL-64993

オリコン最高64位

映像作品[編集]

発売日 タイトル 収録内容 規格 規格品番 備考[注 5]
1st 2017年1月25日 「HEY!」が「HEY!」をして「HEY!」となるLIVE DVD ~咲かせ赤坂、さらば三つ編み~ DVD 初回盤:STR-1041

通常盤:STR-1042

オリコン最高44位

V.A[編集]

  • V.A「あっ、良い音楽ここにあります。その参」/2013.3
  • V.A「JACKMAN RECORDS COMPILATION ALBUM Vol.7 『RO69JACK 2012』」/2013.6
  • V.A「ツタロックdig2」/2014.7

主なライブ・イベント[編集]

  • YOYOGI Seesaw Festival 2011(2011年9月11日)
  • 「東京天狗2012 決勝」@Zepp Tokyo(2012年3月)
  • MURO FESTIVAL 2012 "EXTRA"(2012年7月23日)
  • YOYOGI Seesaw Festival 2012(2012年10月8日)
  • Crest YEAR END PARTY 2012 Special 4DAYS!(2012年12月31日)
  • レコ発ワンマン@渋谷 CLUB CRAWL(2013年4月20日)
  • 初企画@新宿Marble(2013年5月24日)
w/KANA-BOON、KIDS、ソライアオ
  • 「あっ、良いライブここにあります。2013」@渋谷O-EAST(2013年6月30日)
  • ツアーファイナルワンマン@渋谷 O-Crest(2013年8月10日)
  • 「MUSIC CITY TENJIN 2013 LIVE CIRCUIT」(2013年9月29日)
  • MINAMI WHEEL 2013」(2013年10月13日)
入場規制がかかる。
  • 「小田原イズム2013」(2013年11月2日)
  • 全国ツアー(2013年11月24日 - )
全国25箇所
  • ツアーファイナルワンマン@代官山 UNIT(2014年2月15日)
  • 『音流大演会 2014〜Spring Festival〜寄ってけ渋谷店!』@渋谷O-EAST(2014年3月21日)
  • 『OTOEMON FESTA 2014』(2014年3月22日)
  • 東名阪仙2マンツアー「パラノイアツアー」(2014年4月)
東京出演:MAGIC OF LiFE、大阪名古屋出演:BYEE the ROUND、仙台出演:雨ニモ負ケズ
  • Niigata Rainbow ROCK Market 2014(2014年5月4日)
  • RUSH BALL☆R 2014」@大阪城音楽堂(2014年5月10日)
  • エミオ所沢「とこてらす」(所沢駅構内)(2014年6月22日)
アコースティックライブ
  • 新宿Marble presents 「新宿マーブルチョコレイト vol.10」 〜Marble 10th ANNIVERSARY FINAL〜@渋谷CLUB QUATTRO(2014年6月30日)
  • Japan Expo 2014」(2014年7月1日・3日)
  • 「MURO FESTIVAL2014」(2014年7月27日)
  • 「TREASURE05X 2014 ~summer triangle~」(2014年8月17日)
  • レコ発ツアーワンマン@大阪 LIVE SQUARE 2nd LINE(2014年9月25日)
  • レコ発ツアーワンマン@名古屋APOLLO BASE(2014年9月27日)
  • ツアーファイナルワンマン@代官山UNIT(2014年10月18日)
  • グッドモーニングアメリカ企画フェス「あっ、いいライブここにあります。その四」@大阪BIG CAT(2014年11月15日)
  • 水曜日のカンパネラ全国ツアー 平成26年度鬼退治行脚!(2014年11月25日)
  • T.W.I.M 企画「new T.W.I.M BOMB NIGHT vol.17」@名古屋ダイアモンドホール(2014年12月29日)
The HIATUS etc.
  • O-Crest YEAR END PARTY 2014 Special 3DAYS!(2014年12月30日)
  • 東名阪ワンマンツアー『ビビで、バビで、ブーなワンマンツアー』(2015年2月)
  • 「JAPAN'S NEXT vol.7」[9](2015年3月7日)
  • 「TENJIN ONTAQ 天神音たく」(2015年3月14日)
  • TOWER RECORDS広島店 presents 「タワヒロは見たVol.4」(2015年4月10日)
  • 「Don't Stop Music Fes.栃木」(2015年4月19日)
  • 「I ROCKS 2015 stand by LACCO TOWER [盟友編]」(2015年4月26日)
  • [Rhythmic Toy World 「お残しは許しまへんでーっ!ツアー ~対バンコース~」(2015年5月2日〜8月21日)
感覚ピエロ / ROOKiEZ is PUNK'D / NECOKICKS / The Flickers / コンテンポラリーな生活 / BARICANG / BUZZ THE BEARS / SHIT HAPPENING / 真空ホロウ / BACKLIFT / Brian the Sun / Northern19 / Suck a Stew Dry / The Winking Owl / ジラフポット / テスラは泣かない。 / ラックライフ / 忘れらんねえよ
  • 04 Limited Sazabys「CAVU tour 2015」(2015年5月6日)
  • RUSH BALL☆R 2015」(2015年5月9日)
  • SUPER BEAVER「愛する」Release Tour 2015 〜愛とラクダ、10周年ふりかけ〜(2015年5月23日〜24日)
  • SAKAE SP-RING 2015」(2015年6月6日)
  • FREEDOM NAGOYA'2015」(2015年6月28日)
  • 見放題2015」(2015年7月4日)
  • ircle New Single 『風の中で君を見たんだ』リリースツアー「リバーストで君が見たんだ」(2015年7月7日)
  • MAGIC OF LiFE×Rhythmic Toy World「真夏のサンタクロース~GIFT MEN~」(2015年7月10日〜22日)
  • 「MURO FESTIVAL 2015」(2015年7月26日)
  • ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015」(2015年8月2日)
  • 「TREASURE05X 2015」(2015年8月23日)
  • RUSH BALL 2015」(2015年8月29日)
  • お残しは許しまへんでーっ!ツアー ~ワンマンコース~(2015年8月31日〜9月26日)
  • 「MINAMI WHEEL 2015」(2015年10月10日)
  • LACCO TOWER 非幸福論リリースツアー "感幸旅行"(2015年10月17日)
  • TOTALFAT「COME TOGETHER, SING WITH US Tour 2015」(2015年11月7日・8日)
  • 「RAD ROCK RIOT"WINTER SPECIAL"」(2015年11月19日)
  • 「RB NATION 2015 -梅田Zeela 2nd Anniversary-」(2015年11月24日)
  • 「MERRY ROCK PARADE 2015」(2015年12月20日)
  • 「COUNTDOWN JAPAN 15/16」(2015年12月28日)
  • Rhythmic Toy World「俺らに触れたら溶けちゃうぜツアー」(2016年1月5日)
  • 「I ROCKS 2016」(2016年5月1日)
PAN / 感覚ピエロ / SUPER BEAVER / SWANKY DANK

出演[編集]

テレビ[編集]

放送3回に渡り出演

ミュージックビデオ[編集]

監督 曲名
畳谷哲也 新しい風景
鈴木新吾 光と闇と、その目とその手」「とおりゃんせ」「波紋シンドローム」「いろはにほへと」「ファーストコール
池田 圭 描いた日々に
やました ことえ 五月雨と共に

参考文献[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 入賞に伴い、2013年6月5日に発売されたコンピレーション・アルバム「JACKMAN RECORDS COMPILATION ALBUM vol.7『RO69JACK 2012』」に参加。
  2. ^ 発売に先駆けて3月23日に先行試聴会@渋谷CLUB CRAWLを開催。
  3. ^ 発売に先駆けて前年12月6日に150名限定先行視聴会@渋谷CLUB CRAWLを開催。
  4. ^ 発売に先駆けて2月に初の全国5都市に規模を拡大し開催。福岡公園(福岡Queblick)、大阪公演(心斎橋Pangea)、名古屋公演(APOLLO BASE)、仙台公演(FLYING SON)、東京公演(新代田FEVER)。
  5. ^ a b c d オリコンウィークリーチャートに基づく。

出典[編集]

  1. ^ 唯一無二のキャッチーを目指す”. ナタリー. 2015年6月23日閲覧。
  2. ^ a b c Rhythmic Toy World BIOGRAPHY”. Rhythmic Toy World. 2015年日付閲覧。
  3. ^ ESAKA MUSE >> LIVE SCHEDULE”. 2015年7月4日閲覧。
  4. ^ Rhythmic Toy World NEWS”. 2015年7月6日閲覧。
  5. ^ Rhythmic Toy World NEWS”. 2015年7月6日閲覧。
  6. ^ OKMUSICインタビュー”. 2015年7月4日閲覧。
  7. ^ Rhythmic Toy World、初海外ライブで8000人キャパの会場が大盛況”. 2015年7月2日閲覧。
  8. ^ Rhythmic Toy World ゴッドタンEDテーマソングに大抜擢”. 2015年7月4日閲覧。
  9. ^ JAPAN'S NEXT vol.7、空想・SAKANAMON・Drop's・ボイガル・Rhythmic Toy Worldが出演”. 2015年7月5日閲覧。

外部リンク[編集]