ア・パーフェクト・サークル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ア・パーフェクト・サークル
A Perfect Circle
Hellfest2018APerfectCircle 01.jpg
フランス・クリソン公演(2018年5月)
A Perfect Circle (Logo).png
バンド ロゴ
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州ロサンゼルス
ジャンル オルタナティヴ・メタル[1]
オルタナティヴ・ロック[1][2]
ヘヴィメタル[1]
ポスト・グランジ[1]
プログレッシブ・メタル[2]
活動期間 1999年 - 2004年
2010年 - 現在
レーベル ヴァージン・レコード
BMG
共同作業者 トゥールナイン・インチ・ネイルズ
公式サイト A Perfect Circle (英語)
メンバー メイナード・ジェームス・キーナン
ビリー・ハワーデル
ジェームス・イハ
マット・マクジャンキンス
ジェフ・フリードル
旧メンバー ジョシュ・フリース
ジョーディ・ホワイト
ダニー・ロナー
トロイ・ヴァン・リーウェン
パズ・レンチャンティン
ティム・アレキサンダー

ア・パーフェクト・サークル(A Perfect Circle)は、アメリカ合衆国出身のオルタナティヴ・ロックバンド

全米で高い実績を誇る、ポスト・グランジ・グループの一つ。一度解散したが、2010年から再始動を果たしている。

概要・略歴[編集]

1999年、ギタリストで作曲家のビリー・ハワーデルと、トゥールのボーカリストのメイナード・ジェームス・キーナンを中心に結成された。

2000年にアルバム『Mer de Noms』でデビュー。2004年に全体がほぼカバー曲(オリジナル曲は2曲のみ)で占められた3rdアルバム『eMOTIVe』をリリース後間もなくして一時解散。

2008年に再結成を表明し、2010年から6年ぶりに再始動している。2013年には一時解散して以来の新曲を含む初のベスト・アルバム『Three Sixty』をリリース。

2018年、スタジオ・アルバムとしては実に14年ぶりとなる4thアルバム『Eat the Elephant』をリリース[3]

メンバー[編集]

現ラインナップ[編集]

メイナード・ジェームス・キーナン(Maynard James Keenan) - ボーカル (1999– )

  • オハイオ州ラヴェンナ生まれ。本名ジェームス・ハーバート・キーナン(James Herbert Keenan)。
  • トゥールが2ndアルバムを制作していた頃、メイナードはビリーにノースアメリカにある自宅の一室を提供し一緒に暮らしていた。その時に、たまたまメイナードがビリーの作った曲のデモを聞き、これを気に入ったメイナードが「その曲に歌詞をつけてみても構わないか?」と申し出る。これがア・パーフェクト・サークルが誕生するきっかけとなった。
  • ア・パーフェクト・サークルがデビューした当時は、メイナードのトゥールとしての活動があまりに有名だったために「トゥールのフロントマンによるサイドプロジェクト」として扱われることが多かったが、当の本人は「ア・パーフェクト・サークルは私のもう一つのバンドであり、サイドプロジェクトなどではない」とたびたび言明している。
  • ステージで奇抜な恰好をすることでも有名だが、ア・パーフェクト・サークルでは眼鏡や長髪・三つ編みのウィッグを着用することが多い。

ビリー・ハワーデル(Billy Howerdel) - リードギター/ボーカル (1999– )

  • ニュージャージー州生まれ。
  • バンドのメインコンポーザーであり、基本的にバンドの殆どの曲はビリーによって作曲されている。レコーディングでもギター、ベース、キーボード、プログラミングなど、殆どのパートを手掛けている。
  • フェイス・ノー・モアフィッシュボーンデヴィッド・ボウイスマッシング・パンプキンズナイン・インチ・ネイルズガンズ・アンド・ローゼストゥールなど、数々の著名なバンドにギターテックとして関わっていた。
  • フィッシュボーンがトゥールと一緒にツアーに出ていた時に、当時フィッシュボーンのギターテックだったビリーはトゥールのボーカルであるメイナード・ジェームス・キーナンと知り合う(その後、ビリーはトゥールの2ndアルバム『Ænima』のレコーディングにエンジニアとして参加し、その後のツアーにもギターテックとして参加する)。
  • メイナードの影に隠れがちだがビリーも卓越した歌唱力を持っており、自身のソロプロジェクトである“ASHES dIVIDE”ではリードボーカルを務めている。

ジェームス・イハ(James Iha) - リズムギター (2003– )

  • 日系アメリカ人、日本名:井葉吉伸。スマッシング・パンプキンズのギタリストとして有名。
  • 2003年に加入。当時のギタリストであったダニー・ロナーがツアー直前に脱退したため、ビリーとメイナードは以前から知り合いだったジェームス・イハを起用することを思いつく。しかしその時既にツアーまでに猶予が2週間しかなく、バンドの曲を全く知らなかったジェームスだが、そのわずか2週間でバンドの全ての曲を完璧に覚えマスターしたという。

マット・マクジャンキンス(Matt McJunkins) - ベース (2010– )

  • 2010年での再々結成時に加入。ビリーのソロプロジェクト“ASHES dIVIDE”や、メイナードのソロプロジェクト“Puscifer”でもベースを勤めていた。

ジェフ・フリードル(Jeff Friedl) - ドラムス (2011– )

  • 2011年に別のバンドのセッションで活動していたジョシュ・フリースをサポートする形で加入。その後、ジョシュが別のバンドでの活動に専念するため脱退した2012年と同時に正式加入。
  • “ASHES dIVIDE”や“Puscifer”でもドラムスを勤めている。

旧メンバー[編集]

ジョシュ・フリース(Josh Freese) - ドラムス (1999–2011)

  • フロリダ州生まれ。両親ともミュージシャンで、自身も8歳の頃からドラムを叩き始める。
  • ヴァンダルズスティングディーヴォ、ガンズ・アンド・ローゼス、ナイン・インチ・ネイルズなどのバンドで活動してきた経歴を持つ。他にもポップス、パンク、メタルなど、ジャンルの垣根を越えて様々なミュージシャンのセッションに積極的に参加している。2010年にはパラモアのツアーメンバーとしてドラムスを務めた。
  • ティム・アレキサンダーの後任として、ほとんどバンド初期からドラマーを担当。パワフルで軽快かつ的確なドラミングが持ち味で、変拍子を多用するア・パーフェクト・サークルの楽曲の中でも、安定した演奏でバンドのリズムの要として重要な役割を果たした。
  • 2009年に発売された2枚目のソロアルバム『Since 1972』は値段に応じて様々な特典がつけられており、高額なものになると「メイナードと一緒にゴルフをする(20,000ドル限定一名バージョン)」、「NINのギタリストの家でパスタ料理をごちそうになる(75,000ドル限定一名バージョン)」など、冗談としか思えないような特典がつけられ話題となった。
  • 2012年脱退以降はヴァンダルズやディーヴォでの活動を継続している。

ジョーディ・ホワイト(Jeordie White) - ベース (2003–2004)

  • マリリン・マンソンのベーシスト兼メインコンポーザー”トゥイギー・ラミレズ”としての活動で知られる。
  • 2002年にマリリン・マンソンを脱退し、その後パーティで出会ったジョシュ・フリースの紹介でア・パーフェクト・サークルに参加する(当時ジョーディはメタリカのオーディションを受けていたが、結局その結果を待たずにア・パーフェクト・サークルに加入する)。2004年のア・パーフェクト・サークル活動休止以降は2005年から2008年にかけてのナイン・インチ・ネイルズのツアーに参加。2010年以降は、再びマリリン・マンソンのメンバーとして復帰している。

ダニー・ロナー(Danny Lohner) - ギター/サウンドエンジニア (2003, 2004)

  • 1994年から2000年までナイン・インチ・ネイルズの主要メンバーとして活躍。ナイン・インチ・ネイルズ脱退以降はプロデューサーやリミキサーとして活躍している。
  • 2002年に加入。2ndアルバムの『Thirteenth Step』においてはプロデュースと一部の曲のギターを担当している。バンドのツアーメンバーとしてもアナウンスされていたが、結局ツアー開始の2週間前に脱退する(しかし、その後の3rdアルバム『eMOTIVe』の制作には参加している)。
  • 1stアルバム『Mer de Noms』に収録されている“Renholder”という曲のタイトルは、ダニーの名前のアナグラムである("Re: D.Lohner"を逆さ読みにしたもの)。この頃からすでにバンドと何らかの関わりがあったようである。この“Renholder”という名前は現在ではダニーの別名として使用されている。

パズ・レンチャンティン(Paz Lenchantin) - ベース (1999–2002, 2004)

  • 2000年に加入。女性ベーシスト。ベースの他にもヴァイオリンやピアノも演奏する。
  • ア・パーフェクト・サークルが活動休止中に、当時スマッシング・パンプキンズを解散させたばかりであったビリー・コーガンに誘われ“ズワン”に参加する。これに伴いア・パーフェクト・サークルを脱退するが、その後もレコーディングやツアーにたびたび参加している。
  • ビリーは当初、自分の曲のシンガーにパズを想定していた。
  • 現在はピクシーズのメンバーとして活躍している。

トロイ・ヴァン・リーウェン(Troy Van Leeuwen) - リズムギター (1999–2002)

ティム・アレキサンダー(Tim Alexander) - ドラムス (1999)

  • オルタナティブ・ロックバンド、プライマスのドラマーとして知られる。バンド結成時初期に短期間ながらドラムを担当していた(1stアルバムの1曲目“The Hollow”では彼がドラムを叩いている)。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

タイトル アルバム詳細 チャート最高位 認定
US
[4]
AUS
[5]
CAN
[6]
FRA
[7]
GER
[8]
NLD
[9]
NOR
[10]
NZ
[11]
SWE
[12]
UK
[13]
2000 Mer de Noms 4 2 5 55 81 32 2 54 55
2003 Thirteenth Step
  • 発売日: 2003年9月16日
  • レーベル: Virgin
  • フォーマット: CD, LP, cassette, digital download
  • 全米売上: 118.1万枚[14]
2 3 1 41 11 17 7 1 17 37
  • US: プラチナ[15]
  • AUS: ゴールド[19]
  • CAN: ゴールド[17]
  • NZ: ゴールド[20]
2004 Emotive
  • 発売日: 2004年11月2日
  • レーベル: Virgin
  • フォーマット: CD, LP, cassette, digital download
  • 全米売上: 67.1万枚[14]
2 8 5 61 33 46 18 2 80
  • US: ゴールド[15]
  • CAN: ゴールド[17]
2018 Eat the Elephant
  • 発売日: 2018年4月20日
  • レーベル: BMG
  • フォーマット: CD, LP, digital download
  • 全米売上: 6.3万枚[21]
3 2 3 2 12 8 3 18 12
"—"は未発売またはチャート圏外を意味する。

日本公演[編集]

2000年
フジロックフェスティバル'00[22]

  • 7月30日: グリーン・ステージ

2003年
Japan Tour 2003[23]

2004年
Japan Tour 2004[24]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d A Perfect Circle|Biography”. オールミュージック. All Media Guide. 2015年10月16日閲覧。
  2. ^ a b A Perfect Circle reviews, music, news - sputnikmusic・2015年10月16日閲覧。
  3. ^ ア・パーフェクト・サークル(A Perfect Circle1)、約14年振りのアルバム『EAT THE ELEPHANT』をリリース”. TOWER RECORDS (2018年2月23日). 2018年8月18日閲覧。
  4. ^ A Perfect Circle – Chart History: Billboard 200”. Billboard. 2013年1月31日閲覧。
  5. ^ Discography A Perfect Circle”. australian-charts.com. Hung Medien. 2013年1月31日閲覧。
  6. ^ A Perfect Circle – Chart History: Canadian Albums”. Billboard. 2013年1月31日閲覧。
  7. ^ Discographie A Perfect Circle” (French). lescharts.com. Hung Medien. 2013年1月31日閲覧。
  8. ^ Chartverfolgung / A Perfect Circle / Longplay” (German). musicline.de. Media Control Charts. 2013年1月31日閲覧。
  9. ^ Discografie A Perfect Circle” (Dutch). dutchcharts.nl. Hung Medien. 2013年1月31日閲覧。
  10. ^ Discography A Perfect Circle”. norwegiancharts.com. Hung Medien. 2013年1月31日閲覧。
  11. ^ Discography A Perfect Circle”. charts.org.nz. Hung Medien. 2013年1月31日閲覧。
  12. ^ Discography A Perfect Circle”. swedishcharts.com. Hung Medien. 2013年1月31日閲覧。
  13. ^ A Perfect Circle (select "Albums" tab)”. Official Charts Company. 2017年2月21日閲覧。
  14. ^ a b c Grein, Paul (2010年7月15日). “Week Ending July 11, 2010: A Full Recovery”. Yahoo! Music. Yahoo!. 2012年10月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月31日閲覧。
  15. ^ a b c Gold & Platinum”. Recording Industry Association of America. 2017年2月21日閲覧。
  16. ^ ARIA Charts - Accreditations - 2000 Albums”. www.aria.com.au. 2017年10月24日閲覧。
  17. ^ a b c "Canadian certifications – A Perfect Circle". Music Canada. January 31, 2013閲覧. 
  18. ^ http://www.bpi.co.uk/certified-awards.aspx
  19. ^ ARIA Charts - Accreditations - 2004 Albums”. www.aria.com.au. 2017年10月24日閲覧。
  20. ^ The Official New Zealand Music Chart”. THE OFFICIAL NZ MUSIC CHART. 2017年10月24日閲覧。
  21. ^ Caulfield, Keith (2018年4月29日). “J. Cole Claims Fifth No. 1 Album on Billboard 200 Chart & Biggest Week of 2018 With 'KOD'”. Billboard. 2018年4月30日閲覧。
  22. ^ 2000 - ヒストリー|フジロックフェスティバル '15”. 2015年11月30日閲覧。
  23. ^ A Perfect Circle 2003|Creativeman”. 2015年11月30日閲覧。
  24. ^ A Perfect Circle 2004|Creativeman”. 2015年11月30日閲覧。

外部リンク[編集]