段文凝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
段 文凝
繁体字 段 文凝
簡体字 段 文凝
漢語拼音 Duàn wénníng
生誕 5月4日
中華人民共和国の旗 中国天津市
国籍 中華人民共和国の旗 中国
英語名 Duan Wenning
職業 タレント
共同作業者 福祿壽囍有限公司

段 文凝(だん ぶんぎょう)は、日本で活動する中国出身のタレントスカイコーポレーション所属。 来日前は中国でナレーターアナウンサーをしていた。身長160cm。血液型B型[1]

来歴[編集]

天津師範大学卒業後、2009年まで中国の天津電視台の所属タレントして、主に司会ナレーションを行う。

2011年4月より、中国文化芸術センター株式会社より推薦され、NHKテレビで中国語』にレギュラー出演中。また、2011年4月より、留学生として早稲田大学大学院政治学研究科ジャーナリズムコースに在学し、2014年3月に卒業。

2011年10月、東京国際映画祭『東京・中国映画週間』の司会を担当[2]

2012年から2年間にわたって中国語コミュニケーション能力検定(TECC)のイメージキャラクターを担当。[3] 2012年11月から2013年8月までWEN YOU CHINESE ACADEMYで中国語講座の講師を務める。中国語eラーニング教材「超速中国語PLUS」[4]にも講師として出演。

2012年8月から2014年7月までフェザンレーヴに所属。[5]

2013年3月1日発売のイメージDVDにおいて、メイド服、セーラー服などのコスプレや水着姿を初披露した。

2013年5月2日放送 『吉田照美 飛べ! サルバドール』(文化放送)の外中継コーナー「飛び出せ! 子ザル」で、番組内での愛称が「ぶーりん」と決定された。[6]

2013年5月5日[7]、Twitter に加えてブログを開始。

2014年2月、映画『トレインヒーロー』の宣伝大使に就任。

出演[編集]

CM[編集]

テレビ番組[編集]

ラジオ番組[編集]

映画[編集]

  • かわいい時限爆弾(2013年)[11]
  • 魔女の宅急便(2014年3月1日、東映)
  • バカドロン(2015年、監督 黒田将史)[12] [13] -ヒロイン役
  • となりあい(2016年)[14] [15]

舞台[編集]

ナレーション[編集]

  • 中国語講座 すぐに使える短いフレーズ(ヤマダパソコン教室)
  • DVD&CD付き 基礎から学べる中国語<発音と文法>(PHP研究所、2011年3月、ISBN 4569795897、CDナレーション)
  • 読める!話せる!26のコツで身につく中国語の基本(日本経済新聞出版社、2011年4月、ISBN 4532406854、CDナレーション)
  • 中国語1000本ノック 超入門 (コスモピア、2011年6月、ISBN 4864540004、CDナレーション)
  • 日中国交正常化40周年特別番組「強行帰国〜忘れ去られた花嫁たち〜」(2012年10月1日、TBS、ナレーション)
  • カワイイ スタイル(2012年-2013年、TBS、ナレーション)
  • 中検準4級対応 クラウン中国語単語 600(三省堂、2015年3月、ISBN 4385365466、CDナレーション)
  • 中検4級対応 クラウン中国語単語 700(三省堂、2015年12月、ISBN 4385365504、CDナレーション)

DVD[編集]

エッセイ、コラム[編集]

  • 毎日小学生新聞「段段春風」(2013年4月 - 2014年3月 )

動画[編集]

  • 東芝 中国WEBプロモーションムービー(2016年)[16] [17]

書籍[編集]

著作[編集]

  • 日本が好き!(PHP研究所、2012年7月、ISBN 4569805361
  • 段ちゃんと! はじめての中国語(日本文芸社、2013年7月、ISBN 4537210354
  • 「菜根譚」が教えてくれた 一度きりの人生をまっとうするコツ100(マガジンハウス、2015年4月、ISBN 9784838727438
  • マンガでわかる リアル中国人 (主婦と生活社、2015年12月、ISBN 4391148064
  • 中国語で読む 我的ニッポン再発見! (研究社、2016年6月、ISBN 4327394351) 

カレンダー[編集]

  • 段ちゃんのカンタン中国語 2013カレンダー (トライエックス、2012年9月)
  • 段文凝 カレンダー 2014年 (ハゴロモ、2013年10月)

脚注[編集]

  1. ^ あの人は誰だ? テレビ中国語講座で話題の段文凝さん”. 2012年11月9日閲覧。[リンク切れ]
  2. ^ 東京の「中国映画週間」”. 2012年11月9日閲覧。
  3. ^ TECC 公式サイト中国語コミュニケーション能力検定”. 2012年11月9日閲覧。
  4. ^ 超速中国語PLUS”. 2013年3月26日閲覧。
  5. ^ フェザンレーヴHP ニュース
  6. ^ 吉田照美 飛べ!サルバドール 第24回 5月2日
  7. ^ ブログ〜〜スタート!(≧∇≦)
  8. ^ マツモトキヨシTV-CM 「story」リップグロス編
  9. ^ Be. Okinawa 2015 (Taiwan ver.)
  10. ^ NHK WORLD RADIO JAPAN 简明日语
  11. ^ 「かわいい時限爆弾」 Facebook
  12. ^ 第10回大阪アジアン映画祭
  13. ^ 映画『バカドロン』 Twitter
  14. ^ 新人監督映画祭
  15. ^ 【予告編】短編映画『となりあい』(MY LITTLE NEIGHBOR)
  16. ^ 「段文凝がせまる!車載半導体」篇
  17. ^ 「段文凝がせまる!ビルファシリティ」篇

段文凝 from 東京流行通訊 特別増刊(第54号)http://img.tokyo-fashion.net/feature/054/jp.html

外部リンク[編集]