滝沢ハム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
滝沢ハム株式会社
Takizawa Ham Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報
本社所在地 日本の旗 日本
328-8586
栃木県栃木市泉川町556
設立 1950年12月20日
業種 食料品
法人番号 4060001017356 ウィキデータを編集
代表者 代表取締役社長 瀧澤太郎
資本金 10億8050万円
売上高 単体301億円、連結327億円
(2017年3月期)
純資産 単体33億円、連結35億円
(2017年3月)
総資産 単体128億円、連結135億円
(2017年3月)
決算期 3月31日
主要株主 滝沢興産 21.94%
伊藤忠商事 14.99%
(2015年3月)
主要子会社 ㈱テルマンフーズ
外部リンク www.takizawaham.co.jp
テンプレートを表示

滝沢ハム株式会社(タキザワハム)は、栃木県栃木市泉川町本社を置く、ハムを主力とする食品メーカーである。本社栃木市の泉川工場とデリカ工場のほか、市内西方町本郷に西方工場を、宮城県角田市に仙南工場を有している。

沿革[編集]

出典[1]

  • 1918年(大正7年) - 初代社長瀧澤貞助により栃木市にて食肉販売業を創業。
  • 1948年(昭和23年) - 食肉加工工場を栃木市祝町に新設
  • 1950年(昭和25年) - 株式会社に改組し、本店を東京都千代田区として株式会社滝沢武商店設立。
  • 1964年(昭和39年) - 仙台工場を新設。
  • 1966年(昭和41年) - 滝沢ハム株式会社に社名を変更。
  • 1972年(昭和47年) - 栃木市泉川に泉川工場を新設。
  • 1976年(昭和51年) - オランダで開催された国際食肉ハムオリンピック(第21回スラバクリ)に4品を出展し、金メダル2個(ボンレスハムとジプシーサラミ)と銀メダル2個(生ハムとビーフパイ)を受賞。これによって「ハムの金メダリスト」というキャッチコピーを使用開始。
  • 1982年(昭和57年) - 仙台ミートセンター新設
  • 1986年(昭和61年) - 宇都宮市大谷町の大谷石採掘跡(洞窟)に、大谷天然熟成プラントを新設。日本で唯一の洞窟を利用したイタリア生ハムの生産を開始。
  • 1990年(平成2年) - 社団法人日本証券業協会に店頭登録(現在のJASDAQ)。
  • 2004年(平成16年) - 宮城県角田市に仙南みらい工房ビッセンを新設。
  • 2005年(平成17年) - 本店所在地を栃木市泉川町へ移転
  • 2007年(平成19年) - 栃木県上都賀郡西方町(現:栃木市西方町)に西方工場「魁」を新設。
  • 2008年(平成20年) - 仙台工場を泉川工場に統合し閉鎖
  • 2017年(平成29年) - 栃木市沼和田町にデリカ工場「翔」を新設

不祥事・事件[編集]

パワーハラスメントによる従業員の自殺[編集]

滝沢ハム仙台営業所に勤務していた男性(47歳)が、2009年5月から毎日、上司から約20分から1時間にわたり「辞めてしまえ」と罵声を浴びせられ、2009年7月に自殺した。男性は営業職として勤務していたが、勤務時間は毎日約14時間に及び、2009年2月から6月の5か月間は休みが無く、自殺直前には重度のうつ病にかかっていた。宮城県仙台労働基準監督署は2011年2月に労災を認定した。2012年6月27日に上司のパワーハラスメントと過重労働が原因として、遺族が滝沢ハムに約7400万円の損害賠償を求めて仙台地裁に提訴した[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 沿革滝沢ハム
  2. ^ 息子の自殺はパワハラが原因と母親提訴 日刊スポーツ 2012年7月19日

外部リンク[編集]