クハラカズユキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クハラ カズユキ
生誕 (1969-04-03) 1969年4月3日(48歳)
出身地 日本の旗 日本 北海道
学歴 北海道北見北斗高等学校
明治学院大学
ジャンル ロック
職業 ドラマー
担当楽器 ドラム
活動期間 THEE MICHELLE GUN ELEPHANT
1991年 - 2003年
The Birthday
2006年 - )
事務所 BAD MUSIC GROUP
TRIPPIN' ELEPHANT RECORDS
共同作業者
公式サイト クハラカズユキ rockin'blues

クハラ カズユキ1969年4月3日 - )は、日本ドラマーThe Birthdayのドラマー。1991年から2003年まで、THEE MICHELLE GUN ELEPHANTのドラマーとして活動。

人物[編集]

北海道北見市出身。北海道北見北斗高等学校明治学院大学卒業。血液型O型。当時は身長165cmと公表していたが実際は161cm。愛称は「キュウ」。アルバム『カサノバ・スネイク』発売頃(2000年)からモヒカンヘアーとなる。アルバム『ロデオ・タンデム・ビート・スペクター』発売時(2001年)に一度金髪にしたが、翌2002年から再びモヒカンに戻した。

敬愛するミュージシャンは、モトリー・クルードクターフィールグッドザ・フーテレビジョンRCサクセションダムドザ・スターリン。また、ヘヴィメタル好きでもある。使用しているドラムのメーカーはCANOPUS。スネアは同メーカーのハンマード・ブロンズ。

来歴[編集]

小学生の頃に、RCサクセションに影響を受け、ドラムを始める。その後明治学院大学のサークルでチバユウスケウエノコウジと出会い、thee michelle gun elephant結成。後に同バンドのリーダーとなる。地元の北見市役所で職員として勤務していたが、週末のみ東京に通いでバンド活動を続けていた時期を経て、1996年2月1日、シングル世界の終わり」でメジャーデビュー。

2003年、THEE MICHELLE GUN ELEPHANT解散。その後、うつみようこ&YOKOLOCO BAND、M.J.Q、qyb、jam students等に参加。また、サポートドラマーとしても活動。2006年には、チバユウスケらとThe Birthdayを新たに結成。

エピソード[編集]

THEE MICHELLE GUN ELEPHANT関連[編集]

デビュー当時は普通の髪型で黒縁メガネを着用しており、おぎやはぎ矢作兼のような素朴な風貌をしていた。そのためクハラが加入した際『ミッシェルってルックス重視じゃなかったの?』と、チバがサークル仲間にツッコまれたこともあったという。ツアーで北海道に行く時は、メンバーが見るのも嫌になるほどクハラの父がをふるまう。

洗濯したてのバリバリのシーツが好きである。thee michelle gun elephant時代に出演したミュージックステーションや、2003年頃にMTVで放映された番組では「毎日バリバリのシーツを用意してくれる」という理由で、ツアー中のホテル暮らしが大好きだと発言していた。ドラム以外にもギターやトランペットの演奏ができる。アルバム『SABRINA HEAVEN』ではトランペットを録音。また、その後のツアーでもトランペットを吹く事があった。

参加バンド[編集]

※太字は現在活動中のバンド。かつて所属していたバンド等も含む。

サポート[編集]

※特筆のない限りドラム参加。ゲスト参加等も含む。

出演[編集]

ショートドラマ[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 経済の伝書鳩』 2010年8月7日付
  2. ^ ヤマジカズヒデと元筋肉少女帯の石塚伯広とのバンド
  3. ^ 鈴木淳奥野真哉とのバンド
  4. ^ 第1期、フェスティバルでのセッション

外部リンク[編集]