この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

Flowerwall

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Flowerwall
米津玄師シングル
初出アルバム『Bremen (#1)』
B面 懺悔の街
ペトリコール
リリース
規格 マキシシングル
デジタル・ダウンロード
録音 2014年
ジャンル J-POP
時間
レーベル ユニバーサルシグマ
作詞・作曲 米津玄師
プロデュース 蔦谷好位置
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間3位(オリコン
  • 登場回数11回(オリコン)
米津玄師 シングル 年表
MAD HEAD LOVE/ポッピンアパシー
2013年
Flowerwall
(2015年)
アンビリーバーズ
(2015年)
ミュージックビデオ
「Flowerwall」 - YouTube
テンプレートを表示
映像外部リンク
『Flowerwall』 クロスフェード

Flowerwall』(フラワーウォール)とは、米津玄師のメジャー3枚目のシングル。2015年1月14日にユニバーサルシグマからリリース。

概要

前作『MAD HEAD LOVE/ポッピンアパシー』から約1年3か月ぶりのシングルで、初回限定盤・通常盤の2形態で発売された。表題曲はニコン D5500のCMソングに起用された。『アイネクライネ』(東京メトロ)以来、CMタイアップがつくのは今作で2度目。また、同曲で共同編曲家としてクレジットされた蔦谷好位置が、表題曲の編曲を担当している。

桑田佳祐サザンオールスターズ)はこの曲を絶賛しており、自身のラジオ番組『桑田佳祐のやさしい夜遊び』内の企画「桑田佳祐が選ぶ2015年邦楽シングルBEST20」で取り上げられており[1]、「歌う日本ハム(当時)・大谷翔平」「J-POP界最強の男」「素晴らしいよ!」と評価した[2]

チャート成績

2015年1月26日付のオリコン週間シングルランキングにて、初登場3位を記録した。前作が最高11位だったのに大して、シングルとしては今作で初のトップ10、トップ3入りを果たした。

収録曲

  • 全作詞・作曲:米津玄師
  1. Flowerwall [5:01]
  2. 懺悔の街 [4:20]
  3. ペトリコール [4:20]

脚注

注釈

出典

  1. ^ 今年も桑田佳祐が選ぶ、2015年邦楽シングル・ベスト20発表♪歌ネット
  2. ^ 「桑田佳祐のやさしい夜遊び」 2015年12月26日放送分にて桑田佳祐本人が発言。