いちばんきれいな水

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

いちばんきれいな水』(いちばんきれいなみず)は古屋兎丸原作の漫画、及びこの作品を題材とした日本映画

原作[編集]

映画版[編集]

2006年10月7日公開。まつりつくばを含め、茨城県つくば市で多くのロケが行われ、映画版の実質的な舞台となっている。

ストーリー[編集]

小学6年生の夏美には、難しい病気に罹り8歳から実に11年間も眠り続ける姉・愛がいる。ある日、母親・陽子の妹・真理子が南米で事故に遭ったとの連絡が入り、父母は夏美と愛を残し南米へ。

夏美と愛が初めて二人きりになった夜、愛は11年間の眠りから目を覚ました。愛は19歳になった自分に戸惑い、心は8歳のまま。そんな愛に夏美は振り回される。

愛は夏美を強引に誘い出し、いちばんきれいな水のある場所へ向かい、夏美にプレゼントを渡す。

翌日、愛は再び深い眠りに入り、目を覚ますことは無かった。

夏美は、ベッドの横に置かれた絵日記を見つけ、いちばんきれいな水がある場所の秘密を知る…。

キャスト[編集]

主演は加藤ローサで、映画初主演となる。

ほか

スタッフ[編集]

外部リンク[編集]