ろびこ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ろびこ
生誕 10月8日
日本の旗 鹿児島県
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 2005年 -
ジャンル 少女漫画
代表作となりの怪物くん』、『僕と君の大切な話
受賞 2020年第44回講談社漫画賞少女部門を受賞[1][2](『僕と君の大切な話』)。
テンプレートを表示

ろびこ10月8日 - )は、日本漫画家鹿児島県出身。血液型はA型。

略歴[編集]

作品リスト[編集]

特記する作品以外全て講談社、KCデザートから刊行されている。

  • 彼女がいなくなった(2006年9月13日発売[4]ISBN 4-06-365410-9
    • 彼女がいなくなった(『』)
    • カラクリ演劇堂(『』、『デザート』2018年6月号別冊ふろく『となりの怪物くん SPECIAL』)
    • ラプンツェル(『』)
    • はつこいてんとうむし(『』)
    • なりきりごっこ。(『』)
    • デメキンイック。(『THEデザート』2005年5月号、デビュー作)
  • ボーイ×ミーツ×ガール(2007年4月13日発売[5]ISBN 978-4-06-365448-6
    • ボーイ×ミーツ×ガール(『』)
    • マサムネくんのススメ(『』)
    • にじいろハウス(『』)
    • キラキラの星。(『』)
  • ひみこい(2008年、全2巻)
    1. 2008年5月13日発売[6]、『デザート』2008年2月号 - 4月号、ISBN 978-4-06-365502-5
      • 先輩の彼女(『THEデザート』2007年5月号)
    2. 2008年9月12日発売[7]、『デザート』2008年7月号 - 8月号、ISBN 978-4-06-365521-6
      • ふたりのカクレガ(『』)
  • となりの怪物くん[8](2008年 - 2013年、単行本全13巻、愛蔵版全7巻)
  • 僕と君の大切な話 (2015年 - 2020年、全7巻)

単行本未収録作品[編集]

その他の仕事[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 第44回「講談社漫画賞」決定のお知らせ (PDF)”. 講談社からのお知らせ. 講談社 (2020年5月12日). 2020年5月13日閲覧。
  2. ^ a b 第44回講談社漫画賞に東京卍リベンジャーズ、僕と君の大切な話、ブルーピリオド”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2020年5月12日). 2020年5月12日閲覧。
  3. ^ コミックナタリー となりの怪物くん&たいようのいえ
  4. ^ 彼女がいなくなった|ろびこ|KCデザート|講談社コミックプラス”. 講談社. 2019年1月28日閲覧。
  5. ^ ボーイ×ミーツ×ガール|ろびこ|KCデザート|講談社コミックプラス”. 講談社. 2019年1月28日閲覧。
  6. ^ ひみこい/1|ろびこ|KCデザート|講談社コミックプラス”. 講談社. 2019年1月28日閲覧。
  7. ^ ひみこい/2|ろびこ|KCデザート|講談社コミックプラス”. 講談社. 2019年1月28日閲覧。
  8. ^ となりの怪物くん :作品情報”. アニメハック. 2020年8月5日閲覧。
  9. ^ 怠惰な中学生の運命描く、大場つぐみ×ろびこの読切YJに”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2014年5月8日). 2019年1月28日閲覧。
  10. ^ となりのYJ2周年!藤崎竜、天野明ら6組のレアな読切を公開”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2014年6月17日). 2019年1月28日閲覧。
  11. ^ 「とな怪」ろびこの新作読切がデザートに、コインランドリーで出会った男女を描く”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2020年9月24日). 2020年9月26日閲覧。
  12. ^ ろびこキャラ原案のTVアニメ「バクテン!!」放送決定!宮城県の高校生男子新体操部描く”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2020年11月5日). 2020年11月5日閲覧。

外部リンク[編集]