椎名軽穂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
椎名 軽穂
生誕 1975年10月23日(38歳)
日本の旗 日本 北海道苫前郡羽幌町
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1991年(平成3年) -
ジャンル 少女漫画
代表作 君に届け
受賞 第32回講談社漫画賞少女部門
(『君に届け』)
テンプレートを表示

椎名 軽穂(しいな かるほ、1975年10月23日[1] - )は、日本の女性漫画家北海道苫前郡羽幌町出身[1]札幌市在住。血液型はAB型[2]愛称は「カルピン」[要出典]。身長156cm。

来歴[編集]

1975年10月23日北海道苫前郡羽幌町で生まれる。北海道羽幌高等学校[3]北海道芸術デザイン専門学校[4]卒業。

15歳のときから本格的な漫画の原稿を描き始め[2]1991年、『別冊マーガレット』(集英社)に掲載された「君からの卒業」でデビュー[1]。以後、同誌での短期連載を中心に活動する[1]

2003年、『別冊マーガレット』で「CRAZY FOR YOU」の連載を開始。同作は2005年まで連載され、ヒロインが懸命に恋をする姿が読者の共感を集める[1]

2005年、『別冊マーガレット』で読切「君に届け」を発表し、翌2006年から「君に届け」の連載を開始する。高校生の純情な恋愛と友情を描いた同作は幅広い層から人気を集め[5]2009年にはアニメ化、2010年には実写映画化された。2011年にはアニメの第2期が放送されている。

2008年、『君に届け』で第32回講談社漫画賞少女部門を受賞 [6]

人物[編集]

10代の女性の恋や友情を描いた作品を発表する。

自らを「不器用な性格」と分析し、台詞を書こうとしても「これでいいのかな」と考え込んでしまうことが多い[7]。また、編集者が内容にOKを出しても、自分自身が納得しないと満足出来ず、打ち合わせの電話の時に悔し泣きしたこともあるという[7]。『君に届け』の大ヒットに関しては、「何でこんな地味が作品が・・・」という不思議な気持ちも持っている[7]

既婚者であり[7]2009年3月号から9月号まで、出産のため『君に届け』の連載を休載した。同年、女子を出産[7]

好きな食べ物はコロッケ・桃・ギョーザ・鍋類。好きな色は赤。趣味はお笑いや野球観戦など。温泉が好きで、日帰り温泉に行く。「日専連札幌」(現ニッセンレンエスコート)CMマスコットキャラクターの「ニッセンレンジャー」が好き。母親は『ラブ★コン』ファンである。よく似ていると言われる芸能人として、大槻ケンヂロンドンブーツ1号2号田村淳などの名を挙げている。

尊敬している漫画家として、同じ北海道出身の山岸凉子を挙げている[7]。好きな漫画は『7SEEDS』、『潔く柔く』、『よつばと!』、『舞姫テレプシコーラ』、『ガラスの仮面』。

エピソード[編集]

地元北海道新聞の連載企画「北海道ひと紀行」(2010年9月23日付)で、山岸凉子・小畑友紀とともに、北海道出身の代表的な少女漫画家の一人として紹介された[7]

作品[編集]

版元は全て集英社。

読み切り
  • アナログアパート
  • オレンジアパート
  • スタンド・バイ・ミー(1997年、ザ・マーガレット、同名の短編集〔1998年〕に収録)
  • 瓦落多プラネット(1998年、別マスペシャル、同名の短編集〔1999年〕に収録)
  • いびつな星のかたち(1999年、別マスペシャル、同名の短編集〔1999年〕に収録)
  • 日が暮れても歩いてる(2000年、別冊マーガレット、同名の短編集〔2001年〕に収録)
  • 恋に落ちる(2001年、別冊マーガレット、同名の短編集〔2002年〕に収録)
  • 明日はどっちだ(2001年、デラックスマーガレット、同名の短編集〔2002年〕に収録)
  • 青いふたり(2003年、別冊マーガレット、同名の短編集〔2003年〕に収録)
連載
  • さくら寮マーチ(2001年、別冊マーガレット)- 全1巻(2001年)
  • CRAZY FOR YOU(2003年 - 2005年、別冊マーガレット)- 全6巻(2004年 - 2005年)
  • 君に届け(2005年 - 、別冊マーガレット)既刊20巻(2006年 - )

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 椎名軽穂”. コミックナタリー. 2012年1月15日閲覧。
  2. ^ a b 椎名軽穂先生”. 別冊マーガレット公式サイト. 2012年1月15日閲覧。
  3. ^ 羽高だより (pdf)”. 北海道羽幌高等学校 (2010年7月26日). 2012年1月15日閲覧。
  4. ^ 北海道芸術デザイン専門学校
  5. ^ 多部未華子と三浦春馬でキスなし純愛物語”. asahi.com(朝日新聞社) (2010年4月2日). 2012年1月15日閲覧。
  6. ^ 過去の受賞者一覧”. 講談社. 2012年1月15日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g 北海道新聞、2010年9月23日朝刊1面「北海道ひと紀行 - ヒットメーカー」

外部リンク[編集]