問題提起シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

問題提起シリーズ』(もんだいていきシリーズ)は、ももち麗子による日本漫画作品のシリーズ。『デザート』(講談社)にて不定期連載されている。

身近な問題や社会現象になっている問題を、ときには恋愛を交えながら提起する。

第25回講談社漫画賞にノミネートされた。2001年、このシリーズを原案にしたテレビドラマとして『R-17』がテレビ朝日系列で放映された。

作品一覧[編集]

いたみ:援助交際売春
小遣い稼ぎ目的でオヤジ相手の援助交際を行っていた主人公。手軽に小遣いを稼げるからと自らの体を売ることを苦にも思っていなかったが、ある時好きな人ができたのをきっかけにその心境が一変する。
ゆがみ:体罰
不良がいないという中学に入学したアイコとミホ。だが、その学校では郡司という教師による厳しい身体検査と体罰が行われていた。ある日ミホは、郡司から体罰を受けたのを苦にして、アイコの目の前で自殺してしまう。アイコは郡司を糾弾するため、たった一人で郡司への反抗を開始する。
ひみつレイプ
女子高生のミカは、ある日彼氏とのデートの帰りに複数人の男にレイプされてしまう。田舎でしばらく療養し回復したかに見えたミカだったが、レイプ被害に遭ったことで精神的に大きく傷ついたミカは周囲の目を恐れるようになり、次第に彼氏との仲もぎくしゃくし始める。そんな中、ミカは自分を襲った男達から脅迫を受ける。
ねがいHIV感染
ある日突然HIVを発症してしまった菜々。症状が出なければ普段通りに過ごせると知った菜々は今まで通りに振る舞おうとしたが、彼女がHIVに感染していることを知った教師やクラスメイト達から偏見の目で見られるようになってしまう。
めまい:薬物依存
キョウは、ダイエットや受験勉強・父親からのプレッシャーなどの要因でストレスを溜めていた。ある日、友人のアヤから「これを飲めば気晴らしができる」とドラッグを勧められたキョウは、誘惑に負けてドラッグを服用してしまう。それを期に、キョウは徐々にドラッグ依存に陥っていく。
うわさストーカー
大学生の文彦と付き合っていた女子高生・まなみは、ある時彼の嫉妬深さに嫌気が差して別れを告げた。だが、文彦はやがてまなみにストーカー行為を行うようになり、まなみは次第に精神的に追い詰められていく。
さけび:いじめ
学校でいじめに遭い、家では母から勉強を強制され、どこにも居場所のない生活を送っていたかおり。だがある日、いじめのターゲットが別の少女に代わったのを機にかおりは豹変。いじめっ子の新たなリーダーとなったかおりは、新たなターゲットとなった少女を積極的にいじめるようになる。
なみだ:セクハラ
テニス部に所属するチカは、顧問の東堂からのセクハラに悩まされていた。ある日耐えきれなくなったチカは、東堂のセクハラを教師達に訴えるも相手にされず、悪者扱いされてしまう。そんな中、ある出来事がきっかけで娘が教師からセクハラを受けていたことを知ったチカの両親は、東堂を告訴しようと立ち上がる。チカもそれに後押しされて、東堂と対決する決意を固める。
とびら:自殺
家にも学校にも居場所を見つけられず、無気力な日々を送っていた女子高生のマナツ。ある日マナツは、リストカット癖のある少女「アスパラ」と出会ったことを機に自殺に興味を持つ。やがてマナツとアスパラは共に自殺に憧れを抱くようになる。
  • あやまち:売春
であい出会い系サイト
女子高生のリカは、ある日親友のシュウに誘われて出会い系サイトに登録し、街でパンツ売りによる小遣い稼ぎを行うことになった。罪悪感を覚えないパンツ売りに、次第に夢中になっていったリカ達は、偶然出会った高校生達と共にチームを結成する。
きずな家庭崩壊
斑鳩夏波は、家族と共に平穏な日々を送っていた。だがある時、弟が傷害事件の被害者になったのを機に、家族が何者かに脅迫されるようになる。脅迫者の正体を追い始めた夏波は、やがて家族が隠していたある秘密を知ることになる。
こころ万引き
「友達が欲しい」と思っていた高校生のめぐみは、友達へのプレゼントを手に入れるために、万引きに手を染めてしまった。万引き集団のメンバーである女性・アズとの出会いを機に万引き集団に入っためぐみは、常習的に万引きを行うようになり、次第に万引きを楽しむようになっていった。だがある日、めぐみ達万引き集団が万引きを繰り返していた店が倒産してしまう。その原因が自分達の万引きだったことを知っためぐみは、万引きを辞めて更生する決意をする。

ファンブック[編集]

  • おもい:問題提起シリーズオフィシャルガイドブック

外部リンク[編集]