麻生みこと

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

麻生 みこと(あそう みこと、9月23日[1] - )は、日本の女性[1]漫画家熊本県出身[1]

1990年、麻生美琴の名義で応募した「TWINS」で第15回白泉社アテナ新人大賞新人賞を受賞した。1991年、同作品が『LaLa DX』(白泉社)に掲載されデビューする。以後、『LaLa DX』『MELODY』など白泉社の漫画雑誌で活躍する。代表作に『天然素材でいこう。』『GO!ヒロミGO!』など。

『MELODY』2007年6月号より、「そこをなんとか」を連載開始、2012年10月から12月・2014年8月から9月にはNHK BSプレミアムにてテレビドラマ化もされた。また、同誌で毎号一本の映画について絵と文で語る1ページコラム「麻生みことのよりみちシネマ」も連載。『good!アフタヌーン』(講談社)2012年26号から2015年まで「海月と私」を連載。

https://sp.elle.co.jp/mangacinema/ エル 映画祭 リンダさん

作品リスト[編集]

  • 天然素材でいこう。(1994年 - 2002年、『LaLa DX』、白泉社) - 単行本全10巻、文庫版全5巻
  • BELL(1998年 - 2003年、『LaLa DX』) - 単行本全2巻
  • GO!ヒロミGO!(1999年 - 2006年、『MELODY』、白泉社) - 単行本全8巻
  • オゾン(2003年、『LaLa DX』) - 単行本全1巻
  • ことのは(2004年 - 2005年、『LaLa DX』) - 単行本全1巻 
  • そこをなんとか(2007年 - 2018年、『MELODY』) - 単行本全15巻
  • 路地恋花(2008年 - 2012年、『good!アフタヌーン』、講談社)- 単行本全4巻
  • 海月と私(2012年 - 2015年、『good!アフタヌーン』、講談社)- 単行本全4巻
  • 小路花唄(2016年 - 2019年、『good!アフタヌーン』、講談社)- 単行本全4巻
  • アレンとドラン(『Kiss』2015年10月号[2]、11月号、2016年5月号[3] - 、講談社)- 単行本既刊6巻(2021年12月13日現在)
  • 下足痕踏んじゃいました(『MELODY』2021年4月号[4] - 、白泉社) - 単行本既刊1巻(2022年2月4日現在)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c まんがseek・日外アソシエーツ共著『漫画家人名事典』日外アソシエーツ、2003年2月25日初版発行、ISBN 4-8169-1760-8、18頁
  2. ^ “「東京アリス」完結!麻生みことがサブカル系女子描く読切も、Kissで”. コミックナタリー (ナターシャ). (2015年8月25日). https://natalie.mu/comic/news/158039 2021年12月13日閲覧。 
  3. ^ “麻生みこと、Kissで周囲と馴染めないサブカル女子大生描く新シリーズ開幕”. コミックナタリー (ナターシャ). (2016年3月25日). https://natalie.mu/comic/news/181066 2021年12月13日閲覧。 
  4. ^ “麻生みこと・高尾滋らの新連載がメロディで一挙開始、花よりも花の如くは連載100回”. コミックナタリー (ナターシャ). (2021年2月26日). https://natalie.mu/comic/news/417942 2022年2月6日閲覧。 

外部リンク[編集]