マンガ少年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

マンガ少年』は、かつて朝日ソノラマが発行していた月刊漫画雑誌1976年創刊、1981年に休刊となり、後継雑誌は『DUO』。

概要[編集]

手塚治虫が『火の鳥』を掲載する雑誌を欲していたことを受けて、朝日ソノラマとしては初の漫画雑誌として企画され、誌名も手塚の意向で『マンガ少年』として1976年8月6日発売の9月号で創刊。『漫画少年』や『COM』の影響が多々見られ、トキワ荘系やCOM出身の漫画家が多数活躍した。創刊号には『火の鳥 望郷編』連載の他、石森章太郎松本零士ジョージ秋山藤子不二雄石川賢吾妻ひでおますむらひろしみなもと太郎らが執筆。時代的にSFがブームであり、多くのSF漫画が発表されている。また、アニメブームの最中、関連記事も多数掲載されている。

作品としては、手塚治虫『火の鳥』を長期連載した。『COM』で未完だった「望郷編」と「乱世編」が完結し、「生命編」、「異形編」と連載された。同時期に、実写映画『火の鳥』(1978年)やアニメ映画『火の鳥2772 愛のコスモゾーン』(1980年)が公開され、メディアミックスの走りとなった。また、手塚は原稿を落とすことも多く、代替として、過去の作品が穴埋めで載ることも多かった。1977年から連載開始した竹宮惠子地球へ…』は大きなヒットを飛ばし、1980年にはアニメ映画化された。石ノ森章太郎(当時、石森章太郎)は、『サイボーグ009』「海底ピラミッド編」を連載した。藤子・F・不二雄(当時、藤子不二雄)は、少年向けのSF短編を定期的に掲載した。吾妻ひでおは、『美美』、『やけくそ黙示録』を連載した。 みなもと太郎のエッセー「お楽しみはこれもなのじゃ」は、和田誠の映画評論「お楽しみはこれからだ」のパロディ作品としてだけではなく、優れた漫画評論として名高い。

マンガ少年新人賞からは、石坂啓竜巻竜次木村直巳速星七生神矢みのるなどが輩出されたほか、細野不二彦高橋葉介あや秀夫早坂照明などがデビュー作を発表したのも本誌である。

1981年5月号で休刊。発行部数は創刊号で24万部、その後10万部前後となり、休刊時には3万部程度だった。後継誌として『DUO』が創刊され、光瀬龍竹宮恵子アンドロメダ・ストーリーズ』、山田ミネコ最終戦争シリーズ」など一部の作品は連載が引き継がれた。

別冊として『火の鳥』全9冊、『地球へ…』全4部を発行。

主要な連載漫画[編集]

「概要」中で言及したものは除く。

主な読み切り漫画[編集]

参考文献[編集]

  • 斎藤宣彦「「マンガ少年」と手塚治虫」(『70年代マンガ大百科』宝島社 1996年)

外部リンク[編集]