ありま猛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ありま 猛(ありま たけし、1954年1月[1] - )は、日本漫画家鹿児島県出身[1]。本名:有馬猛[1]。初期の頃はありゃま猛というペンネームを使用していたこともあった。

来歴[編集]

児童養護施設で育ち、15歳のときに退所。1969年に漫画家を志し上京後、集団就職でボルトナットの工場で働く。やりたい画風と住所が近かったということからあだち勉あだち充の兄)のもとを訪ね、アシスタントになる[2][3]

1971年に『週刊少年ジャンプ』(集英社)に掲載された『よい子』でデビュー[1]。その後あだち勉の紹介で古谷三敏の『ファミリー企画』に入り、9年間在籍したのち1981年に独立[1][4]。『劇画ダッシュ』(リイド社)で再びデビューを果たす[4]。その後は大きなヒット作も無くマイナー系雑誌を中心に活動する。

2018年頃よりかつての作品が電子書籍化され、無料で閲覧できる公認サイト「マンガ図書館Z」でも公開されていたが、2020年5月、SNS上の口コミから、パチンコ漫画雑誌に1994年から1997年にかけて連載していた『連ちゃんパパ』が話題となり、作者のありまにも注目が集まる。『連ちゃんパパ』と『御意見無用』がKADOKAWAより紙の単行本化[3]。6月に発表されたインタビューにて、師であるあだち勉を主役とした漫画制作の意向を示し[2]、あだち充の協力を得て2020年9月より、サンデーうぇぶりにて『あだち勉物語 〜あだち充を漫画家にした男〜』連載開始[5][6]

作品[編集]

ありま猛名義[編集]

ありゃま猛名義[編集]

  • 荒野のいたちごっこ(別冊テレビランド、徳間書店)
  • 天才学園(別冊テレビランド、徳間書店)
  • モメ太郎(別冊テレビランド、徳間書店)
  • ずうとるび珍道中(原作:滝沢ふじお、中学一年コース、学習研究社

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『噂のショートホープ』秋田書店 単行本の表3に記載のプロフィールより
  2. ^ a b しげる (2020年6月14日). “ネット激震の「邪悪」な主人公はこうして生まれた 『連ちゃんパパ』作者・ありま猛インタビュー” (日本語). ねとらぼ. 2021年1月16日閲覧。
  3. ^ a b c V林田 (2020年12月4日). “『御意見無用』復刊記念・ありま猛氏インタビュー あだち兄弟にギャンブル漬けにされたお陰で『連ちゃんパパ』は生まれた!?”. マンバ. 2021年1月16日閲覧。
  4. ^ a b 『御意見無用』竹書房 単行本の巻末に記載のプロフィールより
  5. ^ 『連ちゃんパパ』作者が描く「あだち充を漫画家にした男」の豪快エピソード! 『あだち勉物語』ありま猛インタビュー”. ねとらぼ (2021年8月12日). 2022年2月20日閲覧。
  6. ^ あだち勉物語 〜あだち充を漫画家にした男〜 1”. 小学館. 2021年8月13日閲覧。

外部リンク[編集]