連ちゃんパパ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
連ちゃんパパ
ジャンル ヒューマンドラマ
ギャンブル
犯罪
青年漫画
漫画
作者 ありま猛
出版社 綜合図書
掲載誌 パチプロ7
発表期間 1994年 - 1997年
巻数 全4巻
話数 全43話
テンプレート - ノート

連ちゃんパパ』(れんちゃんパパ)は、ありま猛による日本漫画作品。

概要[編集]

1994年春ごろから1997年秋ごろにかけて[1]パチプロ7』(綜合図書)にて連載されていた[2]

パチンコ漫画雑誌の連載作品ではあるが、パチンコのテクニックよりも真面目で善良な教師であった主人公がパチンコにのめり込むことにより救いようのない卑劣漢へと堕落していく描写に重点が置かれている。

電子書籍として2018年より秋水社より配信されている[3]。全43話。また、2020年9月12日と10月12日にKADOKAWAより描きおろしあとがき漫画を収録した全4巻の単行本が発売されている。

あらすじ[編集]

第1話 - 第13話[編集]

東京で妻子と共に暮らす高校教師日之本進。ある日妻の雅子パチンコで300万円の借金を作り、失踪する。借金取りの男にその事実を知らされた進と息子の浩司は、失踪した雅子を探して鎌倉大阪京都と旅をするが、その道中、進は旅費を稼ぐために初めてパチンコに手を出す。捜索の結果、二人はついに京都で雅子を発見するが、雅子は間男と共に再び蒸発してしまう。

雅子を探すために失職した進は、借金取りの家に居候し、正業にも就かずパチンコにのめり込む。その傍ら、パチンコの軍資金を得るために借金取りの元で取り立ての代行を始め、債務者から卑劣な方法で借金を回収することに成功し、悪の才能に目覚める。一方、別の間男の元で羽振りの良くなった雅子が現れ、300万円で浩司を引き取ることを提案し、金に目がくらんだ進は浩司を売り渡す。しかし、雅子の間男は実はネズミ講会社を経営する詐欺師だった。間男が全ての責任を雅子に押し付けて失踪したことが発覚すると、雅子も浩司を置き去りにして再び行方をくらます。

他方、進は浩司の担任の美保絵里強姦し、彼女を妊娠させたことにより、奇妙な成り行きを経て著名な財閥の一族である絵里の実家に招き入れられる。進は期せずして財閥の後継者の地位を手に入れるが、絵里の妊娠が想像妊娠であったことが判明すると用済みとなりあえなく追放される。

第14話 - 第28話[編集]

借金取りに頼み込み居候を再開した進は、正業に就くことを決心するも長続きせず、教職をクビになった事を知った元教え子たちが善意で集めたカンパまでもパチンコにつぎ込むなど、堕落した生活を送る。

借金取りの家を追い出された進は、浩司の手引きにより、新たな間男との間にできた双子を妊娠していた雅子と再会する。雅子が勤めていた弁当屋で働き始めた進は、弁当屋の土地の地上げを目論んでいた借金取りと結託して弁当屋の店長をパチンコの泥沼に引きずり込み、地上げを成功させて大金を得る[4]:17-23話

借金取りの元で本格的に取り立て代行の仕事を始めた進は、取り立て上の失敗などで大金を失うが、それでもパチンコを止めることが出来ず、自らも借金取りから大金を借り受ける。しかし、借金取りは膨らんでいく借金をなかなか返済しない進にしびれを切らし、ついに雅子と共謀して進に対する保険金殺人を計画する。借金取りは進をフィリピンに連れ出し暗殺しようとするが、進は持ち前の悪運によってマニラカジノで大金を稼ぎ、借金を精算することで無事帰国する。

第29話 - 最終話[編集]

あくまでもパチンコ狂いを続ける進に愛想を尽かした雅子は、本格的に彼に離婚を迫る。進は医師の指導のもとパチンコ依存症の治療を試みるが成功せず、半ば強制的に離婚させられてしまう。

進を見かねた借金取りは、彼に学習塾の仕事を斡旋する。学習塾のオーナーから叱咤激励された進は、教育者としての本分に立ち返り、学習塾の経営に邁進する。また、オーナーから紹介された老舗の和菓子店の娘美佐子との縁談もまとまり、進の生活に光が差し始める。一方、新しい彼氏・奥野の元で暮らしていた雅子は、自らも再びパチンコ依存症を発症し、借金を奥野に被せたまま、子どもたちを残してまたもや蒸発する[4]:34-38話

浩司を跡取りにしたいという美佐子の両親の希望もあり、進は学習塾を畳み、美佐子の実家の和菓子店で働き始める。ところが不妊症だったはずの美佐子の妊娠が判明すると、美佐子の両親は進に無断で浩司を児童養護施設に入れてしまう。借金取りが浩司を引き取るよう迫ったことで、美佐子の両親も一旦は考えを改めるが、その矢先に進が作った商品から食中毒が発生し、進と浩司は怒り狂った美佐子の両親によって家から追い出される[4]:39-41話

またしても行くあてを失くした進と浩司は、借金取りの情報を頼りに雅子がいる鹿児島に向かい、紆余曲折の末に復縁する。進と雅子は再婚し東京で再起を誓うが、パチンコの誘惑を断ちきれず、一家は借金取りが所有する田舎の土地に移住する。パチンコ屋のない環境で平和な生活を送る一家だったが、彼らがいずれまたパチンコと関わる未来を暗示する描写とともに、物語が終わる。

登場人物[編集]

主な登場人物[編集]

日之本 進
主人公。34歳で、高校の数学教師。雅子を探すため当面の資金をパチンコで稼いで以降、当人も職を失うほどパチンコにのめり込むようになる。借金取りの会社の債権回収を時々手伝っているが、その回収率は本職の借金取りも感心する腕前である。教員時代は熱血教師であり、暴走族に入っていた生徒を更生させるなど卒業生たちにも慕われていたが、教職を追われて以降は、教え子を平然と裏切り、小学生の子供達をも巻き込む悪質な取り立てを行う卑劣な人物に成り下がってしまう。
浩司
進と雅子の息子で小学生。純朴な少年だが、なぜかパチンコについて詳しく、結果的に父をパチンコに依存させるきっかけを作ってしまった。両親には何度か捨てられるものの、二人を見捨てずに慕っている。
雅子
進の妻。パチンコで借金を作り、家出をする。非常に異性にモテる性質で交際相手が絶えない。何度か他の男と失踪して双子の私生児まで出産するが、最終的に進と復縁する。
借金取り(本名不明)
雅子に金を貸した消費者金融「KOローン[注釈 1]」の男。威圧的な巨体と前科3犯の過去を持つ粗暴な男であり、借金の取り立てや金儲けのためには手段を選ばない。その一方で人情に篤く、特に浩司に対してはその境遇を幼い頃の自分に重ねており、優しい態度をとる。

その他の登場人物[編集]

進の親族・家族[編集]

進の姉
進から借金を頼まれると難色を示し、一万円を渡した。浩司よりも年上の子供を育てている。
進の両親
父親は元小学校校長。借金取りの自宅に居候している進を見て失望するが、田舎に帰ることを勧め浩司と共に実家に連れ戻す。自身のコネを使って進を山奥小学校に再就職させるが、最終的に裏切られてしまう。
知子/良子
雅子と三番目の愛人との間にできた双子の娘。出生直後は進に煙たがられていたが、雅子が再び失踪してからは進が引き取り、愛着が湧いた様子が描かれている。

進の愛人[編集]

荒井勝子
四菱銀行の銀行員。33歳、結婚歴無し。進に似た彼氏を2年前に亡くしている。パチンコ店で出会った進と肉体関係を結び、何かと進を金銭面で援助するが、一億八千万円の横領が発覚、逮捕される。
美保絵里
小学校の教員。浩司の担任。三住グループの令嬢で敬虔なクリスチャン。家庭崩壊した浩司を引き取ろうとするが、連れ戻しに来た進に騙され、強姦されて処女喪失してしまう。自らを強姦した進に結婚を迫るなど一風変わった面もあるが、基本的には良識のある善人。進と別れた後も浩司を心配し、居候先である借金取りの自宅に電話をかけて近況を確かめた。
中山美佐子
36話から登場。和菓子屋の娘。不妊症でバツイチ。当初は子供嫌いと言っていたが、不妊症で子供を授かれない故の言い訳のようであり、本当は子供好きだった。進と交際し婚約までに発展する。当初は浩司に優しく振舞っていたが妊娠後は一変し、浩司を邪魔者扱いして進に無断で養護施設に預けてしまう。進と別れてからは借金取り曰く「流産した」とされる。

雅子の愛人[編集]

正男
雅子が最初に不倫した男。京都の旅館で雅子と性行為していたところを進に発見される。浩司に一度カレーライスを奢っており、息子との再会を拒む雅子に対して「お前も罪なことをするな」と言い放った。
ねずみ講会社の社長
雅子の二番目の愛人。豪華な屋敷に暮らしている。ねずみ講が発覚すると雅子に会社の法的責任をなすり付けて失踪する。
双子の父親
雅子の三番目の愛人で、双子(知子、良子)の父。本名不明。雅子を妊娠させた際に失踪するが、妻が死んだため再会し、雅子や浩司に一緒に住もうと誘う。
奥野
36話から登場。雅子の四番目の愛人で、居酒屋で板前をしている。最終的に雅子に付け込まれて多額の借金を抱え、借金取りの斡旋でマグロ漁船の船員にさせられた。

その他[編集]

千春
借金取りの愛人。浩司を部屋から追い出すよう告げる。
平田法律事務所の弁護士
進の友人。序盤で雅子の失踪の相談相手となる。高校教師を退職させられた進に就職先としてOK塾を紹介する。進に借金を頼まれると僅かな金を渡した。
森田
進の大学時代の友人。雅子を探しに大阪へ来た進と浩司を自宅へ宿泊させる。進をパチンコ生活へ誘惑し、その後の元凶を作り出す。借金依存症で、二人組の男に度々ダム現場へ連行されている。
疫病神の権太
浩司の友人。苛めを受けていた浩司を助ける。アルコール中毒の父親と年金生活の祖父と同居しており、借金取りから多額の負債を抱えている。
城田正明
58歳。以前は工場長で20人の従業員を従え、冨美子という30歳の妻がいた。不況により離婚、貧困生活を送っている。進の罠にはまり自殺未遂に追い込まれた。
城田正夫
9歳。正明の息子。進から実家の借金生活の噂を流され、学校内で孤立する。
恵美
小学生の少女。正夫同様、進に親の借金の噂を同級生に流される。
竹田
山奥小学校の校長。進の父親の元部下。人生をやり直そうとした進を歓迎するが、進に預けた教材の購入費の一部をパチンコ代として横領、紛失された。
新聞屋の社長
元暴力団員。雇った進を騙して恐喝する。強盗犯事件を繰り返していたが、同じく強盗になろうとした進と鉢合わせになり、殴られて逮捕された。
平田裕一
進の教え子。昭和59年卒。現在は医者になり、父親の病院を継いでいる。進を励ますために学友たちと慰労会を企画する。
田代/山上清子/池田要/山本次郎/花田咲子/小森富美子
進の教え子。平田の同級生。進を励ますため多額の寄付をするが、パチンコ代に利用された。
映子
浩司のガールフレンド。
映子の父
温厚な人柄だが、裏では有名な証券詐欺師をしている。借金取りから負債を抱えていたが全額返済をする。借金取りから返礼で危険が迫っていると忠告され、映子と共に行方をくらませた。
高島勝子
37歳。剛田英男という人物の愛人で借金の保証人をしていたが別れたところを借金取りに狙われる。ソープに沈められかけたが浩司と親しくなり、借金取りの温情により定食屋「おかめ」の仕事を斡旋された。
富永
泣野区役所の福祉課担当。老人宅で恐喝しようとした進を追い払う。後に生活保護を申請しようとした進と偶然再会し、彼の生活保護申請を却下したと思われる。
弁当屋の社長
雅子の雇い主。雅子の妊娠により代わりに進を雇う。進に強情な態度で振舞っているが、本心では数少ない従業員として依存している。道子という気性の激しい妻がいる。進と借金取りに騙され凄惨な末路を迎える。
智美
キャバレー「カイビガン」のキャバ嬢。弁当屋の社長に気に入られている。
阿部/平和荘の住人たち
進ら一家が住んでいたアパート「平和荘」の住人たち。進を建設反対派の代表に祭り上げて、高層マンション建設の反対運動を始めるが、建設会社が提示した高額の承諾金に釣られ、全員が切り崩される。
辰巳建設の社員たち
平和荘の近郊にマンションを建設する予定だった会社の社員たち。進ら建設反対派を高額の承諾金で切り崩しにかかるも、承諾金の釣り上げを狙っていた進には工事差し止めの仮処分申請を主張され、追い返される。
小谷
大手企業・住菱商事営業四課の課長。パチンコ店で席の取り合いから進と揉め事を起こし、暴力をふるったのち逃走する。後に謝罪し、家に招いて鍋料理をおごり和解する。 本人は気づいていないが、会社からはリストラの対象にされている。進と異なり、パチンコは好きだが引退後の起業資金のため週一回で我慢する自制心を備えている。
荒川
小谷も所属する、住菱商事営業の総務部長。小谷の暴力を抗議しに来た進を利用し、小谷を退職させようと企てるが失敗する。
松居英二
離婚調停のため雅子に雇われた弁護士。
高田学(小川学)
34話から登場する、学習塾「光進塾」の経営者。小学校の校長として20年、塾を経営して13年の経歴を持つ人格者。良子という温厚な妻がいる。人の良さから失踪した人物の保証人を引き受けてしまい、借金取りから利息を取られている。借金取りの紹介で進を雇い、堕落した進を叱咤激励したり、塾の経営までも依頼して、一時的ではあるがパチンコ依存症から更生させた。進のためにお見合いを提案し、美佐子との出会いのきっかけを作る。なお、39話で妻が入院した際には、進から「小川さん」という初登場時と異なる苗字で呼ばれ、妻も「小川フサ」という全く違う名前で再登場する設定ミスがある。
城田/上原/伊藤
35話で登場。光進塾に通う生徒たちで、進を慕っている。自殺未遂を起こした城田家とは無関係。
富永
進の知人。区役所の職員とは別人。パチンコ店の利用客だが、子供に光進塾の入塾を勧めてきた進に対し、人間性を疑った反応を示して拒否する。
橋口先生
児童養護施設「仁風寮」に務める女性。進の子供たちの世話をする。別の場面では職員から「坂本先生」と異なる苗字で呼ばれる設定ミスがある。
美佐子の両親
母は36話、父は38話から登場。老舗和菓子屋「甘味堂」の経営者。当初は浩司を可愛がっていたが、美佐子が妊娠してからは邪魔者扱いするようになり、進に無断で子供たち全員を養護施設に預けてしまう。

書誌情報[編集]

ありま猛 『連ちゃんパパ』 KADOKAWA、全4巻

反響・評価[編集]

2020年5月11日ごろからインターネット上で話題が広がり[2]、翌5月12日には当時、本作を無料配信していたマンガ図書館Zにて、会員登録しなくても全編見られる事が出来る手軽さから閲覧が集中し、サーバーが一時ダウンするなどの反響が起こった[5][6]

ほのぼのとしたホームドラマを思わせるタイトルや、『BARレモン・ハート』や『釣りバカ日誌』のような柔和でコミカルな絵柄でありながら、『闇金ウシジマくん』のように自己中心的な人物ばかりが登場する生々しい内容が特徴である[5][6]。パチンコの資金を得るために手段を選ばなくなった主人公の進が、「債務者の子供が通う小学校の児童らに借金のことを言いふらすことで、いじめを誘発し借金取り立てを行う」シーンなどが話題となった[2][5][6]

反響を受けて、2020年9月から10月に初めて紙の単行本として全4巻が発売された。

フリーライターの藤井夏樹は「パチンコに関する描写よりも借金にまつわる描写が多く、闇金漫画と言えるかもしれない。しかし、パチンコにハマる人の描写には妙なリアリティーがある」と述べている[7]

作者のありまの他作品は絵柄通りの人情ものが多く、本作は異色作といえる。ありま曰く絵柄と内容のギャップは意図的に演出したものである[8]。ありまは過去のギャンブル依存の経験からパチンコに良いイメージを持っておらず、出版社からパチンコ漫画の執筆依頼を受けた際、断られるつもりで「パチンコ依存で破滅する人間の話なら描ける」と提案したところ、快諾されてしまったという連載経緯がある[9]。突然のブームに対しては、ギャンブル依存症に限らずアルコール依存症セックス依存症の場合でも結果は同じだと言い、「人は誰しもこの3つの内の1の依存症にハマる可能性があると思ってます」「この作品は取り扱い注意啓発本として見て頂ければ幸いだと思ってます」と語っている[1]。また、主人公・進のモデルは師匠にあたるあだち勉で、パチンコも彼に引きずり回されて覚えたものであるという[8]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 「連ちゃんパパ」作者、ブームへの困惑と作品に託した思い 「取り扱い注意啓発本として...」”. J-CASTニュース. ジェイ・キャスト (2020年5月19日). 2020年5月19日閲覧。
  2. ^ a b c ありま猛『連ちゃんパパ』がなぜか突然ネットで流行 「スナック菓子感覚で摂取できる地獄」など悪夢のような感想が集まる”. ねとらぼ. ITmedia. 2020年5月14日閲覧。
  3. ^ 連ちゃんパパ”. 秋水社. 2020年5月14日閲覧。
  4. ^ a b c 【全巻無料】連ちゃんパパ”. マンガ図書館Z. 2020年5月16日閲覧。
  5. ^ a b c クズすぎるキャラが次々に登場!ありま猛先生の『連ちゃんパパ』大反響でマンガ図書館Zのサーバが落ちる”. ガジェット通信 (2020年5月13日). 2020年5月14日閲覧。
  6. ^ a b c 突如トレンド入りした漫画『連ちゃんパパ』 「闇が深すぎる」とネット騒然”. ニュースサイトしらべぇ. NEWSY (2020年5月13日). 2020年5月14日閲覧。
  7. ^ クズすぎると話題のパチンコ漫画『連ちゃんパパ』読んでみた”. NEWSポストセブン (2020年5月16日). 2020年5月16日閲覧。
  8. ^ a b ネット激震の「邪悪」な主人公はこうして生まれた 『連ちゃんパパ』作者・ありま猛インタビュー” (日本語). ねとらぼ. 2020年6月14日閲覧。
  9. ^ ネット激震の「邪悪」な主人公はこうして生まれた 『連ちゃんパパ』作者・ありま猛インタビュー” (日本語). ねとらぼ. 2020年6月14日閲覧。

注釈[編集]

  1. ^ 9話までは「KOローン」という名前だったが18話から「OKローン」に変わり、最終話まで使い続けている。「OKローン」の名前の方が長く使用されている。

外部リンク[編集]