プロゴルファー織部金次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

プロゴルファー織部金次郎』(プロゴルファーおりべきんじろう)は、武田鉄矢原作高井研一郎作画による日本の漫画。『ビッグコミックスペリオール』(小学館)で連載された。

武田が自ら主演した映画も制作され、シリーズ化された。

ストーリー[編集]

プロゴルファーの織部金次郎(通称「オリキン」)は、トーナメントでの勝利経験がなく、レッスンプロとして生活をしていた。離婚した妻との間には2人の娘がおり、娘は妻と暮らしているが、今でも金次郎と頻繁に会っている(ただし、映画版2の終盤以降、妻が再婚したため娘たちは立場上、金次郎には会うことが出来なくなり、桜子を介して金次郎への思いを伝えていくこととなる)。

オリキンは、練習場でレッスンを担当する為に、新しい町にやってくる。その町で出会った桜子をはじめ多くの人の支えで勝負に挑んでいく。

映画[編集]

出演[編集]

第1作
第2作
第3作
第4作
第5作

スタッフ[編集]

シリーズ作品[編集]

  1. プロゴルファー 織部金次郎(1993年公開) - 配給収入1.1億円[1]
  2. プロゴルファー 織部金次郎2 〜パーでいいんだ〜(1994年公開)
  3. プロゴルファー 織部金次郎3 〜飛べバーディー〜(1995年公開)
  4. プロゴルファー 織部金次郎4 〜シャンク、シャンク、シャンク〜(1997年公開)
  5. プロゴルファー 織部金次郎5 〜愛しのロストボール〜(1998年公開)

その他[編集]

  • 有名なプロゴルファーも実名で本人役として出演している。

脚注[編集]

  1. ^ 「日本映画フリーブッキング作品配給収入」、『キネマ旬報1994年平成6年)2月下旬号、キネマ旬報社1994年、 155頁。