榎本ナリコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

榎本 ナリコ(えのもと ナリコ、1967年[1]11月5日[2] - )は、日本漫画家。批評活動、同人誌活動などは野火 ノビタ(のび ノビタ)名義で行なっている。東京都出身[2]。女性[3]國學院大學文学部卒業[1][3]

1997年、『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)に掲載の「センチメントの季節」でデビュー。代表作に『センチメントの季節』など。

2004年、野火ノビタ名義の『大人は判ってくれない 野火ノビタ批評集成』(日本評論社)が第3回(2003年度)センス・オブ・ジェンダー賞 特別賞を受賞。

略歴[編集]

  • 1997年 - 『センチメントの季節』によりデビュー。
  • 2003年 - 第3回Sense of Gender賞 特別賞 受賞。(『大人は判ってくれない 野火ノビタ批評集成』)

作品リスト[編集]

榎本ナリコ名義[編集]

  • センチメントの季節(全8巻) - 1997年〜2001年、小学館(ビッグスピリッツコミックススペシャル)『ビッグコミックスピリッツ』連載、2005年、小学館文庫(全4巻)
  • ふしぎなジジ・ガール - 1999年、ホーム社 (Eyes comics) 集英社少女漫画誌『Eyes』(廃刊)連載、2010年、一迅社DNAコミックス(新装版全1巻)
  • 力の在り処(全2巻) - 2002年〜2003年、双葉社(アクションコミックス)『漫画アクション』連載、2010年、一迅社DNAコミックス(新装版全2巻)
  • スカート - 2002年、小学館(ビッグスピリッツコミックススペシャル)『ビッグコミックススピリッツ増刊』連載
  • 榎本ナリコ+野火ノビタ(全3巻) - 2002年、双葉社(アクションコミックス)(同人誌掲載の二次創作+オリジナル作品集)
    1. 二次創作作品(新世紀エヴァンゲリオン
    2. 二次創作作品(幽☆遊☆白書
    3. オリジナル作品(ボーイズラブ作品等)
  • 「ゆめみるこころ」をもういちど - 2003年、 集英社YOU』2003年No.20掲載(読み切り)
  • ホーム・ドラマ - 2003年、集英社(クイーンズコミックス)『YOU』短期連載
  • 歌集 - 2005年、小学館(ビッグコミックススペシャル)『ビッグコミックスピリッツ増刊 山田』2~5号掲載、『ビッグコミックスピリッツ増刊 漫戦』掲載
  • こころ - 2005年、小学館(ビッグスピリッツコミックススペシャル)『ビッグコミックスペリオール』連載( 夏目漱石の小説を現代に置き換えて漫画化したもの)
  • リボン RE-BORN - 2003年〜2004年、小学館(ビッグコミックス) (『ビッグコミックスピリッツ増刊 漫戦』連載、『ビッグコミックスピリッツ増刊 Casual』掲載)
  • 私の優しくない先輩 - 2005年、碧天舎、(表紙絵のみ、著:日日日
  • 風の守り歌(全2巻) 2005年〜2007年、講談社X文庫ホワイトハート、(挿絵、著:志堂日咲)
  • 寓話 アレゴリア - 2006年、双葉社(アクションコミックス)、2010年、一迅社DNAコミックス(新装版全1巻)
  • えいえんのすむところ - 2006年、集英社(クイーンズコミックス)
    • えいえんのすむところ(前編、後編)
    • 星の光はむかしのひかり(第1話、第2話、最終話)
  • 時間の歩き方 - 2007年〜2013年、朝日新聞出版(眠れぬ夜の奇妙な話コミックス)『ネムキ』連載
  • 世界制服 - 2008年〜2009年、小学館(サンデーGXコミックス)『月刊サンデージェネックス』連載
  • 聖モエスの方舟 - 2009年〜2013年、小学館(サンデーGXコミックス)『月刊サンデージェネックス』連載
  • 少女ゴーレム - 2015年、朝日新聞出版『Nemuki+』2015年9月号(「少女ゴーレムと理科室の変人たち」の下地となった読み切り)
  • 少女ゴーレムと理科室の変人たち - 2016年〜2017年、朝日新聞出版(Nemuki+コミックス)『Nemuki+』連載
  • センチメントの行方(既刊3巻) - 2017年〜、幻冬舎コミックス(バーズコミックス)『月刊バーズ』→『comicブースト(旧・デンシバーズ)』連載 (「センチメントの季節」の後継作)

野火ノビタ名義[編集]

  • 飛行少年ズ - 1995年、太田出版(二次創作(幽遊白書)パロディ集)
  • HAPPY UNDER LIFE - 1995年、ひかり出版(ブレスコミックス)
  • ハルオ サクラダファミリア - 1996年、太田出版
  • 抱きしめてくれるなら - 1997年、ビブロス (Super Be-Boy comics)
  • 帰って来たひとさらい - 1997年、ビブロス (Zero comics)
  • 君の顔に射す影 - 2005年、ビブロス (Be-Boy comics)
  • 長い間きみを見ていた - 2011年、リブレ出版(Be-Boy comics)

画集[編集]

  • 榎本ナリコ画集 センチメントの季節 - 2000年、小学館

小説[編集]

  • 蜜の眠り(明智抄他著) - 「少女と少年」榎本ナリコ 2000年、廣済堂出版(廣済堂文庫) / 2001年、光文社(光文社文庫)(内容は同一)
    • 女性作家(小説家、漫画家)10名による短編小説アンソロジー。

評論[編集]

  • 大人は判ってくれない 野火ノビタ批評集成 - 2003年、日本評論社
    • 新世紀エヴァンゲリオン、幽遊白書 etc.の漫画評論と「やおい」論。斎藤環(精神科医)との対談付

文献[編集]

  • 藤本由香里『少女まんが魂 現在を映す少女まんが完全ガイド&インタビュー集』白泉社、2000年12月、ISBN 4592731786
    • 少女マンガ評論家・藤本由香里によるインタビューを掲載

脚注[編集]

  1. ^ a b 野火ノビタ 『大人は判ってくれない 野火ノビタ批評集成』 日本評論社、2003年、ISBN 4535583676、著者紹介
  2. ^ a b - internet YOU - 榎本ナリコ”. 集英社 (2009年4月2日). 2009年6月26日閲覧。
  3. ^ a b 榎本ナリコ 『センチメントの季節 4 冬の章』 小学館〈ビッグスピリッツコミックススペシャル〉、1999年、ISBN 4091838944、あとがき

外部リンク[編集]