藤堂裕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
藤堂 裕
生誕 (1979-11-18) 1979年11月18日(42歳)
日本の旗 日本兵庫県洲本市由良
職業 漫画家
活動期間 2002年 -
ジャンル 青年漫画
代表作S -最後の警官-
受賞 第44回小学館新人コミック大賞ヤング部門佳作(『龍-RYU-』)
テンプレートを表示

藤堂 裕(とうどう ゆたか、1979年11月18日 - )は、日本漫画家兵庫県洲本市由良出身[1]血液型はA型。

略歴[編集]

人物[編集]

赤江珠緒 たまむすび』(TBSラジオ)リスナーで仕事中に聞いている。ある日、赤江珠緒が書店で藤堂の作品『信長を殺した男〜431年目の真実〜』(『別冊ヤングチャンピオン』)を偶然手に取り、作品に出会ったことでたまむすび(2021年3月2日放送分)に出演することに繋がった[3]

漫画家は色白だと思われることが多いらしく、自称地黒で「野球部なのか」、「漫画を描いてないのではないか」と言われることがある[4]。2021年3月時点で、淡路島から東京に出て20年経つ[5]

作品リスト[編集]

連載[編集]

読み切り[編集]

  • トキ(『ビッグコミックスピリッツ増刊 漫戦』2003年9月)
  • そこに後藤がいます!(『ビッグコミックスピリッツ増刊 漫戦』2003年11月) - 人気投票第1位
  • 九十九のムコウ。(『ビッグコミックスピリッツ増刊 漫戦』2004年2月) - 人気投票第2位
  • 空へ海へ(『ビッグコミックスピリッツ増刊 漫戦』2004年5月)
  • マーコ(『ビッグコミックスピリッツ増刊 Casual』2005年9月)
  • 北見坂ヨドチョウ伝説(『別冊ヤングマガジン』2006年7月)
  • NO MEN NO CRY(『近代麻雀』2006年8月)
  • 北見坂ヨドチョウ伝説(『別冊ヤングマガジン』2006年11月)
  • NO MEN NO CRY(『近代麻雀オリジナル』2007年2月、『近代麻雀』2008年5月)
  • タイトル不明[注釈 1](『サムケ』創刊号[11]、2010年5月)
  • おみよは見た(原作:池波正太郎、『コミック乱ツインズ』2016年1月号[12]) - 「池波正太郎 時代劇スペシャル」企画の一作[12]
  • 群青たちのパドル(『ビッグコミックスピリッツ』2021年27号)

寄稿・対談[編集]

  • 私が描くデューク東郷(『ビッグコミック』2013年22号[13]、『ゴルゴ13』45周年企画) - イラスト[13]
  • 千葉ロッテマリーンズ 挑発ポスター(2017年5月30日[14]) - ベイスターズを担当[14]
  • 麒麟川島明との対談(『別冊ヤングチャンピオン』2021年3月号[15]) - 『信長を殺した男〜日輪のデマルカシオン〜』第1巻再録[15]

活動[編集]

参加[編集]

  • 日本酒ものがたり(2017年) - 日本酒のキャラクター化プロジェクト[16]

ラジオ出演 [編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ タイトル名ではなく、言葉通りの意味。

出典[編集]

  1. ^ a b “藤堂裕「由良COLORS」完全版完結、出身地の兵庫・洲本で原画展も開催中”. コミックナタリー (ナターシャ). (2019年11月26日). https://natalie.mu/comic/news/357106 2021年6月7日閲覧。 
  2. ^ 作者紹介 | Sエス最後の警官
  3. ^ |date=2021年3月2日
  4. ^ [赤江珠緒 たまむすび(2021年3月2日)放送時間14:00:46〜]
  5. ^ [赤江珠緒 たまむすび(2021年3月2日)放送時間14:01:13〜]
  6. ^ “「海猿」小森、「天狼」藤堂タッグがビッコミで新連載”. コミックナタリー (ナターシャ). (2009年8月10日). https://natalie.mu/comic/news/19698 2021年6月7日閲覧。 
  7. ^ “明智光秀の子孫が「本能寺の変」の真実に挑むコミカライズ、別冊YCで新連載”. コミックナタリー (ナターシャ). (2016年8月2日). https://natalie.mu/comic/news/196717 2021年6月7日閲覧。 
  8. ^ “本能寺の変の真実に迫る「信長を殺した男」完結、朗読劇プロジェクトも始動”. コミックナタリー (ナターシャ). (2020年7月7日). https://natalie.mu/comic/news/386665 2021年6月7日閲覧。 
  9. ^ “「信長を殺した男」豊臣秀吉を描く新章開幕、藤堂裕×麒麟・川島対談も”. コミックナタリー (ナターシャ). (2021年2月2日). https://natalie.mu/comic/news/414742 2021年6月7日閲覧。 
  10. ^ “秋本治が田舎の村を舞台に描く“ベンチャー創生物語”、読切でグラジャンに”. コミックナタリー (ナターシャ). (2022年5月2日). https://natalie.mu/comic/news/476222 2022年5月2日閲覧。 
  11. ^ “新ホラー雑誌「サムケ」に高橋葉介、押切蓮介、玉越博幸ら”. コミックナタリー (ナターシャ). (2010年5月10日). https://natalie.mu/comic/news/31613 2021年6月7日閲覧。 
  12. ^ a b “藤堂裕が池波正太郎の短編をマンガに、殺し屋の男を描く「おみよは見た」”. コミックナタリー (ナターシャ). (2015年12月13日). https://natalie.mu/comic/news/169094 2021年6月7日閲覧。 
  13. ^ a b “「ゴルゴ13」45周年!尾田、浦沢、板垣、留美子ら寄稿”. コミックナタリー (ナターシャ). (2013年11月9日). https://natalie.mu/comic/news/103197 2021年6月7日閲覧。 
  14. ^ a b “ロッテ恒例の“挑発”ポスター、今年はマンガ!大橋裕之らが描き下ろし”. コミックナタリー (ナターシャ). (2017年5月30日). https://natalie.mu/comic/news/234753 2021年6月7日閲覧。 
  15. ^ a b “豊臣秀吉の光と闇を描く「信長を殺した男」1巻、藤堂裕と麒麟・川島の対談も収録”. コミックナタリー (ナターシャ). (2021年10月20日). https://natalie.mu/comic/news/450109 2021年10月20日閲覧。 
  16. ^ “赤塚不二夫らとコラボしたワンカップ大関、日本酒マニアック博で限定販売”. コミックナタリー (ナターシャ). (2017年2月2日). https://natalie.mu/comic/news/219305 2021年6月7日閲覧。 


外部リンク[編集]