田澤拓也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

田澤 拓也(たざわ たくや、1952年3月1日[1] - )は、日本ノンフィクション作家

青森県東津軽郡外ヶ浜町出身[1]青森県立青森高等学校早稲田大学法学部卒業。出版社勤務を経て作家に転身する。ノンフィクションが中心だが、小説タッチアップ』は盛田賢司作画によりビッグコミックスペリオールで漫画化されている。

受賞歴[編集]

著書[編集]

  • 住友銀行人事第2部―旧平和相互銀行員25人の証言と軌跡』(アイペックプレス、1991年)
  • 『『日経新聞』徹底活用法―この読み方でこれだけ差がつく ビジネスでより一歩先を行く』(ベストブック、1993年)
  • 『「延長十八回」終わらず―伝説の決勝戦「三沢VS松山商」ナインたちの二十五年』(文藝春秋、1994年)のち文春文庫、2004年
  • 『虚人 寺山修司伝』(文藝春秋、1996年)のち文春文庫、2005年
  • ムスリム・ニッポン』(小学館、1998年)
  • 『空と山のあいだ―岩木山遭難・大館鳳鳴高生の五日間』(阪急コミュニケーションズ、1999年)のち角川文庫、2003年
  • 『脱サラ帰農者たち―わが田園オデッセイ』(文藝春秋、2001年)
  • 『百名山の人―深田久弥伝』(阪急コミュニケーションズ、2002年)
  • 『無用の達人―歌人山崎方代伝』(角川書店、2003年)のち「無用の達人 山崎方代」角川ソフィア文庫、2009年
  • 『サラリーマン、やめました―脱サラ戦士たちの「それから」』(小学館、2004年)
  • 『公益を実践した実業界の巨人 渋沢栄一を歩く』(小学館、2006年)
  • 『タッチアップ』(エクスナレッジ、2008年)
  • 『外ケ浜の男』(角川学芸出版、2010年)
  • 太宰治の作り方』(角川選書、2011年)
  • 『江戸の名所』(小学館101新書、2011年)
  • 『大江戸快人怪人録: 人物でたどる痛快江戸時代史』小学館101新書、2012

脚注[編集]

  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.456