くどき屋ジョー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

くどき屋ジョー』(くどきやジョー)は、ジョージ秋山による日本漫画作品。

概要[編集]

1986年から1987年まで『ビッグコミックスペリオール』(小学館)にて連載された。単行本は全4巻。

主な登場人物[編集]

城竜介(通称:ジョー)
元は将来を約束されたエリートサラリーマンであったが、サラリーマンとしての生活に嫌気がさし、妻に離婚届けと財産の全てを渡し家出し、ルンペン生活を送っている(ただし、ホームレスとは違い普通にアパートで暮らしている)。
普段は無精髭でボサボサの髪に、よれよれの服装の冴えない男として過ごしているが、依頼があれは「口説き屋」として、別人のような二枚目のダンディな男に変身し、口説きのテクニックで女性を口説き夢中にさせ、依頼を解決していく。
の使い手でもあり、喧嘩も強い。
毒薬仁
ヤクザ。訛りがあり、自分の事を「オリ(俺)」と言っている。時折哲学者のような物言いをする。
ジョーに対してライバル意識を持っているが、いつも酷い目に遭わされている。ルンペン姿のジョーとも面識はあるが、口説き屋のジョーと同一人物であることは知らない。ジョージ秋山作品では数多く登場しているキャラクターである。
ジョーの妻
サラリーマンの生活が嫌になったジョーから離婚届けと財産の全てを渡されるが、ジョーがルンペンになった理由が理解できない。離婚する気は全くないため、度々ジョーの前に現れジョーを元のサラリーマンに戻そうとしている。


刊行情報[編集]

テレビドラマ[編集]

1989年6月6日テレビ朝日火曜スーパーワイド」枠にて放送。

キャスト[編集]


オリジナルビデオ[編集]

1994年東映ビデオ製作。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]