市川拓司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
市川 拓司
(いちかわ たくじ)
誕生 (1962-10-07) 1962年10月7日(55歳)
東京都
職業 小説家
国籍 日本の旗 日本
活動期間 2002年 -
主題 小説
代表作 いま、会いにゆきます
テンプレートを表示

市川 拓司(いちかわ たくじ、1962年10月7日 - )は、日本小説家

経歴[編集]

東京都出身で小学校まで府中市で過ごし、中学生のときに埼玉県へ移住、以降県内で暮らす。埼玉県立与野高等学校獨協大学経済学部経済学科卒業。出版社に就職するが3ヶ月で退職(本人いわく、ぶち壊し)、バイクで日本一周の旅に出る。2年間フリーターをした後、少人数で働く税理士事務所に14年に渡って勤める。その頃から妻のためにと小説を書き始め、1997年からはインターネット上で多数の作品を発表していた。ミステリー作家としてのデビューを目指していたこともあり、サントリーミステリー大賞鮎川哲也賞創元推理短編賞に応募した経験がある。 (小説を書き始めたことについては、後に振り返って、もっと深い無意識の動機があったかもしれないと述べている[1]。)

ネット小説が注目され、2002年に『Separation』でデビュー、同作品は『14ヶ月~妻が子供に還っていく~』としてテレビドラマ化される。2003年発売の『いま、会いにゆきます』は、ベストセラー小説「世界の中心で、愛をさけぶ」に折り込みチラシとして挿入され、これをきっかけに大ヒットとなる。この小説の映画化が注目を浴び、一躍恋愛小説の旗手となった。

ジョン・アーヴィングイアン・マキューアンなどの影響がある。作品は概ね「愛」がベースとなっているが、同時に「死」がもう一つのテーマになっている。作風はホラーであったり、サスペンス色があったりもするが、SFファンタジー的要素を含ませた作りを最も好むようである。

本人は学生時代に長く陸上部に所属し、妻は器械体操をして、その後はエアロビックダンスのインストラクターとなったことから、作品の主人公カップルはこの組み合わせがしばしば使われる。

自身が発達障害自閉症スペクトラム)であることを公表していて、当事者としてメディアに出演している[2][3]

作品[編集]

  • 『Separation』(2002年 アルファポリス)のち分冊文庫化
    単行本『Separation』(『Voice』同時収録)は市川たくじのペンネームで発行されている。
    • 『Separation―きみが還る場所』(2006年10月 アルファポリス文庫)
  • 『Voice』(2006年10月 アルファポリス文庫)
  • いま、会いにゆきます』(2003年2月27日 小学館)のち文庫
    • 同名にて映画化、TBS系で同名ドラマ化、小学館で同名漫画化。
  • 恋愛寫眞 もうひとつの物語』(2003年5月 小学館)のち文庫
  • そのときは彼によろしく』(2004年3月 小学館)のち文庫
    • 同名にて映画化、漫画化
  • 『おぼえていてね アーカイブ星ものがたり』(絵本、こじまさとみ画)(2004年10月18日 小学館)
    • 映画「いま、会いにゆきます」から派生した絵本。
  • 『弘海-息子が海に還る朝』(2005年 朝日新聞社)のち文庫 
  • 『世界中が雨だったら』(2005年6月 新潮社)のち文庫
    • 初期に書かれた短編3本。
  • 『きみはぼくの』(エッセイ)(2006年10月 アルファポリス)のち文庫
  • 『ぼくの手はきみのために』(2007年2月 角川書店)のち文庫
  • 『吸涙鬼 Lovers of Tears』(2010年7月 講談社)のち文庫
  • 『ぼくらは夜にしか会わなかった』(2011年10月 祥伝社)のち文庫
  • 『ねえ、委員長』(2012年3月 幻冬社)のち文庫
  • 『こんなにも優しい、世界の終わりかた』(2013年8月 小学館)のち文庫
  • 『壊れた自転車でぼくはゆく』(2015年1月 朝日新聞出版)
  • 『MM』(2017年7月 小学館)

共著・アンソロジー[編集]

  • 『I LOVE YOU』(2005年7月 祥伝社)のち文庫 「卒業写真」
  • 『忘れない。贈りものをめぐる十の話』(2007年12月 メディアファクトリー)「ワスレナグサ」
  • 『本からはじまる物語』(2007年12月 メディアパル)「さよならのかわりに」
    • 「本」「本屋」を舞台に描いた掌編小説集
  • 『こどものころにみた夢』(2008年6月 講談社)「ふたり流れる」
  • 『“ツウ”が語る映画この一本』(2011年9月 近代映画社)

その他[編集]

  • 『ぼくが発達障害だからできたこと』(2016年6月 朝日新聞出版)

脚注[編集]

  1. ^ 『ぼくが発達障害だからできたこと』朝日新聞出版 2016年、59頁
  2. ^ 「ちゃんと知りたい 大人の発達障害がわかる本」(洋泉社) 巻頭 ≪「発達障害と生きる」ためのぼくの方法  市川拓司(小説家)≫
  3. ^ NHK「福祉ネットワーク」2011年11月24日 Diversity 発達障害(2)-私の“取扱説明書”-

関連項目[編集]

外部リンク[編集]