柳本光晴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
柳本光晴
生誕 ????????
日本の旗 日本徳島県徳島市
国籍 日本の旗 日本
活動期間 2013年 -
ジャンル 少年漫画
代表作
受賞
テンプレートを表示

柳本 光晴(やなもと みつはる)は、日本漫画家徳島県徳島市出身[1]。本名同じ。

略歴[編集]

大学合格とともに上京し、漫画研究会で初めて同人誌を作成する。それから同人サークル「TTT」を主宰し約10年活動を続けた後に商業誌デビューを果たす。2014年からは初の長編となる『響 〜小説家になる方法〜』の連載を『ビッグコミックスペリオール』にて開始。同作はマンガ大賞2017大賞を受賞したほか[2]平手友梨奈主演で2018年に実写映画化されるなどヒット作となる。同作終了後は『週刊少年サンデー』にて『龍と苺』の連載を開始する[3]

作品リスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 人気漫画「響~小説家になる方法~」完結 「彼女の人生はまだまだ続いていく」 柳本光晴さん(徳島市出身)”続編”に意欲|徳島の話題,文化・芸能|徳島ニュース|徳島新聞” (日本語). 徳島新聞Web. 2020年8月1日閲覧。
  2. ^ Inc, Natasha. “マンガ大賞2017、柳本光晴「響 ~小説家になる方法~」に決定” (日本語). コミックナタリー. 2020年8月1日閲覧。
  3. ^ 『響~小説家になる方法~』の柳本光晴が「将棋界に挑む中学生女子」を描く!『龍と苺』週刊少年サンデーで連載開始” (日本語). ほんのひきだし (2020年5月20日). 2020年8月1日閲覧。

外部リンク[編集]