月刊アクション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
月刊アクション
MONTHLY ACTION
ジャンル 漫画雑誌
刊行頻度 月刊(毎月25日)
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
定価 630円(税込)
出版社 双葉社
編集部名 漫画アクション編集部
発行人 赤坂了生
編集長 野中郷壱
雑誌名コード 145
刊行期間 2013年5月25日(2013年7月号) -
ウェブサイト 月刊アクション

月刊アクション』(げっかんアクション、MONTHLY ACTION)は、双葉社が発行する月刊漫画雑誌。2013年5月25日創刊。毎月25日発売[1]

概要[編集]

2013年の創刊。創刊日の5月25日は、双葉社の創立記念日に当たる[2]。刊行表記月は発売月の翌々月[1]で、創刊号は7月号。

2012年、双葉社は『漫画アクション』、『コミックハイ!』、『まんがタウン』の3編集部を統合し、漫画アクション編集部とした[3]。本誌はその3誌の編集者が総出で参加し、編集長により雑誌のカラーや慣習(ジャンル、ターゲットなど)に捉われない「自由なマンガづくり」がモットーとして掲げられた[3]。これにより雑誌のカラーを持たない、バラエティに富んだ作品がラインナップされることとなった[3]

創刊号には「特別付録」として森薫描き下ろしのオリジナルキャラクターによるB2判ポスターが封入された[1]。また、「特別企画」として『新クレヨンしんちゃんアクション仮面スタート記念特別編(臼井儀人&UYスタジオ)が掲載された[4]

また、ニコニコ静画とのコラボレーションによるページ「月刊のアクション」では、本誌掲載作品の再掲載[5]のほか、一部の本誌掲載作品の新作が掲載される[5]

本誌の創刊に当たり、アクション仮面の実写版CM映像が作成された[3]。このアクション仮面はプロモーションのために、書店や漫画イベントなどに出現することがある[6]

年表[編集]

歴代編集長[編集]

  • 野中郷壱:2013年5月(2013年7月号(創刊号))- 現職。

連載作品[編集]

※ 2013年12月25日(2014年2月号)時点[7]。掲載開始号/作者名五十音順。

作品名 著者 掲載開始号 掲載終了号 備考
エジプトの三角 青色イリコ 2013年7月号[4]
ガール メイ キル 板倉梓 2013年7月号[4]
マーダー・インカーネイション 稲光伸二、原作:菅原啓太 2013年7月号[4]
りきじょ 歌麿 2013年7月号[4]
アクレキ えのきづ 2013年7月号[4]
乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ 大西巷一 2013年7月号[4]
ふうちゃんとおじいちゃん オザキミカ 2013年7月号[4]
恋愛3次元デビュー カザマアヤミ 2013年7月号[4]
友情課金カルマンゲイン カズミヤアキラ 2013年7月号[4]
甘露に肩思い 黄島点心 2013年7月号[4]
地方公務員☆役司夏美 岸和田薫 2013年7月号[4] 不定期連載[8]。第1回のみ「岸和田薫+若里実」名義[4]
さよならハルメギド きづきあきら+サトウナンキ 2013年7月号[4] 2014年2月号より隔月連載[7]
小林さんちのメイドラゴン クール教信者 2013年7月号[4] テレビアニメ放送予定[9]
ばけもの町のヒトビト くまのとおる 2013年7月号[4]
ちちゃこい日記 サワミソノ 2013年7月号[4]
大科学少女 渋谷圭一郎 2013年7月号[4]
中学性日記 シモダアサミ 2013年7月号[4] 「月刊のアクション」に本誌未掲載の新作を掲載[5]
生まれる価値のなかった自分がアンナのためにできるいくつかのこと 永瀬ようすけ 2013年7月号[4]
アクション仮面 西脇だっと、キャラクター原作:臼井儀人 2013年7月号[4] 2015年7月号
つぐもも 浜田よしかづ 2013年7月号[4] WEBコミックハイ!』より移籍。本誌掲載第1回目は「特別編」。2017年テレビアニメ化予定[10]
月が爆発したので まことじ 2013年7月号[4] 「月刊のアクション」に本誌未掲載の新作を掲載[5]
カリュクス 岬下部せすな 2013年7月号[4] 2015年3月号
女の子が死ぬ話 柳本光晴 2013年7月号[4] 2014年2月号[7]
王様ゲーム 起源 山田J太、原作:金沢伸明 2013年7月号[4]
受付の白雪さん 吉沢緑時 2013年7月号[4] 「月刊のアクション」に本誌未掲載の新作を掲載[5]
瑠璃宮夢幻古物店 逢坂八代(旧ペンネーム:砂原真琴[11][12] 2013年8月号[13]
不安ガール 菊地奈緒美 2013年8月号[13] 「月刊のアクション」に本誌未掲載の新作を掲載[5]
デスちち コンノトヒロ 2013年8月号[13]
ツク×カノ〜尽くし彼女〜 椎名聰 2013年8月号[13] シリーズ連載[14]
強豪野球部新入部員のありがちな日常 スズキイッセイ 2013年8月号[13]
和太鼓†ガールズ すたひろ 2013年9月号[15]
わが闘争 妹のためなら世界を粛清してもいいよね! 堀博昭 2013年10月号[16]
ReCollection 高野苺 2013年12月号[17] 『orange』とは交互の掲載となる(不定期連載[7])。
蒼眼赤髪 〜ローマから来た戦国武将〜 太田ぐいや+幸田廣信 2014年1月号[18]
ラフナス 白井弓子 2014年2月号[7]
魔法精錬 〜ガルナルージュと雛菊亭のエルッカ〜 鈴木イゾ 2014年2月号[7]
orange 高野苺 2014年2月号[7]

別冊マーガレット』より移籍[19]。本誌掲載第1回目は『別冊マーガレット』2012年12月号掲載の第9話の再掲載で、新作となる第10話は2014年4月号に掲載された。また『ReCollection』とは交互の掲載となる。『月刊アクション』では初のアニメ化。

主催賞[編集]

双葉社カミカゼ賞[編集]

2013年5月、本誌の創刊と同時に創設された新人賞[20]である。ただし本誌単独の主催ではなく「漫画アクション編集部」としての開催で[20]、「雑誌横断的」な新人賞となっている[20]

概要[編集]

ジャンル - ストーリー、ショート、4コマなど、ジャンルは問わず募集する[20]
審査員 - 本誌編集部員とゲスト審査員[20]。第1回のゲスト審査員として福満しげゆきが参加した[20]
掲載 - 佳作以上の受賞作品は本誌および『漫画アクション』、『まんがタウン』、『コミックハイ!』、『WEBコミックアクション』の各誌いづれかへの掲載が約束される[20]

主な賞[編集]

大賞 - 賞金100万円[20]
入選 - 賞金30万円[20]
佳作 - 賞金10万円[20]

全てに副賞としてCLIP STUDIO PAINT EXCELSYS)が贈られる[20]

受賞者一覧[編集]

双葉社カミカゼ賞
締切 ゲスト審査員 大賞 入選 佳作 選外奨励賞 発表号
1 2013年9月30日 福満しげゆき 該当作なし 該当作なし
  • DS「私たちの最適解」
  • 真昼てく「雪に陽だまり」
  • 永田一由「ピンチヒッター」
  • ヤマモト岳輝「フルトフル」
  • 2014年1月号(2013年11月25日発売)[21]
2 2014年3月31日[21] 押見修造[21]

レーベル[編集]

本誌掲載作品は月刊アクションコミックスに収録される[22]。同レーベルは「ACTION COMICS」のサブレーベルであり、表紙や扉、奥付には「ACTION COMICS」の記載のみである[23][24]が、カバー及び本体の背表紙には「GEKKANN ACTION」と記載されたロゴマークが入り[23][24]、帯などにも「月刊アクションコミックス」の記載が入る[25][26]
2014年1月10日に創刊され[22]、新刊は毎月10日頃(曜日により変更される)に発売となる。
第1回刊行分は『アクション仮面』『王様ゲーム 起源』『カリュクス』『乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ』『ガール メイ キル』の5冊であった[22][25][26](ISBN順)。また、同内容の電子書籍版の無料購読の権利が付いている(期間限定、専用アプリ要)[25][26]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『月刊アクション』2013年7月号表紙より。
  2. ^ “月刊アクション創刊へ、リアル版アクション仮面など軸に”. コミックナタリー (株式会社ナターシャ). (2013年4月10日). http://natalie.mu/comic/news/88423 2013年6月30日閲覧。 
  3. ^ a b c d コミックナタリー2013年5月特集記事より。 Power Push 月刊アクション特集、全ラインナップ紹介&女子編集者が女子目線でイチオシ紹介
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa 『月刊アクション』2013年7月号(創刊号)「CONTENTS」(802ページ)より。
  5. ^ a b c d e f 『月刊アクション』2014年2月号「ニコニコ静画「月刊のアクション」のお知らせ」(752ページ)より。
  6. ^ Webアクション特集記事より。リアル版「アクション仮面」スペシャル動画
  7. ^ a b c d e f g 『月刊アクション』2014年2月号「CONTENTS」(762ページ)より。
  8. ^ 『月刊アクション』2013年11月号「CONTENTS」(746ページ)より。
  9. ^ クール教信者「小林さんちのメイドラゴン」アニメ化!OLと人外のコメディ”. コミックナタリー. ナターシャ (2016年4月25日). 2016年4月25日閲覧。
  10. ^ 浜田よしかづ「つぐもも」アニメ化!お色気交えながら描くバトルアクション”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年9月12日). 2016年9月12日閲覧。
  11. ^ 月刊アクション編集部ブログ2013年5月14日記事より。その店での買い物には気をつけて…。「瑠璃宮夢幻古物店」
  12. ^ 『月刊アクション』2013年8月号『瑠璃宮夢幻古物店』(180ページ)より。
  13. ^ a b c d e 『月刊アクション』2013年8月号「CONTENTS」(802ページ)より。
  14. ^ 『月刊アクション』2013年8月号『ツク×カノ〜尽くし彼女〜』扉(559ページ)より。
  15. ^ 『月刊アクション』2013年9月号「CONTENTS」(798ページ)より。
  16. ^ 『月刊アクション』2013年10月号「CONTENTS」(762ページ)より。
  17. ^ 『月刊アクション』2013年12月号「CONTENTS」(794ページ)より。
  18. ^ 『月刊アクション』2014年1月号「CONTENTS」(792ページ)より。
  19. ^ 『月刊アクション』2014年2月号『orange』扉(40ページ)より。
  20. ^ a b c d e f g h i j k 『月刊アクション』2013年7月号「新人賞募集のお知らせ」(794-795ページ)より。
  21. ^ a b c 『月刊アクション』2014年1月号「新人賞結果発表と第2回募集のお知らせ」(782-783ページ)より。
  22. ^ a b c 『月刊アクション』2014年2月号表紙より。
  23. ^ a b 単行本『アクション仮面』表紙/扉/奥付より。
  24. ^ a b 単行本『カリュクス』表紙/扉/奥付より。
  25. ^ a b c 単行本『アクション仮面』帯より。
  26. ^ a b c 単行本『カリュクス』帯より。

外部リンク[編集]