松浦だるま

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
松浦 だるま
生誕 1984年
職業 漫画家
活動期間 2009年 -
ジャンル 青年漫画
代表作累 -かさね-
受賞 第12回イブニング新人賞 優秀賞
第19回イブニング新人賞 優秀賞
テンプレートを表示

松浦 だるま(まつうら だるま、1984年[1] - )は、日本漫画家神奈川県横浜市在住[2]。2009年と2012年の「イブニング新人賞」でそれぞれ優秀賞を受賞し、2013年に『累 -かさね-』で連載デビュー。2014年には同名のペンネームで小説家としてもデビューした[3]

来歴[編集]

1984年に出生[1]。漫画好きの親の影響で幼少期から漫画作品に触れて育ち[4]、小学生の頃には漠然とした夢として「漫画家」になることを望むようになる[5]。その後も漫画家になるという夢は抱きつつも、ほかの選択肢も広げるためとして美術系の大学への進学を決意[6]。数年の浪人生活を経て入学し[6]、油絵を専攻する[7]

大学を中退後、漫画作品の投稿を開始[8]2009年に『イブニング』(講談社)主催の「第12回イブニング新人賞」において、初投稿作『チョコレートミントの初恋』で「ゆうきまさみ大賞 優秀賞」を受賞[2][9]。2012年にも同誌主催の「第19回イブニング新人賞」において、投稿二作目の『雪女と幽霊』で「宇仁田ゆみ大賞 優秀賞」を受賞[2][9]。その後、青木幸子国広あづさらのアシスタント経験を経て[6]、2013年に『イブニング』掲載の『累 -かさね-』で連載デビュー[7]。同作は実写映画化もされることとなった[10]。また、2014年には『累 -かさね-』の前日譚となるスピンアウト小説の執筆も担当し、小説家としてもデビューした[3]

人物[編集]

  • ペンネームの「松浦だるま」は、小学生のときに考案したもの[11]。語感のみで決めており、「だるま(達磨)」に特別な意図があったという訳ではないということと、「松浦」は本名であるということを述べている[11]
  • 父の影響で手塚治虫水木しげるの作品に触れ[4]、影響を受けた漫画家としてこの2人を挙げている[2]。このほかに好きな作品として『あしたのジョー』や『巨人の星』などを挙げ[2][4]、「自分が生まれる以前のマンガが大好き」だと語っている[2]。また、絵のルーツとしては『きんぎょ注意報!』を挙げている[2]

作品リスト[編集]

連載漫画[編集]

  • 累 -かさね-』(講談社『イブニング』2013年10号 - 2018年17号)全14巻
  • 『今/渦子 往く琥珀色のはて』(講談社『イブニング』2019年2号 - 2019年5号) - 全4話構成の短期連載

読み切り漫画[編集]

小説[編集]

その他[編集]

関連人物[編集]

青木幸子
漫画家。デビューまでの期間にアシスタントを務めた[6]
国広あづさ
同上[6]
小林銅蟲
漫画家。『累 -かさね-』にアシスタントとして参加している[15]
霧隠サブロー
同上[16]

脚注[編集]

  1. ^ a b 本日発売のイブニング21号に掲載された【ゆうきまさみ×松浦だるまスペシャル対談】の〔完全版〕を公開!”. イブニング公式サイト (2014年10月14日). 2018年4月29日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 田中圭一 (2015年11月27日). “田中圭一×『累』松浦だるま先生インタビュー”. BookLive. 2016年8月6日閲覧。
  3. ^ a b 「累」番外編で松浦だるまが小説家デビュー”. コミックナタリー (2014年10月23日). 2018年5月19日閲覧。
  4. ^ a b c 虫ん坊 2017年11月号 特集1:手塚治虫生誕90周年記念企画 スペシャルインタビュー第1回 松浦だるまさん”. 手塚治虫公式サイトTezukaOsamu.net. 2018年5月19日閲覧。
  5. ^ 勝手に読書伝説Vol.21 松浦だるまインタビュー&『累―かさね―』ガイド 03”. ひかりTVブック (2015年2月2日). 2018年5月19日閲覧。
  6. ^ a b c d e 「壊された絵」から『累』は始まった。松浦だるまインタビュー(1) - コミックDAYS-編集部ブログ-”. コミックDAYS (2018年2月5日). 2018年5月19日閲覧。
  7. ^ a b 人の運命をも変える“美醜” その本質を描く『累』はこうして生まれた〈松浦だるまインタビュー前編〉”. ほんのひきだし (2017年8月28日). 2018年5月19日閲覧。
  8. ^ 【第35回イブニング新人賞応募受け付け中】『累 ?かさね?』松浦だるま氏スペシャルインタビュー・前編をお届けします!”. イブニング公式サイト (2017年2月28日). 2018年5月19日閲覧。
  9. ^ a b 勝手に読書伝説Vol.21 松浦だるまインタビュー&『累―かさね―』ガイド”. ひかりTVブック (2015年2月2日). 2018年5月19日閲覧。
  10. ^ 「累」2018年に実写映画化!口紅の力で演劇界をのし上がる物語”. コミックナタリー (2017年6月23日). 2018年5月19日閲覧。
  11. ^ a b 松浦だるま 特集 松浦だるま先生 インタビュー”. まんが王. 2018年5月19日閲覧。
  12. ^ 月スピで松浦だるまが「鉄腕バーディー」描く、次号ゆうきまさみ×三谷幸喜対談”. コミックナタリー (2015年12月26日). 2018年5月19日閲覧。
  13. ^ 松浦だるま「累」13巻特装版、母と娘を描く書き下ろし短編小説「漣の糸」付属”. コミックナタリー (2018年3月13日). 2018年5月20日閲覧。
  14. ^ 「幽霊画」全力特集! 夏に読みたい怪談専門誌『幽』最新号&幽霊画展開催情報”. ダ・ヴィンチニュース (2015年7月2日). 2018年5月19日閲覧。
  15. ^ 漫画『めしにしましょう』小林銅蟲先生に「超級カツ丼」をごちそうになってきた【やりすぎ飯】”. メシ通 ホットペッパーグルメ. リクルート (2017年3月8日). 2018年4月29日閲覧。
  16. ^ 読者と作者は本質的にすれちがうもの。松浦だるまインタビュー(3) - コミックDAYS-編集部ブログ-”. コミックDAYS (2018年2月8日). 2018年5月19日閲覧。

外部リンク[編集]