坂井永年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

坂井 永年(さかい ながとし、1964年7月31日- )は、日本のイラストレーター静岡市葵区出身。

略歴[編集]

[1] 1歳半の頃より絵を描き始め、3歳の頃より野菜を擬人化したキャラクターを自作し始める。

小学1年より(高校まで)油絵を始め、二科展、ユネスコなど数々のコンクールのジュニア部門で入賞を果たす。

高校時代に落語家林家木久扇(当時・林家木久蔵)と知り合い、高校卒業後に同氏の紹介でプロデビュー。

1986年、小学館の有名人気漫画雑誌ビッグコミックシリーズの新雑誌ビッグコミック・スペリオールの表紙イラストを22歳で大抜擢される。

1989年、制作した静岡市制100周年イベントSump博のマスコットキャラクター「スンピー」が好評を得て、イベントの成功もあり静岡市長より感謝状を授与される。

キャラクターデザインの他に、多くの著名人の似顔絵など幅広く手掛ける。

現在得意としている似顔絵は、小学6年生の時にそれまで苦手だったものを王貞治選手の絵を描きたい思いから描くようになる。[2]

エアブラシによる立体感を思わせるイラストは、各界から支持を受けている。

20歳の頃に「漫画の神様」手塚治虫に絵を見てもらう機会があり、その中の和風の絵を見た手塚から「このような(和風の)絵が描けたら世界で通用するよ!」と言われる。

本人はこの言葉を元に浮世絵など日本的な絵と現在描いているイラストとの融合したスタイルの完成を目標としている。

自身のアイディアとアドバイスにより新日本プロレスで販売された選手商品のTシャツが大好評を得たことから闘魂ショップがオープンされ、のちのプロレスTシャツブーム、格闘技Tシャツブームに繋がっていく。

現役レスラーにも坂井が描くプロレスイラストのファンが多い。

現在はCGの普及でエアブラシ技法で描く作家が世界的にも少なくなっていることから、本人は「生きる化石」や「絶滅危惧種」と述べている。

先祖は江戸時代の旗本、坂井成政

主な作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 静岡駅パルシェ内ギャラリーで『坂井永年 エアブラシ・アート展』が開催された際に公開されたプロフィールより要約引用。
  2. ^ 2009年10月11日にSBSラジオで放送された「原口あきまさ&坂井永年ベースボールトークショー」で本人が語った。