ホークファミリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ホークファミリー
福岡ソフトバンクホークス マスコット
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 ホークスタウン
選手情報
ポジション マスコット
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ホークファミリーは、日本プロ野球福岡ソフトバンクホークスの球団マスコット群の総称。をモチーフとした一家で、ホークスタウンの住人という設定。球団マスコットは現キャラクターのみでも総勢8人と12球団最多である。

歴史[編集]

南海ホークスが福岡に移転し「福岡ダイエーホークス」となった際にデザインされたホーマーホークほか4名が原型。ロサンゼルスオリンピック(1984年)のマスコット・イーグルサムのデザイナーとして知られるC・ロバート・ムーアが製作し、ホーマーは当時の球団旗ペットマークの中央にもあしらわれた。

1992年にホークスが本拠地を平和台球場から福岡ドームへ移転するにあたりキャラクターのリニューアルが行われ、坂井永年らの手によってハリーホーク以下の現キャラクターがデザインされた。球団旗のデザインは変更しないという条件がついていたためハリーはホーマーとほぼ変わらない顔立ちとなっているが、顔の縦方向の長さが短くなり、体型は全体的によりすっきりとしたデザインになっている。キャラクター設定ではハリーをホーマーの弟とすることで、連続した世界観となった。

ホークファミリーは当時の親会社ダイエーの広告にも起用され、特売日「一の市」のテレビCMなどに出演していた。ホークスの親会社が、ダイエーからソフトバンクとなり「福岡ソフトバンクホークス」となった際には、イメージカラーにあわせ各キャラクターのオレンジ色部分を新しいチームカラーの黄色に変更するなどのマイナーチェンジが行われた。球団旗からはキャラクターが消えたが、旧球団旗にあしらわれていたホーマーのイラストは黄色にリニューアルされ、現在もペットマークなど各所に使われている。

キャラクター一覧[編集]

現キャラクター[編集]

ハリーホーク (Harry Hawk)
4月10日生まれの23歳。身長180cm、体重80kg。
プロ野球選手(背番号100)。一族の始祖・ホーク1世から数えて7代目で、先代マスコットであるホーマーホークの末弟。ホームユニフォームを着用している。2006年は「倍返し。」のキャッチフレーズの下、千葉ロッテマリーンズ戦限定で、パワーアップしたスーパーハリーとなっていた(別記)。
ハニーホーク (Honey Hawk)
7月7日生まれの18歳。身長157cm、体重45kg。
ダンシングチーム「ハニーズ」のチアリーダー。ダイエー時代はハリーの一ファンであったが、ソフトバンク時代にはガールフレンドとなった。
ハーキュリーホーク (Herculy Hawk)
8月1日生まれの23歳。身長195cm、体重97kg。
プロ野球選手(背番号200)。ハリーのライバル。ビジターユニフォームを着用している。九州朝日放送で放送されているアサデス。にてホークファミリーが紹介された際、ハリーホークの様にバク転ができない、ホワイトボードに文字を書こうとしたが、ペンのインクが無くなり文字が書けなくなった。そんなハーキュリーの姿を見て以来、番組ではハーキュリーを応援しており、ハーキュリーにスポットを当てた企画も放送された。
ホンキーホーク (Honky Hawk)
9月15日生まれの57歳。身長155cm、体重65kg。
ハリーの叔父。ホークスタウン市長。
ヘレンホーク (Helen Hawk)
9月15日生まれの55歳。身長165cm、体重48kg。
ホンキーの妻で、ハリーの叔母。
ハック、リック、ホック
ハリーの甥っ子三兄弟で、後述のヘーゼル、ハーウィーとはいとこ。ただし両親についての詳しい設定はない。
ハックホーク (Hack Hawk)
5月5日生まれの7歳。身長120cm、体重28kg。
長男。カラーリングは赤。ツリ目が外見上の特徴。
リックホーク (Rick Hawk)
5月5日生まれの5歳。身長100cm、体重23kg。
次男。カラーリングは青。めがねをかけている。
ホックホーク (Hock Hawk)
5月5日生まれの3歳。身長80cm、体重18kg。
三男。カラーリングは緑。タレ目。

旧キャラクター[編集]

平和台最終戦(1992年10月1日)と同時に引退。ハリーたちと違い靴は履いていない。着ぐるみは表面の羽毛の表現がリアルだったが、汚れやすいなどの欠点もあったようである。

ホーマーホーク
ハリーの兄。背番号100。体型はなで肩でやや腹が出ており、ハリーとの違いとなっている。
ハピーホーク
ホーマーの妻。
ハーウィーホーク
ホーマーの息子。公式イラストでは大きめのグラブと帽子を着用。
ヘーゼルホーク
ホーマーの娘。公式イラストでは人形を持っている。

その他[編集]

ホーク一世
ハリーらの先祖で、ホークスタウンの始祖。HAWK暦1795年生まれで、HAWK暦1827年にホラフク号で現地に上陸した。HAWK暦1877年没。実際にヤフオク!ドームに銅像がある。

一族の設定[編集]

これまでのところ、ハニーおよびハーキュリーにはホーク一族との血縁関係は設定されていない。

【初代】ホーク一世
      ┃
    (途中略)
      ┃
      ┣━━━━━━━┓
      ┃       ┃
【六代】 (父) (母) ホンキー  ヘレン
      ┗━┳━┛   ┗━━━━┛
        ┃
        ┣━━━━━━━━━━━━┳━━━━┓
        ┃            ┃    ┃
【七代】   ホーマー   ハピー    (次男)  ハリー
        ┗┳━━━━┛      ┃
         ┃           ┃
      ┏━━┻━━┓    ┏━━━╋━━━┓
      ┃     ┃    ┃   ┃   ┃
【八代】ハーウィー  ヘーゼル  ハック リック ホック

エピソード[編集]

  • ヤフードームのバックスクリーン中央部にはホークスの選手のホームラン時に出現する巨大ハリーホークの装置(風船で出来ており、大量の空気を入れる事により出現)が置かれている。
  • 東平尾公園博多の森球技場で行われたアビスパ福岡のマスコット、「アビー」と「ビビー」の結婚式でハリーホークが立会人を務めた。
  • 1995年公開の大映映画「ガメラ 大怪獣空中決戦」の劇中、ホークスの本拠地である福岡ドームが、ギャオス捕獲作戦の拠点として使用された。その際、ドーム内の作戦本部のコードネームが「ハリーホーク」、ギャオスを追跡する自衛隊のヘリコプターのコードネームが「ハーキュリーワン」に設定されていた。

外部リンク[編集]