スラィリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
広島東洋カープ > スラィリー
スラィリー
Slyly
広島東洋カープ マスコット #!
基本情報
国籍 不明
生年月日 1995年7月29日
身長
体重
210 cm
100 kg
選手情報
ポジション マスコット
初出場 1995年7月29日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

スラィリー(SLYLY)は、日本プロ野球広島東洋カープマスコットである。

概要[編集]

1995年7月29日初代の広島市民球場での中日戦で初登場。背番号は「!」。よく「スライリー」と表記されるが、正しくは「イ」が小文字である。slylyとは、英語で「お茶目な」、「いたずら好きな」という意味である。

青緑のけむくじゃらの身体に、カープのホームユニフォームを着ている。デザインは『セサミストリート』のキャラクターデザインを手がけたアメリカのハリソンエリクソン社によるもので、同社がデザインを手がけたフィラデルフィア・フィリーズの「フィリー・ファナティック」と外見が似ている。イラストだけに使われるカープ坊やと異なり、着ぐるみが球場に現れる。

鼻の部分にピロピロ笛が内蔵されており、それを伸ばして喜怒哀楽を表現する。

大量得点や大型連勝など、チームがハッピーなときには、ピンクに変色した「ハッピースラィリー」が唐突に現れる。スラィリーとは別個体ではなく、突然変異型という位置づけである。こちらは2002年より登場。前田智徳が2000本安打を達成した2007年9月1日や、2008年9月28日の初代の広島市民球場最後の公式戦のセレモニーにも現れている。

セグウェイでマツダスタジアムを走るハッピースラィリー

データ[編集]

  • 誕生日:1995年7月29日
  • 身長:210cm
  • 体重:100kg
  • ウエスト:230cm
  • 足:45cm
  • たてがみ:70cm
  • しっぽ:30cm
  • 鼻高:20cm
  • 背番号:!
  • 趣味・特技:いたずら・ダンス

なお、旧球団公式サイトにおいては、年齢、性別、国籍は「??」とされていた。

『CCダンス』初披露の際のスラィリー
観客とふれあうスラィリー
千葉マリンスタジアムにて
ピロピロ笛を見せるスラィリー

エピソード[編集]

  • 1999年倉敷マスカットスタジアムの対阪神戦で、試合が雨で中断しているときに阪神ファンがグラウンドに乱入。警備員の追跡を振り切り傍若無人に走り回っていたところを、スラィリーが追いかけて羽交い絞めにして制止し、取り押さえるのに一役買った。
  • 2000年6月13日の対ヤクルト戦にて、石井一久が2回途中で左肩に違和感を訴え、降板。その際にパフォーマンスとして古田敦也がマウンドに、スラィリーがバッターボックスに立った。古田の投じた一球はスラィリーが見事バットに当て、1塁側スタンドに運んだ。
  • 2006年には、スラィリーとカープ坊やを主人公にした、カープ公認の絵本『ホームラン――カープ坊やとスラィリーの絵本』が発売された。内容は2人が冒険をしながらセ・リーグの他5球団のキャラクターと対戦していくというもの。
  • 2011年9月4日、マツダスタジアムで行われた対中日戦。7回裏の広島の攻撃前、セグウェイでグラウンドを走っていたスラィリーがグラウンドスタッフの女性を轢いてしまった。スタッフは1週間病院に通う怪我をおった。その後もスラィリーはグラウンド中をセグウェイで走り回っている。
  • 2015年5月10日、阪神甲子園球場にて開催された対阪神戦において、パフォーマンスをしていたところ、目玉が外れて職員がつけ直すという珍事が発生。同様の珍事は同年6月12日に福岡ヤフオク!ドームにて開催された対ソフトバンク戦でも発生している。

外部リンク[編集]