大武ユキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大武 ユキ
生誕 日本の旗 日本神奈川県
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1990年 -
代表作フットボールネーション
テンプレートを表示

大武 ユキ(おおたけ ゆき)は、日本女性漫画家神奈川県出身。代表作は『フットボールネーション』。1990年から1993年までのペンネームは柴田文明[1]

概要[編集]

1990年、『小説Wings』(新書館)No.2掲載の『サッカーボーイ』(柴田文明名義)でデビュー。

1996年、『月刊アフタヌーン』(講談社)で『我らの流儀』の連載を開始。

2009年、『ビッグコミックスペリオール』(小学館)で『フットボールネーション』の連載を開始。「身体の使い方」をテーマにした新しい切り口のサッカー漫画としてヒットする。現在も連載中。

人物[編集]

大のサッカー好きであり、東海大学第一高等学校(現:東海大学付属静岡翔洋高等学校)の大嶽直人を好きになったことがきっかけで、サッカーにのめり込む。その後大嶽が順天堂大学に進学したことで、大学サッカーも観戦[2]

1988年から全日空横浜サッカークラブ(後:横浜フリューゲルス)のサポーターに。フリューゲルスの合併・消滅後は横浜FCを応援。

好きなポジションはボランチ。日本人選手では、今野泰幸遠藤保仁山口素弘など。今野のFC東京への移籍をきっかけに、FC東京の応援も開始する。

作品[編集]

連載[編集]

  • 無防備都市-装甲騎兵ボトムズ外伝(柴田文明名義、原作:山口宏サイバーコミックス、1991年5月-1993年8月、不定期連載、全1巻)
  • ダークマドンナ(柴田文明名義、原作:荒俣宏、月刊ガオ!、1993年1月-9月、全1巻)
  • 我らの流儀(月刊アフタヌーン、1996年1月-1997年7月、全3巻)
    • 我らの流儀 -フットボールネーション前夜-(新装版、2012年、小学館、全3巻)
  • バウンティソード・ダブルエッジ(月刊ガンガンファンタジー、1999年1月-7月、全1巻)
  • タイル(月刊近代麻雀オリジナル、2000年12月-2001年7月、全1巻)
  • 闘牌羲賊RAT(月刊近代麻雀オリジナル、2003年2月-2004年7月、未単行本化)
  • フットボールネーション(ビッグコミックスペリオール、2009年12月-連載中、既刊13巻)

短編集[編集]

  • サッカーボーイ(柴田文明名義、新書館、1993年)
    • サッカーボーイ フットボールネーション-胎動-(新装版、小学館、2012年)
  • アンダーグラウンド(竹書房、2001年)
  • タイル(宙出版、2006年)
  • コミック版プロジェクトX~挑戦者たち~ プラズマテレビ 愛の文字から始まった(宙出版、2007年)

単行本未収録作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ■SOCCER-BOY.COM■” (日本語). soccer-boy.com. 2018年6月15日閲覧。
  2. ^ No.137 漫画家「大武 ユキ」 | サッカーを愛して止まないあの人の『ゆめのはなし』 | I DREAM - スルガ銀行” (日本語). www.idream-jp.com. 2018年6月15日閲覧。

外部リンク[編集]