桂望実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
桂 望実
(かつら のぞみ)
誕生 1965年
日本の旗 日本東京都
職業 小説家
最終学歴 大妻女子大学文学部国文科卒業
活動期間 2003年 -
代表作 県庁の星』(2005年)
主な受賞歴 「作家への道!」優秀賞(2003年)
デビュー作 『死日記』
公式サイト 桂 望実 オフィシャルホームページ
テンプレートを表示

桂 望実(かつら のぞみ、1965年[1] - )は、日本小説家東京都生まれ。大妻女子大学文学部国文科卒業。会社員フリーライターを経て、2003年、『死日記』で「作家への道!」優秀賞(エクスナレッジ)を受賞し、小説家デビュー[2]2005年県庁の星』が映画化され、ベストセラーになる。

著作リスト[編集]

  • 死日記(2002年12月 エクスナレッジ / 2006年7月 小学館文庫
  • ボーイズ・ビー(2004年3月 小学館 / 2007年10月 幻冬舎文庫
  • 県庁の星(2005年9月 小学館 / 2008年10月 幻冬舎文庫)
  • Lady, Go(2006年7月 幻冬舎 / 2009年8月 幻冬舎文庫)
  • Run! Run! Run!(2006年11月 文藝春秋 / 2009年7月 文春文庫
  • 明日この手を放しても(2007年6月 新潮社 / 2010年5月 新潮文庫
  • 女たちの内戦(2007年11月 朝日新聞出版
    • 【改題】もしも、あと少し、幸せになれるとしたら。(2010年9月 朝日文庫
  • 平等ゲーム(2008年8月 幻冬舎 / 2012年4月 幻冬舎文庫)
  • WE LOVEジジイ(2009年1月 文藝春秋 / 2011年12月 文春文庫)
  • 嫌な女(2010年12月 光文社 / 2013年5月 光文社文庫
  • ハタラクオトメ(2011年3月 幻冬舎)
  • 恋愛検定(2011年9月 祥伝社 / 2014年6月 祥伝社文庫
  • 週末は家族(2012年1月 朝日新聞出版)
  • 頼むから、ほっといてくれ(2012年8月 幻冬舎)
  • 手の中の天秤(2013年7月 PHP研究所
  • 我慢ならない女(2014年3月 光文社)
  • エデンの果ての家(2014年9月 文藝春秋)
  • 僕とおじさんの朝ごはん(2015年2月 中央公論新社

メディア・ミックス[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 桂 望実 | 人名事典 | お楽しみ | PHP研究所
  2. ^ 桂望実|新潮社

外部リンク[編集]