超星神シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

超星神シリーズ(ちょうせいしんシリーズ)は、『超星神グランセイザー』に始まる、東宝製作の特撮テレビ番組シリーズの呼称。テレビ東京系列のほか、日本全国の大半地域の他系列局で放送されていた[1]。展開期間は2003年10月から2006年6月まで。

概要[編集]

他の主要特撮ヒーロー作品はバンダイがメインスポンサーであるが、本シリーズは、ヒーロー玩具市場に参入したコナミが、初めてメインスポンサーを務めた特撮ヒーロー番組である。

また、本シリーズは『ゴジラvsビオランテ』以降の『平成ゴジラシリーズ』の特技監督をつとめた川北紘一が、東宝を定年退職後、株式会社ドリーム・プラネット・ジャパンを設立して初めて本格的に手がけたテレビ作品としても話題となった。川北は本シリーズでは3作の全話の特技監督をつとめている。

関連商品展開において、『超星神グランセイザー』『幻星神ジャスティライザー』とほぼ同時期に放映されていた、ウルトラシリーズの『ウルトラマンネクサス』や仮面ライダーシリーズの『仮面ライダー剣』がシリアスなストーリー路線を採用した結果、児童層に受け入れられずに苦戦を強いられたのとは対照的に、本シリーズは日が浅いにも関わらず好成績を残した。テレビ朝日系列のスーパー戦隊シリーズと仮面ライダーシリーズは、本シリーズへの対抗措置として両番組枠をスーパーヒーロータイムとして設定し、両シリーズの連携を強化している[2]

登場怪獣のデザインについては、意図的にゴジラシリーズなどの東宝怪獣と酷似させているものが多い。また、東宝の倉庫に保管されていた『妖星ゴラス』、『ゴジラシリーズ』、『さよならジュピター』などの東宝特撮映画のミニチュアも、他数が流用されている[3]。ヒーロー側については、変身中は変身者の声に拡声器を通したような強いエフェクトが掛けられていた。

各シリーズ共通の点は変身時の「装着」、ロボットに乗る際の「ダイブイン」などがある。

劇中では明確に1作目の『超星神グランセイザー』と後の2作が同一世界であることから、同じ登場人物や怪人、怪獣がゲスト出演することがある(『劇場版 超星艦隊セイザーX 戦え!星の戦士たち』など)。

本作に出演した俳優陣は、後年の特撮作品にも出演実績を残している(『幻星神ジャスティライザー』の神野司郎役の波岡一喜、『超星艦隊セイザーX』のケイン役の三浦涼介、アド役の進藤学など)。

撮影は基本的にビデオ撮影で行われているが、特撮シーンでは16ミリフィルムや35ミリフィルムも併用されており、編集でビデオ画質とトーンを合わせている[4]。フィルムの使用について特撮の撮影を担当した桜井景一は、ハイスピード撮影が可能であることやトリミングにより部分的に使用することが可能であることなどのメリットを挙げている[4]

シリーズ作品[編集]

いずれもテレビ東京系列。

  1. 超星神グランセイザー』(2003年10月4日 - 2004年9月25日、全51話)51話
  2. 幻星神ジャスティライザー』(2004年10月2日 - 2005年9月24日、全51話)102話
  3. 超星艦隊セイザーX』(2005年10月1日 - 2006年6月24日、全38話)140話

全シリーズともに放送時期にコミック化されている。

脚注[編集]

  1. ^ テレビ東京系列は週末で、地域の他系列局では週末ではなく平日に放送される地域も多かった。
  2. ^ 『スーパー戦隊 Official Mook 21世紀 Vol.3 爆竜戦隊アバレンジャー講談社〈講談社シリーズMOOK〉、2017年3月25日、5頁。ISBN 978-4-06-509514-0
  3. ^ 平成ゴジラパーフェクション 2012, pp. 160 - 161 「平成ゴジラバーニング・コラム」No.024。
  4. ^ a b 宇宙船』Vol.118(2005年5月号)、朝日ソノラマ2005年5月1日、 49頁、 雑誌コード:01843-05。

関連項目[編集]

テレビ東京 土曜9:00 - 9:30枠
前番組 番組名 次番組
真・女神転生Dチルドレン ライト&ダーク
(2002年10月5日 - 2003年9月27日)
超星神シリーズ
(2003年10月4日 - 2006年6月24日)
おとぎ銃士 赤ずきん
(2006年7月1日 - 2007年3月31日)