別冊花とゆめ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
別冊花とゆめ
ジャンル 漫画雑誌
読者対象 少女
刊行頻度 季刊隔月刊月刊 → 隔月刊→月刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
定価 500円
出版社 白泉社
雑誌名コード 01129
刊行期間 1977年7月(1977年夏の号)- 2018年5月26日(2018年7月号)[1]
発行部数 35,917部(2016年10月 - 2017年9月日本雑誌協会調べ)
レーベル 花とゆめコミックス
姉妹誌 花とゆめ
ウェブサイト 別冊花とゆめ.com

別冊花とゆめ』(べっさつはなとゆめ)は、白泉社が1977年から2018年まで発行していた日本月刊雑誌。発売日は刊行月の前々月26日だった。略称・別花(べつはな)。

概要[編集]

1977年7月、季刊誌として創刊。創刊号は同年夏の号で、価格は300円だった。以後、季刊(1977年夏の号 - 1991年夏号)→隔月刊(1991年10月号 - 1993年8月号)→月刊(1993年10月号 - 2001年12+1月号)→隔月刊(2002年3月号 - 2006年7月号)→月刊(2006年8月号 - 2018年7月号)と刊行間隔の変更を繰り返した。2006年8月号の再月刊化から、雑誌サイズがそれまでのA5判からB5判になった。

恋愛やミステリーをテーマに読みきり作品を中心に掲載してきたが、月刊化以降は連載作品も多く掲載している。また作品の連載間隔が異なるため、毎号に全ての連載作品が掲載される訳ではない。

2018年7月号(同年5月26日発売)をもって休刊となった[1]

最終号時の連載作品[編集]

メロディへの移籍[編集]

マンガParkへの移籍[編集]

花ゆめAiへの移籍[編集]

休刊とともに完結[編集]

最終号時の休載作品[編集]

過去の掲載作品[編集]

あ行[編集]

か行[編集]

さ行[編集]

た行[編集]

な行[編集]

は行[編集]

ま行[編集]

や行[編集]

ら行[編集]

わ行[編集]

発行部数[編集]

  • 2003年9月1日 - 2004年8月31日、106,166部[3]
  • 2004年9月 - 2005年8月、94,334部[3]
  • 2005年9月1日 - 2006年8月31日、94,000部[3]
  • 2006年9月1日 - 2007年8月31日、90,750部[3]
  • 2007年10月1日 - 2008年9月30日、81,584部[3]
  • 2008年10月1日 - 2009年9月30日、75,000部[3]
  • 2009年10月1日 - 2010年9月30日、66,750部[3]
  • 2010年10月1日 - 2011年9月30日、65,484部[3]
  • 2011年10月1日 - 2012年9月30日、57,125部[3]
  • 2012年10月1日 - 2013年9月30日、43,550部[3]
  • 2013年10月1日 - 2014年9月30日、40,350部[3]
  • 2014年10月1日 - 2015年9月30日、39,534部[3]
  • 2015年10月1日 - 2016年9月30日、39,333部[3]
  • 2016年10月1日 - 2017年9月30日、35,917部[3]

関連項目[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『マンガPark』には最終回を掲載し、新シリーズは『花丸漫画』にて連載。
  2. ^ 『花LaLa online』に移籍し、連載中。

出典[編集]

  1. ^ a b “別冊花とゆめが休刊で約40年の歴史に幕、今秋に新Webマンガ誌創刊”. コミックナタリー (株式会社ナターシャ). (2018年5月26日). https://natalie.mu/comic/news/283877 2018年5月26日閲覧。 
  2. ^ a b 「ぽちゃまに」別花に移籍、水森暦が農業女子描く新連載もスタート”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2015年8月26日). 2015年8月26日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n 日本雑誌協会JMPAマガジンデータによる1号当たり平均部数。

外部リンク[編集]