山下友美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山下 友美
生誕 ????1月25日
日本の旗 日本東京都
職業 漫画家
活動期間 1989年 - 2022年
ジャンル 少女漫画
代表作モンスターDJシリーズ[1]
薬師アルジャン[1]
受賞 第15回白泉社アテナ新人大賞デビュー賞(「追憶のメロディー」)
テンプレートを表示

山下 友美(やました ともみ、1月25日[1] - )は、日本漫画家女性[2]東京都出身[1]薬剤師と兼業で活動後、専業漫画家となる[3]。代表作は『モンスターDJシリーズ[1]、『薬師アルジャン[1]

来歴[編集]

東京都立小石川高等学校を経て[4]共立薬科大学薬学部を卒業[3][4]。大学在学中、『花とゆめFRESH増刊 1989年7月1日号』(白泉社)に掲載の「鬼棲む町」でデビュー[3][1]。大学卒業後、院内薬局の薬剤師として勤務のかたわら、『花とゆめ』で『D・Jシリーズ』を連載。1990年には「追憶のメロディー」で第15回白泉社アテナ新人大賞デビュー賞を受賞した。

のち『別冊花とゆめ』『セリエX』(いずれも白泉社)、『プリンセスGOLD』(秋田書店)でも執筆した。薬剤師である自身の経験を活かした[1]薬師アルジャン』(2004年2009年、プリンセスGOLD連載)は薬事関係のメディアに取り上げられ、薬事関係の雑誌にも執筆活動の場を広げる[3][4][5]。2010年代からは『ハーモニィRomance』(宙出版)、『ハーレクインオリジナル』(ハーパーコリンズ・ジャパン)を活動の中心とした。2021年、初期の代表作『D・Jシリーズ』のうち、既刊単行本に未収録だった3作品と書き下ろし1作品を収録した同シリーズ第4巻「ラスト・ギャンブル」が白泉社から電子書籍で刊行。その後、「代書屋佐永」「プリーズMr.ポストマン」「ひみつのゴードン博士」などが白泉社から電子書籍で復刊した。

2022年4月8日、難病のためにペンを持つことも困難になったとして、一切の創作活動の終了を宣言した[6]

作品リスト[編集]

書籍[編集]

ハーレクイン[編集]

  • 三カ月だけフィアンセ(ハーレクインコミックス、2012年)原作:ナンシー・ウォレン
  • 千と一つの夜を超えて(ハーレクインコミックス、2013年)原作:メレディス・ウェバー
  • 再会は憎しみに満ちて(ハーレクインコミックス、2013年)原作:インディア・グレイ
  • 永遠のアナスタシア(ハーレクインコミックス、2013年)原作:キャロル・モーティマー
  • 億万長者の花嫁(ハーレクインコミックス、2013年)原作:キム・ローレンス
  • 恋に落ちた眠り姫(ハーレクインコミックス、2014年)原作:メリッサ・マクローン
  • 新妻を演じる夜(ハーレクインコミックス、2014年)原作:ペニー・ジョーダン
  • 噂をとめられない!(ハーレクインコミックス、2014年)原作:エリザベス・ベヴァリー
  • 望まれぬプロポーズ(ハーレクインコミックス、2015年)原作:ペニー・ジョーダン
  • 三カ月だけフィアンセ(ハーレクインコミックス・キララ、2015年)原作:ナンシー ウォレン
  • 過去からの旅人(ハーレクインコミックス、2015年)原作:マリーン・ラブレース
  • 幸せになるためのリスト(ハーレクインコミックス、2015年)原作:マーナ・マッケンジー
  • ギリシア富豪は仮面の花婿(ハーレクインコミックス、2015年)原作:シャロン・ケンドリック - 電子書籍限定。
  • サタンの花嫁(ハーレクインコミックス、2015年)原作:アン・ヘリス
  • 大富豪と誘惑旅行(ハーレクインコミックス、2016年)原作:ミランダ・リー - 電子書籍限定。
  • 涙のエンゲージリング(ハーレクインコミックス、2016年)原作:シャロン・ケンドリック - 電子書籍限定。
  • 伯爵との一夜のあとで(ハーレクインコミックス、2017年)原作:ジェシカ・ギルモア
  • 純潔の囚われびと(ハーレクインコミックス、2017年)原作:ケイト・ヒューイット - 電子書籍限定。
  • 王と身代わりの花嫁(ハーレクインコミックス、2017年)原作:ケイト・ヒューイット - 電子書籍限定。
  • 塔の上の秘恋(ハーレクインコミックス、2018年)原作:キャロル・マリネッリ - 電子書籍限定。
  • 夏の雨にぬれても(ハーレクインコミックス、2018年)原作:ダイアナ・ハミルトン - 電子書籍限定。
  • 億万長者に捧げた一夜(ハーレクインコミックス、2018年)原作:リン・レイ・ハリス
  • 始まりはミステリー 秘密、暴かせていただきます!(ハーレクインコミックス、2019年)原作:ハイディ・ライス - 電子書籍限定。
  • 迷い込んだ愛の森(ハーレクインコミックス、2020年)原作:ヘレン・ディクソン
  • 昼の顔、夜の顔(ハーレクインコミックス、2020年)原作:ローリー・フォスター - 電子書籍限定。
  • やさしき夜に抱かれ(ハーレクインコミックス、2021年)原作:ローリー・フォスター - 電子書籍限定。
  • 麗しき三姉妹シリーズ
    • 新妻を演じる夜(ハーレクインコミックス、2021年)原作:ペニー・ジョーダン
    • 一夜の愛に賭けて(ハーレクインコミックス、2021年)原作:ペニー・ジョーダン
    • 幸せになるためのリスト(ハーレクインコミックス、2022年[7])原作:マーナ・マッケンジー

コミックス未収録作品[編集]

白泉社刊行分
  • 夢追人の未来学(花とゆめプラネット増刊、1989年)
  • ラッキー君のうた(花とゆめ、1991年)
  • マイ・スイート・ホーム(1993年、別冊花とゆめ)
  • バトル・ティーチャー・J(花とゆめ、1993年)
  • ボール・フレンド(別冊花とゆめ、1994年)
  • ディスカバー 方舟の獣たち(別冊花とゆめ、1994年 - 1995年)
朝日ソノラマ刊行分
  • あしながおじさん(ネムキ、1998年)
秋田書店刊行分
  • 幻想館1 メアのための風景(プリンセスGOLD、1999年)
  • 幻想館2 鉄太郎(プリンセスGOLD、2000年)
  • ハルシオン・デイズ(プリンセスGOLD、2004年)

自費出版[編集]

  • Gペン潜入記〜薬を巡る旅(2013年、全1巻[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 山下友美”. ハーレクインライブラリ. ハーレクイン. 2022年1月11日閲覧。
  2. ^ 山下友美 [@nut40] (2021年8月23日). "毎年インフルエンザも打ってる女。..." (ツイート). Twitterより2022年4月9日閲覧
  3. ^ a b c d e 薬剤師漫画家 山下友美さんのご紹介”. 一般社団法人北多摩薬剤師会. 2022年1月11日閲覧。
  4. ^ a b c 薬学と私 第33回 漫画家 山下友美 氏 「どんなに無関係に思える物事にも意味がある。活かすもムダにするのも自分次第。経験は芸の肥やし」”. 日本薬学会 (2013年9月23日). 2022年4月9日閲覧。
  5. ^ エニイクリエイティブからのお知らせ”. エニイクリエイティブ (2007年12月14日). 2008年2月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月9日閲覧。
  6. ^ 山下友美 [@nut40] (2022年4月8日). "創作活動終了の報告(Webアーカイブ)..." (ツイート). 2022年4月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。Twitterより2022年4月9日閲覧
  7. ^ “【1月11日付】本日発売の単行本リスト”. コミックナタリー (ナターシャ). (2022年1月11日). https://natalie.mu/comic/news/460740 2022年1月11日閲覧。 

外部リンク[編集]