那州雪絵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

那州 雪絵(なす ゆきえ、1965年1月4日 - )は日本の漫画家東京都豊島区池袋生まれ[1]血液型はA型。

代表作には『花とゆめ』(白泉社)で連載された「ここはグリーン・ウッド」がある。

概要[編集]

アニメーターで、スタジオナンバーワンに所属し、漫画家デビューから数年間は兼業をしていた。また「那州和也」名義で同人活動をしていた事もある。

子供の頃に少年野球チームの選手だった事もあり、少年への憧れ、場合によっては女性である事によるそこからの挫折が創作の原動力になっている節もある。雑誌ぱふ91年10月号で、「女性である事は漫画家である事よりも重要ではない。今、急に男になっても困らない。」とコメントをしている。

作品の設定に、異形が姿を変えて主人公の傍にいるシチュエーションが多い。

略歴[編集]

作品リスト[編集]

発表年は掲載誌の号数に準拠。

作品名 発表年 掲載雑誌 注記
智美と徹シリーズ 1985年-1986年 花とゆめ』(白泉社) 両シリーズは一部登場人物が共通。
(主人公が姉妹であり、徹は作品世界の根底に関わっている)
フラワー=デストロイヤーシリーズ 1985年-1991年 『花とゆめ』
ここはグリーン・ウッド 1986年-1991年 『花とゆめ』 「誰か−STRANGER」は「グリーン・ウッド」の原案からのスピンオフ。
嵐が原 1989年 『花とゆめ』 短期集中連載。ダーク・ファンタジー
当時連載中だった「ここはグリーン・ウッド」を中断して掲載された。
君が見ていた夢を 1990年 『花とゆめ』 前後編100P。ホラー・サスペンス。
当時連載中だった「ここはグリーン・ウッド」を中断して掲載された。
天使とダイヤモンド 1992年 『花とゆめ』 高校野球漫画。
Over the lights, Under the moon / 月光 1993年-1995年 『花とゆめ』 異世界ファンタジー。
それからどしたの?仔猫ちゃん 1993年 『花とゆめ』 デザイン学校に通う女の子3人を描いたコメディ。
魔法使いの娘 / 魔法使いの娘ニ非ズ 2002年-2009年
2010年[2]-2017年[3]
月刊ウイングス
→『ウイングス』(新書館
陰陽師の娘、鈴の木初音を主人公にした、オカルティック・シリーズ。
どーする!?わんこ 2003年-2009年 まんがライフ』(竹書房 初の4コマ漫画。
チワワの「はな」と飼い主一家を巡るホームコメディ。
超嗅覚探偵NEZ 2008年-2016年[4] 別冊花とゆめ』(白泉社) 不定期掲載。
犬以上の嗅覚を持つ探偵が事件を解決するコメディミステリー。
  • 北斗の拳
    • アニメーターとして59話「天をおおう暗黒の星! 死闘の果てに時代は動く!!」の原画を担当。
  • 学園特捜ヒカルオン
    • アニメーターとして原画を担当。

単行本・書籍リスト[編集]

白泉社[編集]

花とゆめコミックス[編集]

すべて絶版。

  • それからどしたの?仔猫ちゃん
  • イリュージョン・フードマスター

花とゆめコミックススペシャル[編集]

白泉社カードギャラリー[編集]

すべて絶版。

  1. 那州雪絵
  2. 那州雪絵2

愛蔵版[編集]

すべて絶版。

白泉社文庫[編集]

  • 天使とダイヤモンド
  • フラワー=デストロイヤー
  • それからどしたの?仔猫ちゃん
    • ISBN 978-4-59-288393-7 併録:「内沢とわたし」「美形いりませんか?」「Doggy Day's - 犬の日々 -」「雪女」「踏まれた天使のように」

ジェッツコミックス[編集]

新書館[編集]

ウイングスコミックス[編集]

ディアプラスコミックス[編集]

竹書房[編集]

バンブーコミックス[編集]

NTT出版[編集]

脚注[編集]

  1. ^ コミックナタリー - 那州雪絵のプロフィール”. コミックナタリー. 2014年5月25日閲覧。
  2. ^ 那州「魔法使いの娘ニ非ズ」開始。祝日擬人化ドラマCDも”. コミックナタリー (2010年2月28日). 2017年5月2日閲覧。
  3. ^ 那州雪絵「魔法使いの娘ニ非ズ」が完結、描き下ろし付き記念冊子がウィングスに”. コミックナタリー (2016年12月28日). 2017年5月2日閲覧。
  4. ^ 新装刊する別花のサイト開設!木原音瀬コメントや中条比紗也の新作カットも”. コミックナタリー (2016年3月26日). 2017年5月2日閲覧。

外部リンク[編集]