南マキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

南 マキ(みなみ マキ、5月20日[1] - )は、日本漫画家埼玉県出身[1]血液型はAB型。

2000年、「デイ・ドリーム・ビリーバー」で第25回白泉社アテナ新人大賞佳作を受賞。2001年、『ザ花とゆめ10月1日号(白泉社)に掲載の「彼方の青」でデビュー。以後、白泉社の漫画雑誌『花とゆめ』、『ザ花とゆめ』で活躍している。代表作は『S・A』、『声優かっ!』。

作品リスト[編集]

漫画[編集]

連載

  • S・A(2003年 - 2009年、『ザ花とゆめ』・花とゆめ』) - 全17巻
    • S・A ─場外乱闘─(2011年 - 2012年、『ザ花とゆめ』) - 全1巻
  • キミはガールフレンド(2004年、『花とゆめ』・『ザ花とゆめ』) - 全1巻
  • 声優かっ!(2009年[2] - 2013年、『花とゆめ』) - 全12巻
  • こももコンフィズリー(2013年[3] - 2015年、『花とゆめ』) - 全5巻
  • 恋は人の外(2015年[4] - 2016年、『花とゆめ』) - 全3巻
  • ピンポンラッシュ!(2017年[5] - 2018年[6]、『別冊花とゆめ』) - 全4巻
  • おしゃピクしませんか?(2018年 - 、『MELODY』2019年2月号 - 連載中)

読みきり

  • デイ・ドリーム・ビリーバー(『ザ花とゆめ』 2001年8/1号) - 『アネ☆モネ生花店 ―南マキ傑作短編集―』収録
  • 彼方の青(『ザ花とゆめ』 2001年10/1号)
  • はんぶんポテト(『ザ花とゆめ』 2002年1/1号) - 『シアワセ食卓』収録
  • S-ピープル(『ザ花とゆめ』 2002年8/1号) - 『シアワセ食卓』収録
  • うそつきなシンデレラ(『ザ花とゆめ』 2003年2/1号) - 『シアワセ食卓』収録
  • シアワセ食卓(『花とゆめ』 2003年7号) - 『シアワセ食卓』収録
  • 未完成コーラス(『花とゆめ』 2003年11号) - 『S・A』第1巻収録
  • 食の都(『花とゆめ』 2003年16号) - 『S・A』第11巻収録
  • 雪、あたたか。(『ザ花とゆめ』 2004年2/1号) - 『シアワセ食卓』収録
  • 毎日が宝物(『ザ花とゆめ』 2005年8/1号) - 『アネ☆モネ生花店 ―南マキ傑作短編集―』収録
  • バツサン(『花とゆめ』 2007年24号) - 『アネ☆モネ生花店 ―南マキ傑作短編集―』収録
  • アネ☆モネ生花店(『ザ花とゆめ』 2009年6/1号) - 『アネ☆モネ生花店 ―南マキ傑作短編集―』収録
  • ハルの雨(『ザ花とゆめ』 2013年6/1号)
  • トワイライトアワー(『ザ花とゆめ』 2014年6/1号)
  • トリとメガネと椎名さん(『ザ花とゆめ』 2015年3/1号)
  • 飴宮さんとムチ(『別冊花とゆめ』 2016年11月号)

イラスト[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 白泉社 作家データベース 南マキ”. 白泉社. 2016年4月9日閲覧。
  2. ^ 声優志願者必見?南マキの新連載「声優かっ!」スタート”. コミックナタリー (2009年6月20日). 2016年4月9日閲覧。
  3. ^ 南マキ新連載はお嬢様×砂糖菓子「こももコンフィズリー」”. コミックナタリー (2013年5月20日). 2016年4月9日閲覧。
  4. ^ 花ゆめで南マキが妖と少女のロマンス描く新連載、暁のヨナドラマCDも”. コミックナタリー (2015年9月18日). 2016年4月9日閲覧。
  5. ^ 南マキのクイズラブコメ&絵夢羅の子育てコメディ、別花で開幕”. コミックナタリー (2017年2月26日). 2017年2月27日閲覧。
  6. ^ 別冊花とゆめが休刊で約40年の歴史に幕、今秋に新Webマンガ誌創刊”. コミックナタリー (2018年5月26日). 2018年5月26日閲覧。

外部リンク[編集]