ライオン・ガード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ライオン・ガード』(The Lion Guard)とは、『ライオン・キング』の主人公・シンバの第二子であるカイオンを主人公としたスピンオフ作品である。

概要[編集]

日本ではDlifeディズニー・チャンネルディズニージュニアで放送されている。日本語および英語による字幕放送を実施(カイオンの声は黄色、バンガの声は水色、その他のキャラクターの声は白で表示される)。

物語の中でミュージカルシーンが存在する。

登場キャラクター[編集]

担当声優名は日本語吹き替え版のもの。

主人公[編集]

カイオン (Kion) [1]
- 高倉有加
シンバの第二子でキアラの弟。ライオン・ガードのリーダー。ライオン・ガードのメンバーの中の”最も強き者”。
子供ながら鬣がわずかに生えている。将来プライド・ランドの女王となる姉のキアラを支える為に、雄たけびの力でプライド・ランドを守る力を得る。
ライオン・ガードの仲間を部下としてではなく友として扱っている。口癖は「ヘイヴィ・カビーサ!」(ねえ、完全に!)。
公式の続編である『ライオン・キング2 シンバズ・プライド』では登場してはおらず、どのような扱いなのかは不明。

友達[編集]

ライオン以外の動物で、ライオンと仲が良い友達のこと。ただし、であるプンバァにはと思い込む面もあるので、ライオンのにする可能性が高まっている[2]

『ライオン・ガード』のメンバー[編集]

バンガ (Bunga)
声 - 澁谷梓希
雄のラーテル(ただし穴熊と紹介されていることもある)。
素晴らしいという言葉を「すばんがらしい」(DVD字幕では「すごバンガ」。un-Bunga-lievable)という事がある。口癖は「ズカ・ザマー!」(恐れずに飛び込め!)。
ライオン・ガードのメンバーの中の”最も勇ましき者”。大胆不敵で調子がいい性格をしている。蛇に対して免疫がある。ティモンとプンバァの養甥。
オーノ (Ono)
声 - 高坂宙
雄の白鷺(ただしショウジョウサギと紹介されていることもある)。
聡明。ライオン・ガードのメンバーの中の”最も見通せし者”。口癖は「ハパーナ!」(いいえ!)。
フーリ (Fuli)
声 - 矢野亜沙美
雌のチーター。ライオン・ガードのメンバーの中の”最も速き者”。
自信家で物事を割とはっきり言う性格。狩りの時一匹で行動するのが好きだが、仲間といるのも好き。毛皮がとても柔らかい。体が濡れるのを著しく嫌う。
口癖は「フウェズィ!」(あなたには無理!)。
ベシティ (Beshte)
声 - 佐伯美由紀
雄のカバ。楽天家でライオン・ガードのメンバーの中の”最も逞しき者”。口癖は「トゥウェンデ・キボコ!」(さぁ行こう、カバ!)。
マキーニ (Makini)
声 - ミルノ純
雌のマンドリル。ラフィキの弟子。

『ライオン・キング』より登場している仲間達[編集]

ラフィキ (Rafiki)
声 - 駒谷昌男
雄のマンドリル。呪術師のような存在。よく洞窟に絵を描いている。また、声優はこれまでのシリーズでは槐柳二が担当していたが、2017年に死去したため、駒谷に交代。
ザズー (Zazu)
声 - 梅津秀行
雄のサイチョウ。先代ムファサよりプライド・ランドの王家に仕えている存在。
ティモン (Timon)
声 - 三ツ矢雄二
雄のミーアキャット。バンガの養おじ。『ライオン・キング3 ハクナ・マタタ』では相棒のプンバァとともに主役を務め、おじと母親が登場している。
プンバァ (Pumbaa)
声 - 畠中洋
雄のイボイノシシ。バンガの養おじ。『ライオン・キングのティモンとプンバァ』では相棒のティモンとともに主役を務め、おじと母親が登場している。

家族・親族[編集]

家族は父、母、姉の4頭。4頭家族の他に亡くなったムファサとスカー、そしてジラも登場する。

主人公の家族[編集]

シンバ (Simba)
声 - 宮本充
『ライオン・キング』『ライオン・キング2』の主人公であり、カイオンの父親。プライド・ランドの現王。
カイオンに叔父でもあり先代のライオン・ガードでもあったスカーの事を語り、将来の王になるキアラを支えるようカイオンにライオン・ガードとしての仲間を見つけるように伝える。初めは見つけた仲間がライオンでなかったので呆れていたが、キアラを救われると認めた。
ナラ (Nala)
声 - RICO
『ライオン・キング』のヒロインであり、シンバの愛妻でカイオンとキアラの母親。
キアラ (Kiara)
声 - 佐藤藍子
『ライオン・キング2』の準主人公であり、シンバの第一子でカイオンの姉。将来自分がプライド・ランドの女王となることを強く自覚している。
ズーリ
声 - 宮島えみ
キアラの友人。
ティーフ
声 - 米本早希
キアラの友人。

故人キャラクター[編集]

ムファサ (Mufasa)
声 - 大和田伸也
先代のプライド・ランドの王。カイオンの祖父であり現王シンバの父。実弟スカーの謀略によって殺害されている。
時折、迷うカイオンに天からアドバイスを与える幻のような存在。
故人キャラクターでその死因は転落死であり、実弟のスカーに崖から落とされて殺害された。享年は人間で言うと35歳ぐらい。孫であるカイオンからは「ムファサおじいちゃん」と呼ばれている場面もある。
スカー (Scar)
先代のライオン・ガードのリーダー。カイオンの大叔父であり現王シンバの父方の叔父。
プライドランドを乗っ取る計画を、チームに持ち込んだところ反対し、怒ったスカーは、正義の力「英雄の雄叫び」をチームに向けて放ってしまう。それによって、プライドランドを守るライオン・ガードは、全滅した。その後、スカーは、正義の力「英雄の雄叫び」を悪い事に使ったため、失ってしまった。
故人キャラクターでその死因は戦死であり、実の甥であるシンバに崖から突き落とされ、その後はハイエナに食べられた。享年不明。

『ライオン・キング2』より登場キャラクター[編集]

ジラ (Zira)
アウトランドのメスライオンのリーダーでコブとヌカとビタニの母親。『ライオン・キング2』の終盤に川へ転落し、救おうとするキアラを振り払って溺死。
コブ (Kovu)
ジラの末っ子の次男で、ヌカとビタニとは異父弟に当たる。『ライオンキング2』のエンディングではキアラと結婚している。本作ではキアラの弟であるカイオンと出会ったりする出番も登場している。
ヌカ (Nuka)
ジラの長子の長男でコブの異父兄。『ライオンキング2』では血の繋がった従兄弟であるシンバを捕らえようとするのも失敗し、足を滑られた上に丸太が頭部を直撃し、死亡した。本作ではハイエナと友達である。
ビタニ (Vitani)
ジラの長女でコブの異父姉。『ライオン・キング2』の終盤にプライドランドへ降伏。兄と弟と同様でカイオンと出会う。

ハイエナとハゲワシとジャッカル[編集]

ジャンジャ(Janja)
カイオン達の宿敵であるアウトランドのハイエナ達のリーダー的存在。
チャング(Chungu)
太めのハイエナ。名前は「チュング」とも。
チーズィ(Cheezi)
声 - 細谷カズヨシ
笑い上戸でエドのようなポジション。
ジャスィリ
声 - 橋爪紋佳
雌のハイエナ。アウトランドで暮らす。ただし本人はジャンジャたちとは仲間ではないと言っており、ジャンジャたちもジャスィリが縄張りを通り掛かると攻撃してくる。
ムズィンゴ(Mzingo)
『勇者の伝説』ではハイエナ陣営に於いてザズーのポジションにいたハゲワシ。『勇者の伝説』以外ではジャンジャと別行動をとることも多く、ハゲワシの群れを率い議会を開く。
ムウォーガ
ムズィンゴの手下のハゲワシ。
レイレイ
雌のジャッカル。ゴイゴイの妻。
ゴイゴイ
雄のジャッカル。レイレイの夫。

その他[編集]

ウシャリ
雄のコブラ。バンガによくからむ。
マクウ
雄のクロコダイルで新リーダーになる。カイオンとも対立する。
プーア
雄のクロコダイルで元リーダー。
マクーチャ
雄のヒョウ。遠くから遥々来る。

脚注[編集]

  1. ^ 日本語版では「カイオン」と表記されているが、英語読みでは「キオン」である。
  2. ^ キングダムハーツ2』でティモンがプンバァに向かって、「豚みたいに食われるぞ」という名詞もよく言われる。その『キングダムハーツ2』では「豚じゃない」と反論してはいた

関連項目[編集]

外部リンク[編集]