イボイノシシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イボイノシシ
Phacochoerus africanus (Kruger, South Africa).jpg
イボイノシシ Phacochoerus aethiopicus
保全状況評価[a 1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ウシ目 Artiodactyla
亜目 : イノシシ亜目 Suina
: イノシシ科 Suidae
: イボイノシシ属 Phacochoerus
: イボイノシシ P. aethiopicus
学名
Phacochoerus aethiopicus
(Pallas, 1766)
和名
イボイノシシ
英名
Desert warthog

Distribution P. africanus.svg

イボイノシシ(疣猪、Phacochoerus aethiopicus)は、哺乳綱ウシ目(偶蹄目)イノシシ科イボイノシシ属に分類される偶蹄類。

分布[編集]

サハラ砂漠の以南アフリカ大陸。種小名aethiopicusは「エチオピアの」の意。

特徴[編集]

頭蓋骨

体長90-150cm。尾長30-50cm。肩高65-85cm。体重50-115kg。日本のイノシシよりはやや小さい。体毛は灰褐色で、日本のイノシシと比べると全体的に薄毛である。しかし、頭部から背中にかけては黒色のたてがみがある。尾にはふさふさと多くの毛が生えている。時速約50kmで走ることができる。

顔は白色で、からにかけては黒色の帯が走っている。目の下と頬にはその名の由来にもなっている、いぼが一対ずつある。三日月状のは大きく、特に下顎の犬歯は成長するとからはみ出し、外部に露出するようになる。子には日本のイノシシとは違い、縞模様はない。

生態[編集]

主にアフリカの草原サバンナ)や森林に生息する。巣穴は自然に出来た穴や岩陰の隙間、他の動物が作った穴を使う。メス1-2頭と子どもだけの群れで生活し、昼間は活発に活動するが、夜は巣穴に帰る。繁殖期は雨季で、その時はこの群れにオスが1頭加わり、繁殖活動を行う。それ以外の時は、若いオスはオスのみの群れを作り、成熟したものは群れを作らず、1体のみで行動する。イボイノシシは基本的に草食であり、普段は大人しい動物である。しかし肉食獣に襲撃された際には牙を剥き突進する気の荒い面も持つ。逃げる際には群れで一列に並び、尾をピンと立てて脚力を生かし走って逃走する場合が多い。この姿がユーモラスで可愛らしく人気がある。本種を捕食する動物はライオンブチハイエナヒョウナイルワニ等が挙げられ、成獣より幼体が頻繁に狙われる。

食性は雑食性で、基本的には草食動物である。地面に生えた植物や、を掘り起こして食べるほか、昆虫や小動物、時には腐肉を食べることもある。餌を食べるときは前足を曲げて、ひざまずくような独特の姿勢をとることが知られている。

日本のイノシシと同じく、寄生虫を落としたり体温調節をするために泥浴びをする。アフリカの草原ではマングースの巣穴へ行き、寄生虫を食べてもらうことがある。

繁殖のためにオスがメスを巡って争うこともあり、その場合は牙を使ったり、体当たり等のぶつかり合いで勝敗を決める。メスは1回に2-6頭を出産する。幼体は基本的には、親に新しい幼体が生まれると群れから追い出されて独立するが、メスの場合は親の群れに戻ることもある。

人間との関係[編集]

ケニアではケニア・エクスプレスと呼ばれている。人間に対しては普通恐れて逃げるが、人家の近くには人に慣れた個体もいる。

生息地によっては家畜へ病気を伝染させるために、駆除されることもある。

映画『ライオン・キング』のプンバァのモデルとなっている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ The IUCN Red List of Threatened Species
    • d'Huart, J.P., Butynski, T.M. & De Jong, Y. 2008. Phacochoerus aethiopicus. In: IUCN 2010. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2010.4.