クロノアイズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クロノアイズ
ジャンル SF漫画タイムパトロール
漫画:クロノアイズ
作者 長谷川裕一
出版社 日本の旗 講談社
掲載誌 月刊マガジンZ
レーベル マガジンZKC
発表期間 1999年8月号 - 2002年6月号
巻数 全6巻
話数 全33話
漫画:クロノアイズ・グランサー
作者 長谷川裕一
出版社 講談社
掲載誌 月刊マガジンZ
レーベル マガジンZKC
発表期間 2002年8月号 - 2003年11月号
巻数 全3巻
話数 全15話
テンプレート - ノート

クロノアイズ』 (: CHRONO EYES) は、長谷川裕一漫画作品である。本項では続編の『クロノアイズ・グランサー』 (: CHRONO EYES GLANCER) についても記述する。

なお、本項では原則として前者を『第1部』、後者を『第2部』と表記し、「クロノアイズ」と表記した場合には作中に登場する架空の組織・時空監視機構を指すものとする。

第1部は第34回星雲賞(2003年)コミック部門を受賞した。また、第2部も同賞の第35回(2004年)の参考候補作に挙げられていた。

概要[編集]

講談社の『月刊マガジンZ』に第1部は1999年8月号(創刊号)から2002年6月号にかけて、第2部は2002年8月号から2003年11月号にかけて連載された。

第1部ではクロノアイズ(「時空神の目」という意味)と時間犯罪結社ハデスサイズ(「冥王の吐息」という意味)との戦い、第2部では大樹とアナが新しい仲間とともに時間犯罪者によって「改変」された様々な世界を「修理」していく活躍を描いた、「時空」をテーマとしたSF漫画作品である。

単行本[編集]

いずれも長谷川裕一著、講談社マガジンZKC刊。また、翻訳版としてはBongkoch Publishingによるタイ語版(参考[1][2] [3])や長鴻出版社による台湾版(タイトルは『時空眼』『超越時空眼』[4][5])が存在する。

あらすじ[編集]

第1部[編集]

1999年7月7日、平凡な高校生だった少年、西郷大樹は「知力、体力に優れているが、死んでも歴史に大きな影響がない」という理由でクロノアイズ(いわゆるタイムパトロール)にスカウトされた。当初は戸惑っていた大樹であったが、持ち前の正義感ゆえにハデスサイズの横暴を見逃すことが出来ずクロノアイズに参加、様々な時代で冒険を繰り広げる。 だが退屈丸の正体が、歴史的著名人であることを知ったことを切っ掛けに、クロノアイズそのものに疑問を抱き始める大樹。 そしてクレオがアトランティスの民を救うべくハデスサイズと結託、クロノアイズ・ハデスサイズ・アトランティスそれぞれの思惑が交錯する三つ巴の戦いの中、アトランティスの民は全て宇宙に脱出することに成功、それを幇助した大樹のチームはクロノアイズから指名手配されてしまう。 エルザのとんでもない正体が判明する中、クロノアイズはハデスサイズ首領ハデスによって掌握され、クロノアイズ本部に乗り込んだ大樹たちはついに逮捕されてしまう。 歴史における自分の役割―――航時理論を生み出す女性を自分の生命と引き換えに救う―――を果たすべく、一人元の時代に戻された大樹は迷いつつも歴史通りに彼女を救い死亡。 彼の死を知らされた仲間たちはハデスに対して反逆を開始するも、力及ばず追い詰められてしまう。 絶体絶命の窮地の中、ハデスから用無しとされたハデスサイズ四幹部の手によって蘇生を果たした大樹が駆けつけ、クロノアイズの真の創設目的と存在意義を語りだす…!

第2部[編集]

舞台は第1部終了から5年後。“アイズ"の目的は時の流れを見張ること。しかし、タイムトラベルした時間犯罪者による歴史介入で改変された世界から不当な圧力を取り除く「時の修理屋」が存在した。

彼らは見張るのではなく、その視線で射る! クロノアイズ・グランサーとは、悪を射る“視線"である!

元クロノアイズの経歴を活かし、グランサーとなった大樹とアナは、平行世界の一つで保護したサイボーグ少女ヒルダを仲間に加えて歴史修復の冒険を繰り広げていく。 そんなある日、ヒルダは大樹とアナのかつての仲間グリーナム・ターンディックに命を救われる。 彼は人形(パペット)の巣の襲撃の際に突如裏切り、大樹とアナ以外のグランサーを皆殺しにした挙句、アナを一時期連れ去っていた仇敵であった。 自分とグリーナムとの関係性に気づきつつも、かつてのアイズの仲間の協力を受け、グリーナムの拠点に乗り込んだ大樹は最後の対決を挑む!


登場人物[編集]

主人公[編集]

西郷大樹(さいごう たいき)
コードネームはウルフアイズ(青狼の目)。20世紀日本高校生。祖父が道場主、父親はコンピュータエンジニアで格闘技とPCの技術はちょっとした物[1]
クロノアイズへの所属を強制されるが、やがて持ち前の正義感から積極的に時間犯罪者との戦いに身を投じることとなる。本人には知らされていないが、歴史上では2003年に死亡する事になっており、それが歴史の大きな分岐点となっている。
紆余曲折の結果歴史上死亡した為、第二部からは変名として「空我太揮(うつわ たいき)」と名乗っており、時計店「未来屋」を経営する一方でクロノアイズには属さない「視線者(グランサー)」として歴史改変による不当な弾圧から該当する世界の人々を解放するために、歴史の改変者たちと戦っている。必死の状態から幾度も生還してきた過去から時空治安関係者からは「地獄帰りの不死身野郎(ダイ・ハード)」「死なない一匹狼(アンデッド・ロンリー・ウルフ)」などの異名をとっている。実の両親とも「死んだ息子に似た時計屋」として会っているが、両親も過去に時空関連の事件に巻き込まれており(記憶は消されたが完全ではない)、薄々感付かれている模様。
アナ・ホーキンズ
コードネームはイーグルアイズ(鷲の目)。アメリカ合衆国西部開拓時代の女ガンマン。後にマーサ・ジェーン・キャナリーという本名である事が明らかになる。男性口調な上に気の強い性格で大樹とはしばしば反発するが、やがて任務上のパートナーとして、また異性として絆を深めていく。現代(彼女にとっては後世)にて西部劇で描かれる自身の姿にはかなり不服を抱いている。
第二部からは「未来屋」の共同経営者。変名として「アナ・キャナリー」と名乗っており、姓だけ本名に戻した形となっている。大樹と同様に「厄災の血しぶき(カラミティ・ブラッディ)」の異名をとるが、本人はその二つ名を嫌がっている。またクロノアイズ加入以前における西部時代の生活も、はしたない恥ずべきものとして認識しており、できれば仲間(特に大樹)には知られたくなかったかのような描写がされている。

第1部からの登場人物[編集]

クロノアイズ[編集]

西暦31000年相当の未来に存在する「時空監視機構」。時間移動を監視し、 タイムパラドックスの原因となる時間犯罪を阻止することが目的である。それぞれの時代に、その時代の人間から選出した駐在員を置いているが、その選出基準は「万が一命を落としても、歴史に影響を与えない人物である」こと[2]。本来はその時代で5人ずつ選出されるのだが、本作品中の事件ではハデスが大物犯罪者のため、各時代から犯罪者捕獲経験のあるものが招集された。未来世界では男性の出生率が低下した事で女性中心社会となり、メンバーは自然と女性が多く選出され、ロボットもごく当たり前に女性型に作られている。

クレオ
コードネームはウァジェトアイズ(蛇神の目)。18歳。古代エジプトの女性神官だがクレオパトラではない。おっとりとした性格ながらも芯はしっかり者でチームのまとめ役。適性検査によって指揮官の素質があるとされ、形式上のチームリーダーを務めている。最終的に大樹にリーダーの座を譲る。後に自身の故郷を救う為にある行動を起こし、それが大樹達にとっても大きな転換点となる。その際にクロノアイズの資格を失い、別の時間を過ごした為に25歳の姿となって大樹達の元へ戻った。
第一部の最終決戦の後は帰る場所が無い為、再びクロノアイズの一員となり、第二部では退屈丸と交際を始めたらしき描写がある。
日暮退屈丸(ひぐらし たいくつまる)
コードネームはホースアイズ(馬の目)。戦国時代末期~江戸時代初頭の浪人。35歳。就職活動中にスカウトされ、大樹が加入するまではチーム唯一の男性であった。普段は頼り無さげで、大樹の家で家事に勤しんでいるが、一度剣を手にすれば凄まじい太刀筋で敵を圧倒する。その正体は意外な人物であるが、当人はいくら剣の腕が立っても所詮は浪人(無職)であると言う事で、自身の素性にかなりのコンプレックスを持っていた。
ちなみに作中で若い頃大坂夏の陣に参戦したと言う過去の同一人物が登場しているが、史実において大坂の陣当時は32~33歳だったはずであり、正確には関ヶ原のあたりの年齢のハズ。
第一部の決戦後もクロノアイズを続けていて、第二部ではクレオ、ペルと共に太揮たちに協力した。
エルザ
コードネームはボーンズアイズ(化石の目)。原始時代の少女。外見年齢は12歳前後。言語自体が未発達の時代出身であるため、登場当初は殆ど言葉をしゃべることができなかった(相手の言っている事は全て理解できる)。その見た目とは裏腹に怪力の持ち主である。好物は合成で作られたまんが肉。彼女の正体もとんでもない存在であった。
第一部の決戦後は元の時代に帰り、故郷の族長となる。第二部では成長し(すぎ)た姿で登場した。
ペル14(フォーティーン)
遠未来のビメイダー(人造人間)。クロノダイバー「ペルセディア」の頭脳体。大樹達にはペルと呼ばれている。「14」は個体番号ではなく、心身の年齢設定が人間の14歳相当であることを示している。大樹に淡い恋心を抱いており、彼の目を気にして髪型を変えたりしていた。何故か大樹の家に居る時はセーラー服を着ている。
クロノス
31世紀のクロノアイズ本部に所属するクロノアイズの長官。理知的な女性。クロノスとはコードネームであり、パーソナルネームはルーダ・ミリオ。しかしこの名前も彼女の本名を指すのはない。彼女自身「時空の秘密」に関わる重要人物の後身である。

ハデスサイズ[編集]

第一部の敵。“冥王”ハデスを首領とする時間犯罪者の結社。それぞれ異なる理想(目的)を持つ時間犯罪者たちが集まり、歴史上の大きな転換点となる20世紀末から21世紀初頭にかけて揺さぶりをかけ、歴史を変化させようとしている。

ハデス
ハデスサイズの首領。普段は道化師のような仮面とローブで素顔を隠している。その身体はほぼナノマシンで構成された細胞レベルでのサイボーグであり、不死に近い寿命と驚異的な再生能力持つのと引き換えに、人間性を失いつつある。大樹からクロノアイズとタイムパラドックスの真実を聞かされ半狂乱に陥り、心身のバランスが崩れた結果、ナノマシンの機能が暴走して巨大な怪物へと変貌してしまう。
大樹とはあさからぬ因縁があり、それゆえ彼に執着する一面も見せている。
パペッティア
首領ハデス直属のビメイダー。所属不明のクロノダイバー「パペッティア」と様々なスペシャルドレス(追加兵装)を駆使する。
ペルなどの他のビメイダーとは異なり殺人ができる(偶然未来社会に迷い込んだ金子を殺害している)が、誰かに命令されない限り行うことはできない。
ビメイダーが迫害される暗黒時代の到来を防ぐべくある時代から送り込まれ、自分の「命令者」としてハデス(の前身)を選び、覇道をそそのかした張本人でもある。だが自分の思惑から外れ、暴走したハデスに吸収されそうになってしまう。
プロフェッサー・スパイディ
四大幹部の一人。科学者。全てが管理された未来世界を破壊するのが目的。スーパージェッターに登場する時間犯罪者スパイダーから名付けられた[3]
第2部ではドクター・スパイディと呼称され、「未来屋」の協力者としてカロス17のAIの性格設計をした。
ジャギィ
四大幹部の一人。ハンターを名乗る。グルメで、あらゆる種類の絶滅動物(または一時代限定の食品)を食べるのがハデスサイズに所属する目的。幹部の中でも極めて能天気で考えなしに行動するトラブルメーカー。やはりスーパージェッターの時間犯罪者ジャガーから名付けられている。
自他共に「学が無い」と認められるタイプだが、妹は出来が良いらしい。
侵略大帝
四大幹部の黒一点で全身鎧を着ている。恐妻家で、歴史を変えて「妻」の存在を消そうとしている。
よく似た同名の人物が『マップス』と『わかりすぎた結末 あるいは失笑した宇宙 もしくはキャプテン・オーマイガーの華麗なる挑戦』にも登場しているがこの3者は全くの別人である。また本作品以降にも『スタジオ秘密基地劇場』等にセルフパロディとして登場している。
第2部ではクロノアイズの極秘下部組織「地図作製人(マッパー)」において時間樹の学術的研究を行う傍ら、グランサーへの依頼人の仲介もしている(ルール違反)。妻との離婚も成立し、ナスターシャと婚約するが思わぬ方面から反対される。また、素顔は美男子であるという事実も明かされた。素顔の時は紳士だが、鎧を着用した際には三下っぽいハイテンションな性格に変わる。
千界の王との決戦の際に置いてけぼりを喰ったヒルダの連絡を受けて協力する。以後ナスターシャ、ニンニくんと共に「未来屋」の新メンバー(バックアップ)として参加する事となる。
スリーピィ
四大幹部の一人。首のない女騎士の姿をしたサイボーグ。時空の狭間でなくした自分の頭部を探している。
首が無い状態でどうやって思考しているかは不明だが身体の方は生身な為、鎧なしの状態だと不気味すぎて仲間内でも不評。変装時にはマネキンや(ラクガキ状態の)ズダ袋などの「ダミー頭部」を着けている。

民間人[編集]

キャサリン・キンネアド
どこかの国の日本大使の娘。本来の歴史では大樹と恋仲になるはずであり、アナ達は「大樹の死亡原因」と称していた。その事実は物語の全ての引き金に繋がっている。
金子良雄(かねこ よしお)
大樹の同級生。
作者の過去作品『轟世剣ダイ・ソード』の同名の登場人物とは同一人物で、長谷川裕一本人による自作品をクロスオーバーさせた同人誌『長谷川裕一ひとりスーパーロボット大戦 大外伝』の導入部では、は本作と『ダイ・ソード』の登場人物が共通の友人である金子の誕生日を祝っている。

第2部からの登場人物[編集]

未来屋[編集]

ヒルダ
時空犯罪者によってナチス・ドイツが21世紀まで戦争を続けている世界出身の少女。生体実験によって全身の約七割がサイボーグ化されている。世界の修正に来た大樹達に救われ、身寄りが無かった為に以降は未来屋の一員となる。第2部は主に主人公である大樹ではなく彼女の視点から描かれている。
収容所暮らしで経験がなかったためか料理は下手。
カロス17(セブンティーン)
「未来屋」の小型クロノダイバー(いわゆるタイムマシン、ちなみにクロノダイバーの個人所有は非合法である)。人間型と自動車型に変形する。戦闘プログラムは太揮の手によるものだがAIの性格設計は、元ハデスサイズのスパイディ。ゆえに太揮に優しくアナに冷たい。ゆくゆくはアナを追い出して自身が正妻の座におさまることすら考えている。後にバイク2台と自動車が合体するタイプに改造され、それに伴いAIも人間型のボディを持った。
グリーナム・ターンディック
タイキとアナのかつてのチームメイト。非常に高い技量をもつグランサー。自分の写真などを残すのが嫌い。実は、ある目的があって大樹達に近付いていた。

未来屋の協力者[編集]

ナスターシャ・キンスキー
未来世界の考古学者で、専門はジャパニメーション(アニメだけでなく漫画や特撮も含む日本発の文化の総称)。「世界中の子どもたちがジャパニメーションに触れて育ったことが世界大戦終結のきっかけ」という説を唱えている。「どこでもいっしょ」のトロの腹に「猫茸」と書かれた(「猫耳」の間違い?)着ぐるみを着ている。
学術調査の名目でカロスと同型のクロノダイバーを貸与されており。千界の王との決戦の際に置いてけぼりを喰ったヒルダの連絡を受けて協力する。以後侵略大帝、ニンニくんと共に「未来屋」の新メンバー(バックアップ)として参加する事となる。
後に「機動戦士ガンダムSEED DESTINYオフィシャルファイルメカ編」の巻末に掲載されたコラム漫画『SEED DESTINYを一刀両断』や、ヒーロークロスラインに連載された『スタジオ秘密基地劇場』にも、侵略大帝の相方として登場する。
ニンニ
未来世界の学生。ヒルダより年下だが飛び級している、いわゆる「天才少年」。歴史上の争いの元凶をさかのぼって行った結果、突き止めた原始人同士の喧嘩を収めて歴史を変えようとした。
千界の王との決戦の際に置いてけぼりを喰ったヒルダに半ば脅迫される形で協力する(ヒルダが連絡を取れる中で時空座標の解析ができそうなのは彼だけだった)。以後侵略大帝、ナスターシャと共に「未来屋」の新メンバー(バックアップ)として参加する事となる。

千界の王[編集]

千界の王(せんかいのおう)
第二部の敵であり、物語の黒幕。大樹が長年追い求めていた男にして、最大の時空犯罪者。法で禁じられている意図的な時間分岐を数限りなく行い、生まれた世界に腹心を置いて、彼方から支配していた。第一部の事件も彼の行動が引き金となって起きたものである。
彼の正体もまた「時の悪戯」とも言うべき意外な人物だった。
専用クロノダイバーは「ティアドロップ」。
パペッティア
人間とビメイダーが戦争を続けている時間枝“人形の巣”出身のビメイダー。第1部に登場したものとは同型の別個体。“人形の巣”におけるビメイダー側指導者のコピー体でおよそ1947体が送り出されたが、第一部の個体も含めてほぼ全ての個体が破壊された。

登場メカ[編集]

本作においては上記の通り、未来世界は女性社会であるという理由でいずれも女性型に設計されている。

ペルセディア
クロノアイズが所有する約120機の汎用型多目的時空間潜航機(クロノダイバー)のうちの1機。名称はギリシャ神話ペルセウスメディアから。6人乗りだが、ペル14ひとりでも動かせる。ただし戦闘行為を行うには人間が乗り込んで承認しなくてはならない。ディア1から5の5台の小型メカに分離でき、合体すると女性型の大型ロボットになる。また高速巡航形態「ペルペガス」に変形することも可能。大樹は「日本男児としては美女型ロボットで活躍するのは少し恥ずかしい」と、アニメに出てくるようなロボットの建造を申し出た事があるが、大金が掛かるので承諾されなかった。体内にレーザー砲や放電装置などの武装を内蔵しているが、特筆すべき装備は以下。
時空貫通弾(ディメンジョン・ペネトレイター)
打ち込んだ対象物に時空間を越えさせるエネルギー弾。
メデューサの瞳
短時間だが対象物を中心とした狭い空間(範囲内のレーザーや熱線などの電磁波や、爆発などの衝撃波も含む)の時間を停止(ないし極度に遅延)することができる。
パペッティア
ハデスサイズ側のクロノダイバー。基本的にビメイダーのみが搭乗する。ペルセディアの素体であるクロノダイバー「メディア」に類似しており、様々な装甲(ドレス)を装着して能力をカスタマイズする。パペッティアが装着したドレスは以下の通り。
白雪姫(スノーホワイト)
2100年代の宇宙開発時代のクロノアイズ向けに開発された空間機動戦闘用装備だが、ファウンデーションの防衛部隊にも配備されている。スカート部に搭載された無人攻撃機「セブンドワーフス」を用いてオールレンジ攻撃を行う。またペルセディアと同様の変形も可能。パペッティアが装着したものは可変機構を持たない代わりにセブンドワーフスが改良されていた。
ラプンツェル
対鉱物生命体用の装備。10万本の特殊合金製の「」で敵を切り裂く。
赤ずきん
パペッティア専用に作られたドレス。対クロノダイバー戦用に格闘戦能力と機動性を極限まで高めている。またリミッターが「壊れる」ことで狼型に変形する。

なお、パペッティアの技術をフィードバックすることで性能を高めたトーイ[4]を「デラックス・トーイ」と呼び、以下の機体が確認されている。

ウズメ
侵略大帝が開発した機体。極限まで軽量化したフレームに軟質素材の外装を付けている。後にクロノアイズに回収される。
サマンサ
スリーピィが開発した機体。高い再生能力を持つ。機体名の元ネタがテレビドラマであることが、第1部の単行本で示唆されている。

補足事項[編集]

  • 第2部連載中に掲載誌上のアオリに「(第1部の)アニメ企画進行中」と書かれたことがあるが、実現することは無かった。
  • 2005年に放送されたテレビアニメぱにぽにだっしゅ!』第25話に「コミケだけ見て翌年へ跳んでっ!」という張り紙があるシーンがあるが、これの元ネタは本作第2部作中での太揮のセリフである。この回には『マップス』の最終回が元ネタの張り紙も登場している。

脚注[編集]

  1. ^  第二部では両親が共にあるサブカルチャーに傾倒していたことが明らかになる。
  2. ^ 後にこれらの基準は時空犯罪者に狙われやすい「特定の人物が自衛できるようにする」と言う「含み」がある事が判明する
  3. ^ 『オタクの遺伝子 長谷川裕一・SFまんがの世界』
  4. ^ 時空犯罪者が用いるメカの俗称。一から開発した訳ではなく、未来世界でごく普通に流通している機械類を流用、ないし改造したもの。

関連項目[編集]