デボラ・スナイダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デボラ・スナイダー
Deborah Snyder
別名 Deborah Johnson (出生名)
職業 映画プロデューサー
活動期間 1990年代 -
配偶者 ザック・スナイダー(2004年9月25日 - )

デボラ・スナイダーDeborah Snyder)は、アメリカ合衆国の映画プロデューサーである。夫のザック・スナイダー監督の映画をプロデュースし、製作会社のクルエル・アンド・アンユージュアル・フィルムズを共同で設立した。出生名はデボラ・ジョンソンDeborah Johnson)である[1]

私生活[編集]

ザック・スナイダーとは1996年に出会い、2004年9月25日にニューヨークマンハッタンで結婚した[1]。夫妻は現在、カリフォルニア州パサディナに住んでいる[2]

キャリア[編集]

映画業界に入る前にはニューヨーク広告代理店の働いていた。1996年に映画のようなコマーシャルを作りたいと考え、リーボックのコマーシャルの監督としてスナイダーを雇う[1]。当時のデボラはコマーシャルの美術監督と付き合っていたが、後にスナイダーと結婚することになる[1]。1997年にテレビドキュメンタリーの『Talk to Me: Americans in Conversation』のプロデューサーを務めた[3]。2002年にデボラはニュージーランドでコマーシャルを製作するためにスナイダーを監督として雇い、撮影が終わると付き合い始めた[1]。2004年、両名はウェスリー・カラーと共にクルエル・アンド・アンユージュアル・フィルムズを設立した。

2007年、夫が監督するフランク・ミラーの同名コミックを原作とした映画『300 〈スリーハンドレッド〉』で製作総指揮としてクレジットされ、映画界でのキャリアが始まる[1]。2009年にアラン・ムーアの同名コミックを原作とした映画『ウォッチメン』で製作、2010年にキャスリン・ラスキーの児童文学を原作とした映画『ガフールの伝説』で製作総指揮を務める。

2011年、ザック・スナイダー初めてのオリジナル長編映画である『エンジェル ウォーズ』が公開となる。2013年には、クリストファー・ノーランとその妻のエマ・トーマスと共同でプロデュースした『マン・オブ・スティール』が公開される。

フィルモグラフィ[編集]

作品名 クレジット
2007 300 〈スリーハンドレッド〉
300
製作総指揮
2009 ウォッチメン
Watchmen
製作
2010 ガフールの伝説
Legend of the Guardians: The Owls of Ga'Hoole
製作総指揮
2011 エンジェル ウォーズ
Sucker Punch
製作
2013 マン・オブ・スティール
The Man of Steel
製作
2014 300 〈スリーハンドレッド〉 〜帝国の進撃〜
300: Rise of an Empire
製作

出典[編集]

外部リンク[編集]