山村辰雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山村 辰雄(やまむら たつお、1903年 - 1974年12月2日)は日本ヤクザ実業家広島県呉市出身の山村組組長。初代共政会会長。

広島抗争の中心人物の一人。映画「仁義なき戦い」シリーズでは「山守義雄」として描かれている。

呉・山村組結成[編集]

1903年(明治36年)広島県呉市に生まれる。18歳で呉市の酒梅組博徒・小早川静馬の盃をもらい、渡世入りを果たす。その後、阪神方面を流浪し浪速造船所の工員となる。

1944年(昭和19年)故郷の呉に戻る[1]

1946年(昭和21年)42歳の時、呉の顔役である海生逸一[2]の資金援助を受けて「土建業山村組」を立ち上げる[3]。海掃事業に乗り出す傍ら、博徒組織としても活動を始める。

主筋を持たない小さな博徒組織や愚連隊などが組員として集められた。若頭・佐々木哲彦[4]をはじめ、山本信二、大段茂、野間範男、鼻万三、新居勝巳[5]樋上実などみな一匹狼の博奕打ちか、チンピラのようなものであった。

企業活動は順風満帆で、経済基盤は徐々に拡大した。事業の追い風に乗って博徒組織としても上向き調子であった。ライバル土岡組幹部・大西政寛を籠絡し、ついには土岡博を殺害。呉の裏社会を牛耳るようになる。

若頭・佐々木哲彦の造反[6]により引退に追い込まれるも、小原組組員・門広一派による佐々木哲彦殺害[7]により復権を果たす。[8]以降呉は山村組が、広、阿賀は小原組が仕切ることとなる。

広島・山村組の誕生[編集]

1962年(昭和37年)5月 広島の岡敏夫が引退を表明、後継者に山村辰雄を指名する。

逮捕・そして晩年[編集]

昭和39年5月 山村組が中心となって連合組織「政治結社共政会」が発足する。初代会長に山村辰雄が就任するが、その地位は1年程しか持たなかった。[9]

昭和40年6月9日 弁護士を伴って広島東署を訪れ「引退」を表明する。しかし、会長の座を退いた後も山村は隠然たる影響力を持ち続け、完全にヤクザ社会から退いた訳では無かった。山村が完全に身を引いたのは昭和42年ころであった。[10]

昭和49年12月2日 71年の生涯を閉じた。

脚注[編集]

  1. ^ 戦後呉に戻ったという史料も存在する
  2. ^ 戦後広島ガスの利権を実弟に譲り、呉市内の興行界に進出。多数の映画館興行場を経営する。直属の組織を持たないために顔役と称されるが実際は長きにわたり呉に君臨した「ヤクザではないが実質はヤクザの親分」であった。山村組は実質海生組内山村組であり、小原馨組長の小原組は実質海生組内小原組である。
  3. ^ 東洋一の兵器廠と言われた呉には、膨大な旧軍の遺産が残されていた。スクラップは二十万トン、払い下げが行われた数年間は全国の業者が集まった。
  4. ^ 山村組を旗揚げ時に、山村組の顧問格だった谷岡千代松に「哲ッちゃん、あんた若者頭になってやってくれんか」と頼まれ、成行きのまま引き受けたという。佐々木の配下で坂根鉄郎が土岡博暗殺を実行した。次第に佐々木は山村組の中で力を付けていく。
  5. ^ 佐々木に反発した新居勝巳とその舎弟今田泰麿の資金源は覚せい剤であったが、佐々木は彼らを排除するため「ヒロポン禁止」の命令を出す。美能幸三の舎弟・山手辰巳を射殺したとして、佐々木から破門された今田は旧土岡組の波谷守之と手を組んで佐々木らを暗殺するべく呉中を探し回った。佐々木の子分・吉兼悟を拉致し、瀬戸内海の無人島に連れ出し、リンチを加えた後殺害したがやがて逮捕される。
  6. ^ 佐々木一派は新居勝巳殺害、さらに佐々木の勢力を恐れて山村が幹部に加えた野間範男を殺害し、反佐々木派を一掃する。さらには親分の山村をも駆逐しようとする。佐々木が山村を追い落とす決定的な要因となったのは、佐々木が短期刑で刑務所に入所中、佐々木の愛人に手を出したことにあると言われている。佐々木は、広島の岡組、打越組、呉の小原組、佐々木組の間で兄-舎弟の一斉盃を執り行い山村抜きの序列を定めることで山村を引退に追い込んだ。
  7. ^ 佐々木の天下は半年と続かなかった、1954年(昭和29年)に小原馨が散髪屋で殺害されて以来、組長不在だった小原組の跡目問題に干渉、これに小原組幹部・門広が反発すると佐々木一派は門を邪魔者として呉市広の新開町で襲撃する。奇跡的に一命を取り留めた門はその報復として、佐々木殺害を決意する。1959年(昭和34年)10月7日呉市中通りのビリヤード店から出てきた佐々木を門の配下・三宅譲と平本義幸がコルト45口径を7発発射し、殺害した。
  8. ^ 事件後、門が海生経営の興業クラブへ行くと「ようやってくれた、心配かけたのう、すまんのう」と、山村は門の手を握り感謝している。海生に「このたびの事件についてどう思うちょる?」と聞かれた山村は「ありがたいことじゃと思うちょります。わしは一生門らのめんどうを見ます」と答えている。当時、山村は広島に新しく出来る競艇場を買う予定だったらしく「ほいじゃけんのう、その売り上げの何割かを、お前の為に貯金しとくけん」と言っていた。事実、門らの裁判費用を海生と山村で負担している。
  9. ^ 頂上作戦により山口組田岡組長宅爆破事件で逮捕・起訴されるも保釈を勝ち得た山村だったが、今度は山村の経営する会社に税務当局の手が伸び、七千万円の脱税が指摘される。経済基盤に対する圧力には逆らえず、山村は企業を維持するために引退を表明する。
  10. ^ 田岡邸爆破事件の弁護を頼んだ藤堂弁護士に「君が本当にヤクザをやめて堅気になるなら引き受けてもよい」と言われ「引退しますけん」と答えている。藤堂は「もうひとつ条件がある、知り合いの医者が、身体障害者の医療施設を経営する財団法人を作ろうと金を集めているがなかなか出してくれる者がおらん。君が一千万円出してやれ、そうしたら弁護人になる」藤堂弁護士に言われ、山村は二つの条件を実行した。この医療施設は今でも立派に運営されている。裁判の過程で山村自身の病気も発覚している。今で言うアルツハイマー病である。向江弁護士の著書「無罪の記録」によると昭和48年の裁判記録にある妻・邦香の証言よれば、記憶力に障害があり、妻の顔も判らないとある。さらなる証言には金の価値もわからなかったという。

脚注における出典[編集]

  • 脚注1 実録「仁義なき戦い」外伝 血の抗争の鎮魂歌 洋泉社 2004年 ISBN 4-89691-716-2 p127
  • 脚注2 実録「仁義なき戦い」戦場の主役たち これは映画ではない! 洋泉社 1998年 ISBN 4-89691-302-7 p128
  • 脚注3 実録「仁義なき戦い」外伝 血の抗争の鎮魂歌 洋泉社 2004年 ISBN 4-89691-716-2 p158
  • 脚注4 実録「仁義なき戦い」戦場の主役たち これは映画ではない! 洋泉社 1998年 ISBN 4-89691-302-7 p165
  • 脚注5 実録「仁義なき戦い」戦場の主役たち これは映画ではない! 洋泉社 1998年 ISBN 4-89691-302-7 p165
  • 脚注6 実録「仁義なき戦い」戦場の主役たち これは映画ではない! 洋泉社 1998年 ISBN 4-89691-302-7 p166
  • 脚注7 実録「仁義なき戦い」戦場の主役たち これは映画ではない! 洋泉社 1998年 ISBN 4-89691-302-7 p167
  • 脚注8 実録「仁義なき戦い」戦場の主役たち これは映画ではない! 洋泉社 1998年 ISBN 4-89691-302-7 p59
  • 脚注9 実録「仁義なき戦い」外伝 血の抗争の鎮魂歌 洋泉社 2004年 ISBN 4-89691-716-2 p165
  • 脚注10 実録「仁義なき戦い」外伝 血の抗争の鎮魂歌 洋泉社 2004年 ISBN 4-89691-716-2 p165,166

映画[編集]

参考文献[編集]

  • 洋泉社MOOK 実録「仁義なき戦い」外伝 血の抗争の鎮魂歌 洋泉社 2004年 ISBN 4-89691-716-2
  • 洋泉社MOOK 実録「仁義なき戦い」戦場の主役たち これは映画ではない! 洋泉社 1998年 ISBN 4-89691-302-7