新仁義なき戦い 組長最後の日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
新仁義なき戦い 組長最後の日
監督 深作欣二
脚本 高田宏治
原作 飯干晃一
製作 日下部五朗
橋本慶一
奈村協
出演者 菅原文太
松原智恵子
尾藤イサオ
音楽 津島利章
撮影 中島徹
編集 市田勇
配給 東映
公開 日本の旗 1976年4月24日
上映時間 91分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 新仁義なき戦い 組長の首
テンプレートを表示

新仁義なき戦い 組長最後の日』(しんじんぎなきたたかい くみちょうさいごのひ)は、1976年昭和51年)4月24日東映で公開された日本映画。

併映は愛川欽也主演の『キンキンのルンペン大将』。「仁義なき戦いシリーズ」の番外編「新仁義なき戦いシリーズ」第三弾。

概要[編集]

新仁義なき戦いシリーズ最終作。深作欣二菅原文太のコンビが一番作りたかった作品といわれる。

ちなみに予告編のBGMに「新仁義なき戦い」、「新仁義なき戦い 組長の首」、「現代任侠史」、「仁義なき戦い 広島死闘篇」の一部が使われている。

ストーリー[編集]

菅原が日本最大の暴力団組長に果敢に挑む。仁義なき戦いシリーズでは主人公が組長に利用され翻弄される役割であったが、遂に暴れ犬文太の真骨頂をこの最終作で見ることができる。

キャスト[編集]

七人会(玄龍会を中心とする7つの組の連合会)[編集]

岩木組(北九州市若松) 岩木海事(運送、梱包、倉庫、荷役、通運)[編集]

河原組(尼崎市)[編集]

坂本組(モデル・山口組[編集]

米元組(大阪)[編集]

その他[編集]

スタッフ[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]