聖獣学園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
聖獣学園
Convent of the Sacred Beast
School of the Holy Beast
監督 鈴木則文
脚本 掛札昌裕
鈴木則文
原作 鈴木則文
沢田竜治
出演者 多岐川裕美
山内えみこ
谷隼人
音楽 八木正生
撮影 清水政夫
編集 田中修
製作会社 東映
配給 日本の旗 東映
公開 日本の旗 1974年2月16日
上映時間 91分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

聖獣学園』(せいじゅうがくえん 英題: Convent of the Sacred Beast 又は School of the Holy Beast)は、1974年2月16日公開の日本映画。91分。東映東京撮影所製作。多岐川裕美のデビュー作である[1]。併映は渡瀬恒彦主演『学生(セイガク)やくざ[1]。 

概要[編集]

修道院を舞台にしたエロティックバイオレンス多岐川裕美ヌードを披露する他、拷問シーンなど体当たりの演技を見せた。封切り当時は全くヒットせず[1]、忘れ去られた映画であったが、多岐川が清純派イメージで人気を高めていた1980年頃、かつてヌードになっているとメディアに取り上げられ再公開されたことでも有名[1][2][3]

製作[編集]

劇画原作について[編集]

1972年6月に当時の岡田茂東映社長が、多角経営を進めるべく[4][5]、映画会社で初めて事業部制を敷き[6][7][8]、映像関連の事業や映像とは全く関係のないサラ金[9]パチンコ屋[9]進学塾[4]葬儀屋[10]ラーメン店など[11]、社員に色々やらせた[4]。岡田自身が新規事業として一番意欲を燃やしたのが出版事業[8]1973年2月に創刊した『テレビランド』に次いで[8]、同年5月に岡田と徳間書店社長・徳間康快とで企画したのが成人向け劇画雑誌コミック&コミック』(『別冊アサヒ芸能・コミック&コミック』)であった[8][12][13]。岡田と徳間が構想したのが、映画監督劇画家を組ませた映画作品を映画化するという[1][12][14]メディアミックスを先取りした野心的な企画で[12][14]、創刊号に掲載された主要8作品のうち、3作品が東映の監督原作によるものだった(中島貞夫はフリー)[15]。東映は1960年代以降、岡田の指揮下で[12]エロ暴力を前面に押し出した"不良性感度路線"を突き進み、特異なエネルギーを放っていたが[12]、当時最も熱気があった劇画と東映映画の二つのサブカルチャーを強引に結びつける力業で創刊された『コミック&コミック』は読書にも歓迎され二十数万部を記録した[12]。1972年8月より梶芽衣子主演・伊藤俊也監督で篠原とおる作の劇画「女囚さそりシリーズ」が成功したことで、劇画を新しい映画の原作供給源と理解していた[12]

創刊号の工藤栄一原作『刺客(てろ)』(作画:藤生豪)、中島貞夫原作『ラブ』(作画:上村一夫)、石井輝男原作『猟(あさる)』(作画:キシもとのり)に続いて[15]、1973年8月8日発行の第5号から連載されたのが鈴木原作による『聖獣学園』(作画:沢田竜治)で[1][14][16]深作欣二長田紀生原作、作画:小山春夫による『女狼』は1974年5月29日号から)、同誌編集部から鈴木への注文は「不良女子高生もので必ず映画化可能のエロとバイオレンス満載で」という依頼であった[1][14]。鈴木は1972年から1973年に『恐怖女子高校シリーズ[17]を手掛けていて二番煎じでは知恵がないと、スタッフとの雑談の際に出た"修道院、神に仕える清純なシスター"というアイデアを元に、1961年のポーランド映画『尼僧ヨアンナ』などからインスピレーションを得て同作の原作を書いた[1]劇画というメディアは当時、若者たちの間で急速なブームとして受け入れられていた[1]。映画化は決定事項で[1]、監督は岡田の指名で鈴木に決まった[1]。プロデューサーの高村賢治は高円寺東映(高円寺エトアール劇場)の子息で[1]、この後鈴木と『トラック野郎シリーズ』を手掛ける。

多岐川のスカウト[編集]

ヒロイン・多岐川魔矢役をオーデションで探すがイメージに合う新人を現れず[1]。スケジュールがギリギリのとき、高村からの情報で東京駅近くでアルバイトをしている女子大生の美しい娘がいると聞いて会いに行き交渉[1]学芸会すらやったことがないと渋るが岡田茂東映社長と対面させ合格、正式に主役デビューが決定した[1][18]。岡田社長の所見は「佐久間良子のデビューの頃によく似ている。大いに期待できる新人なり」であった[1]。芸名は同作の役名・「多岐川魔矢」の多岐川と、鈴木が偶然開いた女性週刊誌の中にあった懸賞の一等入選者の名を見て、その運を貰うことを思いつき、合わせて多岐川裕美とした[1]。多岐川は当時山脇学園短期大学在学中であったが、東映入社で大学は中退している[19]

興行成績[編集]

1974年2月26日渡瀬恒彦主演『学生(セイガク)やくざ』との二本立てで公開された[1]。『学生やくざ』の方がA面であったが宣伝はフィフティフィフティであった[1]。「東映ポルノ路線」は1973年頃から営業成績が急落してはいたが『聖獣学園』は「想像できないほどの不入り」だった[20]。これを見た岡田社長は「ストリップ映画は所詮キワモノだよ!」と宣言し[16][21]「東映ポルノ路線」撤退の切っ掛けとなった[16][21](実際はこの後も細々と製作は続く)[22]

評価[編集]

多岐川のヌードがあまりにも有名であるが、作品自体も欧米カルトムービー化しているといわれる[23]。日本におけるナンスプロイテーション映画の古典と評されている[24]
1980年5月24日石井聰亙監督の『狂い咲きサンダーロード』が全国公開された際、同作がニュープリントでリバイバル同時上映され興行成績は健闘したといわれる[1]

逸話[編集]

監督の鈴木則文は1973年11月、東映京都撮影所から東京撮影所に転じて最初の作品であったが、封切り時の大惨敗で岡田社長からの指示で、ヒット作を作るまでは東京撮影所に残れと命じられる[25]。しかし翌1974年、岡田社長の企画『緋牡丹博徒』のカラテ版『女必殺拳』を製作(脚本を共作)[25]。同作は志穂美悦子主演で4本シリーズ化されたが、これは吹き替えなしの"女性アクションシリーズ"としては日本では元祖であり、また今日まで唯一となっている[25]。1975年からは『トラック野郎』シリーズで大いに当てる。
主演の多岐川裕美は本作以降、脱ぐことを拒否し東映作品を敬遠した[22]1976年放送されたNHK大河ドラマ風と雲と虹とで主役の加藤剛が演じる平将門の恋人・小督役を演じて以降テレビを主とし、1970年代後半に清純派スターとして売れっ子になったが[19][26]、本作でヌードになっていることが当時のメディアに報じられ、また所属事務所移籍問題などが出て世間を騒がせた[3]

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

  • 多岐川魔矢:多岐川裕美
  • 石田松子:山内えみこ
  • 青木健太:谷隼人
  • 北野久子:渡辺やよい
  • 中上ミカ:大谷アヤ
  • 渡辺洋子:城恵美
  • 丘珠枝:田島晴美
  • 中川道代:石田なおみ
  • 玉木季子:美和じゅん子
  • 水城良子:大堀早苗
  • 村越清江:村松美枝子
  • 冬木めぐみ:謝秀客
  • 小島紀久:竹村清女
  • 高波美恵:早乙女りえ
  • 上坂冬江:谷本小代子
  • 小笠原綾:森秋子
  • 菅野さち:山本緑
  • ナタリー・グリーン:衣麻遼子
  • ジャネット:マリー・アントワネット
  • 北野恵子:木村弓美
  • 天野君子:木挽輝香
  • 太田淳子:鈴木サチ
  • 篠原美智子:根岸京子
  • 松村定子:三原葉子
  • 村川神父:山田甲一
  • 田中:田中小実昌
  • 政美:小林千枝
  • みどり:章文栄
  • 亀田辰平:太古八郎
  • 柿沼信之:渡辺文雄

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 鈴木則文『東映ゲリラ戦記』筑摩書房、2012年、129-141頁。ISBN 978-4-480-81838-6
  2. ^ 『ぴあシネマクラブ 邦画編 1998-1999』ぴあ、1998年、392頁。ISBN 4-89215-904-2
  3. ^ a b 日刊ゲンダイ|「裸はイヤ」と連ドラを降板した多岐川裕美p1p2p3
  4. ^ a b c 文化通信社編『映画界のドン 岡田茂の活動屋人生』ヤマハミュージックメディア、2012年、12-36、74-81頁。ISBN 978-4-636-88519-4
  5. ^ 竹入栄二郎「映画40年全記録」『キネマ旬報増刊』1986年2月13日号、キネマ旬報社、 15頁。「映画街」『シナリオ』1973年4月号、日本シナリオ作家協会、 86頁。「東映『商事部』の新設決める スーパーマーケットの経営に進出」『映画時報』1974年8月号、映画時報社、 12頁。
  6. ^ 岡田茂〈ドキュメント東映全史〉 1971-1972」『クロニクル東映 1947 - 1991』2、東映、1992年、52-59頁。
  7. ^ “東映機構改革と大巾人事異動 本部制から事業部制への移行”. 週刊映画ニュース (全国映画館新聞社): p. 4. (1972年6月17日) 「匿名座談会 ヘンシンを余儀なくされる映画産業の構造 ゴルフ場経営まで 総合レジャー産業に発展 儲かるものなら何でもの岡田方式 映像中心にあらゆる職種に進出」『映画時報』1972年11月号、映画時報社、 7 - 9頁。「警戒警報の諸問題 安定ムードのなかの危機 邦画界の最新情報 岡田社長を先頭に年々業績が向上の"映画"の東映」『映画時報』1973年10月号、映画時報社、 16頁。「東映にできた『何でもやる課』」『週刊新潮』1972年6月3日号、新潮社、 13頁。沿革”. 東映. 2019年1月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月18日閲覧。数字で見る東映”. 東映. 2019年7月17日閲覧。
  8. ^ a b c d 岡田茂(代表取締役社長)・福中脩(国際部長代理)・布施建(教育映画部企画部長)・矢沢昭夫(人事部次長)・今井均(宣伝部宣伝課長代理)・青木洋一(コンピューター部課長代理)「―今月のことば― "東映NN計画"(東映全国事業網拡大計画)/東映NN計画 "おはようございます"社長」『社内報とうえい』1973年2月号 No.172、東映株式会社、 2-11頁。渡邊亮徳 (取締役テレビ事業部兼テレビ企画営業部長、テレビ関連事業室長)・飯島敬(テレビ関連事業室課長)・泊懋(テレビ企画営業部次長)・渡辺洋一(テレビ企画営業部次長兼テレビ関連事業室次長)「テレビ事業部" もーれつでいこう"」『社内報とうえい』1973年2月号 No.172、東映株式会社、 12-16頁。「《東映グループの動き》 五月三〇日に創刊した劇画雑誌『コミック&コミック』(前号既報)の売れ行きについて―」『社内報とうえい』1973年6月号 No.176、東映株式会社、 12頁。
  9. ^ a b 「東映直営『四百台勢ぞろい』 新潟パチンコ店」『週刊新潮』1972年11月25日号、新潮社、 15頁。
  10. ^ クロニクル東映 1991, pp. 152-59.
  11. ^ 「NEWS MAKERS 東映が清純派路線をうちだした背景」『週刊ポスト』1973年8月17日号、小学館、 44頁。
  12. ^ a b c d e f g 大塚英志『二階の住人とその時代-転形期のサブカルチャー私史』星海社、2016年、80-83頁。ISBN 9784061385849
  13. ^ コミック & コミック”. 国立国会図書館サーチ (2016年9月18日). 2019年7月17日閲覧。
  14. ^ a b c d 杉作J太郎・植地毅(編著)『東映ピンキー・バイオレンス浪漫アルバム』徳間書店、1999年、105-106、247頁。ISBN 4-19-861016-9
  15. ^ a b 「目次他」『コミック&コミック』1973年6月13日号、徳間書店、 1、90–93頁。
  16. ^ a b c 映画秘宝』、洋泉社、2009年9月、 99頁。
  17. ^ THE 恐怖女子高校/ラピュタ阿佐ケ谷
  18. ^ 志穂美悦子さん、海外映画祭で空手の相手に…岡田茂氏死去 - スポーツ報知(archive)
  19. ^ a b 『日本映画俳優全集・女優編』キネマ旬報社、1980年、414-415頁。
  20. ^ サンデー毎日』1974年3月24日号、40頁
  21. ^ a b 杉作J太郎・植地毅(編著)『東映ピンキー・バイオレンス浪漫アルバム』徳間書店、1999年、252頁。ISBN 4-19-861016-9
  22. ^ a b 「東映不良性感度映画の世界」『映画秘宝』、洋泉社、2011年8月、 61、66。
  23. ^ 第29回ぴあフィルムフェスティバル(PFF)公式サイト映画の極意vol.5<鈴木則文/エンタテインメントの極意
  24. ^ Tobias, Scott. “House” (英語). Film. The A. V. Club. 2019年3月26日閲覧。
  25. ^ a b c 鈴木則文『東映ゲリラ戦記』筑摩書房、2012年、142-153、177。ISBN 978-4-480-81838-6
  26. ^ 『サンデー毎日』1980年3月16日号、30-31頁

外部リンク[編集]