ストリートファイターII MOVIE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ストリートファイターII MOVIE
映画
監督 杉井ギサブロー
制作 グループ・タック
封切日 1994年8月6日
上映時間 102分
ゲーム:ストリートファイターII ムービー
ゲームジャンル インタラクティブ・ムービー
アドベンチャーゲーム
対応機種 PlayStation[PS]
セガサターン[SS]
開発元 カプコン
発売元 カプコン
メディア CD-ROM2枚
プレイ人数 1 - 2人
発売日 PS:1995年12月15日
SS:1996年3月15日
テンプレート - ノート

ストリートファイターII MOVIE』(ストリートファイターツー ムービー、STREET FIGHTER II MOVIE)は、アーケードゲームスーパーストリートファイターIIX』を原作としたアニメーション映画である。1994年8月6日公開。配給は東映配給収入7億円[1]。英語版タイトルは『Street Fighter II: The Animated Movie』。

また、このアニメ映画を基に、PlayStationセガサターンで発売されたゲームソフトのタイトルでもある(ゲーム版の節を参照)。

本作のタイトルロゴは『スーパーストリートファイターII』の「SUPER」の部分を「MOVIE」に差し替えたものが採用されている。

概要[編集]

本作はオリジナルゲーム版の発売元であるカプコンの自社製作にて、家庭用版『スーパーストリートファイターII』の発売と併せて劇場公開された長編アニメーション映画。単館上映ながら配収7億円とスマッシュヒットを記録。篠原涼子の歌う挿入歌「恋しさと せつなさと 心強さと」もダブルミリオンセラーの大ヒットを記録している。

当初監督は池田成と発表されたが諸事情により降板、後任は杉井ギサブローとなった。成り行きで監督を務めることになった杉井だが、プロデューサーの今井賢一が『ストリートファイターII』を何年もかけてアニメ化しようとしていたことを聞き、乗り気になったという経緯がある[2]

ストーリーには関わらないが、豪鬼が一瞬だけカメオ出演しており、後年1995年のアニメ『ストリートファイターII V』にもモブキャラクターに混じって背景に登場している。

ストーリー[編集]

格闘家・リュウサガットを打ち破ってから数年後。犯罪シンジケートシャドルーの魔の手が世界中に及び、各地でテロ活動などが相次いでいた。事態を重く見たインターポールアメリカ空軍と協力し、シャドルーの壊滅作戦へと動き出す。一方、シャドルーの総帥たるベガは優れた格闘能力を持つ素体を見つけるために、「モニターサイボーグ」なるスパイロボットを各地へ配置していた。その最も有力な標的は、「自分より強い奴に会う」という目標を抱え、流転の旅を続けながらストリートファイトに励むリュウであった。

登場人物[編集]

リュウ
本作の主人公で日本のストリートファイター。寡黙な人物だが内は熱く、不器用ながらも優しさを見せる。トレードマークの赤いハチマキは修業時代にケンから譲り受けたもの。
3年前にサガットを倒したことから、ベガに狙われることになるが各地を転々としているので捕捉されていない。本田との修業中、ベガに洗脳されたケンと戦うが正気に戻ったケンと共にベガを倒す。
ケン
リュウの同門の親友でライバル。リュウとは逆に明るい性格で故郷アメリカで有名なストリートファイターになっている。
リュウとの決着を望みながらも再会できずにいることから、ストリートファイターを引退し、イライザと結婚しようとするが、その直後にベガに敗北し、洗脳される。洗脳状態でリュウと戦うが正気に戻った後、リュウとのタッグでベガを撃破した。
春麗
インターポールの捜査官。父の仇であるベガの打倒を誓いながらも復讐心だけでなく、シャドルーから世界を守るためにも米軍と協力し、ガイルも説得する。
バルログとの戦いで重傷を負うがシャドルー壊滅後、意識を取り戻す。なお、劇中ではシャワーシーンも存在する。
ガイル
アメリカ空軍の軍人で階級は少佐。親友ナッシュの仇であるベガを1人で倒そうとしているためインターポールとの共闘を拒むが、同じようにベガへの復讐心を抱きながらも世界を守らんとする春麗の説得に心打たれ、インターポールに協力。
シャドルーがケンを連れ去ったことを知るとリュウに接触し、現地でベガと交戦するも敗北。シャドルー壊滅後、春麗と勝利の喜びを分かち合う。
エドモンド本田
リュウと同じく、日本のストリートファイター。インドでリュウと出会い、彼の修行に付き合う最中、バイソンと対決。バイソンと共に崖下に落下してしまうもリュウとケンがベガを倒した直後、ガイルとバイソンを担いで現れた。
ダルシム
インドのストリートファイター。現地で本田と対戦し、ヨガの力で本田を追い詰めるも近くにいたリュウの秘めた力に気を取られているところを本田に反撃されて降参する。
ブランカ
ブラジルのストリートファイター。シャドルーのカジノでザンギエフと対戦する。
ザンギエフ
ロシアのストリートファイター。シャドルーのカジノでブランカと対戦する。
フェイロン
人気アクションスターでストリートファイター。蘇州でリュウと対戦・敗北。リュウがサガットを倒した伝説の人物であることを思い出した後、リュウにサガットがシャドルーに加わったことを伝える。
ディージェイ
ミュージシャンでもあるストリートファイター。自分の音楽にケチをつけたストリートギャングを叩きのめした後、春麗とガイルから「シャドルーに狙われているので気をつけろ」と忠告される。最初は笑うも近くにいるモニターサイボーグの存在を知らされると考えを改める。
サンダー・ホーク
メキシコのストリートファイター。強い相手を求めて、アメリカの港町でケンに挑戦。ケンが最初はストリートファイターを引退する気でいたことから優位に立つもサンダー・ホークの力に心動かされたケンの反撃の昇竜拳で敗北。波動拳でトドメを刺されそうになるが中断される。
リュウの名も噂で聞いていた。
キャミィ
英国情報部の一員。ベガの洗脳により、過去3年間の記憶を奪われており[3]、要人暗殺のための殺人兵器と化す[4]
セラーズ法務大臣の暗殺を成功させながらも暗殺直後、VIPに拘束。春麗に取り調べを受けるが洗脳中の記憶を失っていた。
イライザ
ケンの恋人。ケンからのプロポーズに戸惑いながらも「考えておく」と告げる。エピローグではリュウと会話を交わすケンを迎えに来た。
師匠
リュウとケンの師匠。声のみの登場。後年の作品でリュウたちの師匠の名は「剛拳」と明らかになっているが、本作では名前は出ず、ゲーム本編での登場も2008年の『ストリートファイターIV』になってからである。
インドの少女
リュウがインド・カルカッタで遭遇した少女。病気の母親と2人暮らし。ミルクを買って帰る途中、リュウとぶつかってミルクをこぼし、リュウから与えられた金でミルクを再度購入する。余った金を返しに行く途中、シャドルーの暗殺者とぶつかって倒れながらもリュウに金を返し、彼に見送られながら病院に搬送された。
マイク・バイソン
シャドルーのメンバー。元はプロボクサーだったが凶暴な性格からボクシング界を追放された過去を持つ。
ベガとケンと共にリュウの許に赴いた際、本田と対決、両者もみ合って崖に転落するが本田に助けられる。
バルログ
シャドルーのメンバー。元はスペインの格闘家で狂える毒蛇の異名を持つ。追い詰めたウサギの皮をじっくりとはいでいく思考の持ち主。
ベガの命により、春麗と対決。優位に立ちながらも春麗の猛攻に押されていき、両足蹴りでマンションの下に落下・敗北した後に逮捕される。
サガット
シャドルーのメンバー。元はタイの格闘家でムエタイの王者。リュウに敗北した後も国民からは英雄として慕われている。
リュウに敗北したことが元で力を求め、シャドルーに加わるも格闘家の矜持は捨てておらず、リュウとの再戦を望むもベガに却下されて、バルログとキャミィの始末を命じられる。以降の出番はないために消息は不明。
科学者[5]
シャドルーの科学者で小柄な老人。開発したサイボーグをベガに紹介し、ベガの命令でリュウを発見させるためにモニターサイボーグを大量に製造する。
ベガ
シャドルーの総帥。優秀なストリートファイターをサイコパワーと専用の装置で洗脳することで暗殺者に仕立て上げていき、リュウも配下に加えようとする。
リュウとケンのタッグが復活した際には「格闘家として相手になる」と宣言して、マントを脱ぎ、サイコパワーも使わず、二対一の戦いを展開。互角以上の力を見せるもリュウとケンの双竜波動拳に吹き飛ばされて、VTOLと衝突して爆発に巻き込まれるが、エピローグではトラックに乗ってリュウに襲い掛かり、それをリュウが迎え撃つシーンでエンディングに入る。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌・挿入歌など[編集]

主題歌
恋しさと せつなさと 心強さと」(歌:篠原涼子 with t.komuro
挿入歌
「CRY」(歌:BIG LIFE
「傷つきながら熱くなれ」(ALPH-LYLA
エンディングテーマ
GooD-LucK」(歌:篠原涼子 with t.komuro)

関連商品[編集]

書籍[編集]

映画原作 ストリートファイターII
1994年8月に小学館てんとう虫コミックススペシャルから発売。坂井孝行の作画によるコミカライズ作品。
映画 ストリートファイターII
1994年9月に小学館スーパークエスト文庫から発売。著:富田祐弘、イラスト:坂井孝行、原作:カプコンによるノベライズ作品。
STREET FIGHTER II MOVIE 映画資料全集
1994年10月に小学館から発売。キャラクターや背景の設定画・原画、レイアウトなどを収録。
映画「ストリートファイターII」 華麗なる春麗の世界
1994年11月に徳間書店から発売。春麗を中心とした描き下ろしセルアート、映画の名場面集、設定・原画集、監督インタビューなどを収録。
完全保存版 ストリートファイターII ザ・ムービー パーフェクトアルバム
1994年11月に講談社から発売。キャラクター設定画、ストーリー紹介、監督インタビュー、絵コンテ集などを収録。
STREET FIGHTER II MOVIE 絵コンテ集
1994年12月にムービックから発売。

その他[編集]

カードダス ストリートファイターIIスペシャル
バンダイから1994年発売。「スーパーストリートファイターII X」とのセット。劇中の場面が描かれていた。
ハイパーストリートファイターII 〜アニバーサリーエディション〜
PlayStation 2版に映像特典として本編映像が収録されている。ただしゲームソフトの一部としての収録のため、春麗のヌードシーンなどはソニーのガイドラインに沿って編集されている。

映像ソフト[編集]

VHS/LD(廃盤)は1995年にソニー・ミュージックエンタテインメント、DVDは2000年にSMEビジュアルワークス(現:アニプレックス)よりそれぞれ発売。本編のほか劇場予告/関連商品告知なども収録。DVDのみ1995年にVHSで発売された「ストリートファイター2 ザ・ヒストリー」が映像特典で収録。

Blu-rayは2016年にDiscotek Mediaより北米正規版にて発売。日本語/英語同時収録の他、劇中スコアのみといった音声も収録。本編はVHS/LD/DVDではエンドロール後に切れていた『STREET FIGHTER』の字幕告知も収録した劇場公開オリジナル版をHDリマスターで初ソフト化。劇場予告や下記ゲーム用オリジナルムービー、設定資料なども映像特典にて収録。2020年時点日本国内未発売。

2018年カプコンより日本国内各社の映像ストリーミングサービスにてHDリマスター版を配信開始。

ゲーム版[編集]

ストリートファイターII ムービー』として、1995年12月15日PlayStationで、1996年3月15日セガサターンで、それぞれカプコンから発売された。当初は3DO版も発売される予定だったが、発売中止となった。なお、アーケードゲームの『ストリートファイター ザ・ムービー』とは別物。

プレイヤーは闇の秘密結社「シャドルー」が開発したモニターサイボーグに戦闘能力を身に付けさせた新型のバトルサイボーグを操り、アニメ映画を基にしたムービー映像から、世界中の格闘家たちの戦いの様子を「サーチ」してその能力を成長させ、最終的に伝説の格闘家「リュウ」と対決するのが目的。サーチに成功すると、例えば蹴り技を繰り出しているシーンならば「キック」の能力が上昇するなど、場面に対応した能力を自動的に抽出し成長していく。1ステージ中でサーチできる回数には制限があり、残り回数が0になるとそのステージ内ではそれ以上記録できなくなる。

育成シミュレーションゲームのように進行させていくが、リュウとの対決時のみ対戦型格闘ゲームのように実際に戦うことになる。『スーパーストリートファイターII X』と同じくスーパーコンボゲージの存在するバトルシステムで、それまでに成長させた能力によって、実際にサイボーグを使用した時の性能に影響が出る。サイボーグの必殺技は「波動拳」、「昇龍拳」、「竜巻旋風脚」、スーパーコンボの「昇龍裂破」が使用可能と、ケン・マスターズの技構成がベースとなっている。

育成したサイボーグの能力はセーブデータとパスワードで記録され、リュウの仮想イメージとの模擬戦や、パスワードによるサイボーグ同士の2P対戦も可能となっている。

この他、映画に登場したキャラクターたちのデータを見られる設定資料モードも搭載している。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「1994年日本映画フリーブッキング作品配給収入」『キネマ旬報1995年平成7年)2月下旬号、キネマ旬報社、1995年、 155頁。
  2. ^ 吉田豪 杉井ギサブローを語る”. miyearnZZ Labo (2016年11月4日). 2018年11月25日閲覧。
  3. ^ 『STREET FIGHTER II MOVIE 映画資料全集』小学館、66頁。
  4. ^ B-CLUB Vol.103』株式会社バンダイ、1994年6月15日、32頁。 
  5. ^ エンディングテロップでは「老人」と表記。

関連項目[編集]