ネオジオフリーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ネオジオフリーク』(NEO・GEO FREAK)は、芸文社から発行されていた月刊ゲーム雑誌

概要[編集]

1995年5月に創刊。ほとんどネオジオ及びSNK(旧社)に関する話題だけで構成されていた。5年半に及ぶ長期の発刊となった。

新声社の月刊誌『ゲーメスト』とともにネオジオ人気を支えてきたが、対戦格闘ゲームの凋落が見えてきた2000年11月に発売された12月号をもって休刊した。当時のSNKはアルゼの子会社になり、休刊の発表直前にはアーケードゲーム開発の縮小を発表したばかりで、急激に経営危機の様相を露呈し始めていた[注釈 1]。休刊後、一部の攻略ライターは後にエンターブレインへと移り、旧『ゲーメスト』の編集者と共にアーケードゲーム専門雑誌『月刊アルカディア』の発刊に携わった。

その後、ソフトバンククリエイティブ発行の『ドリマガ』(現ゲーマガ)の2005年3月号より、『ネオジオフリーク』という連載が掲載されていたが、SNKの知的財産権を競売落札で引き継いだ元子会社のSNKプレイモア(のち2代目SNK)のファンページという以外は無関係。

またネオジオフリーク創刊以前にはSNKから「ネオジオクラブ」と言う広報誌を1994年まで合計18号発行しており、『マイコンBASICマガジン』では「ネオジオクラブ出張所」も連載されていた。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ その後SNKは、翌2001年10月30日に大阪地裁から破産宣告を受け倒産した。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]