ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ (2012年のアニメ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ > ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ (2012年のアニメ)

ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ』は、2012年9月29日から2017年11月12日までニコロデオンで放送されたテレビアニメのシリーズである[1]。全124話。

本作は1984年に出版されたケヴィン・イーストマンピーター・レアードによる漫画『ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ』を原作としており、ニコロデオンが4KIDSTV(旧:Fox Box)とミラージュ・スタジオから権利を取得したことによりテレビアニメ化が実現した。

日本では「ミュータント タートルズ」のタイトルでテレビ東京系列において2014年4月4日から9月26日までシーズン1の全26話のみ放送された。その後、2015年9月よりAmazon.comプライムビデオからシーズン1の全26話分が配信開始され、以降のシーズンの配信も予定されている。 また、2017年5月18日から2019年9月14日までの期間には、ディズニーXDにて全シーズン分が放送された。

内容[編集]

従来のアニメシリーズとは異なり、フルCGアニメーションとなっているため、デザインが今までと大きく異なっている。また、怒りマークをはじめとする漫符の多用といった日本の漫画から影響を受けた演出がある一方、驚いたときに雷のマークが発生する点についてはコンピュータゲーム『バットマン:アーカム』シリーズからの影響を指摘する意見もある[2]。瞳が描かれていたり(ただし白目になることもある)、ピザ好きという設定が強調されるなど、1987年版を思わせる要素も含まれているほか、声優によるアドリブなどもある。一方で、従来のシリーズにおいてエイプリルが大人の女性として描かれていたのに対して本作ではティーンエイジャーとして描かれているほか、ミケランジェロとドナテロの武器が若干変わっている。シーズン1は全体的にコミカルな話が多かった一方、シーズン2以降からシリアスな話や怖い話が増えた。

登場人物[編集]

タートルズのメンバー[編集]

本作での品種はキスイガメ(diamondback terrapin)となっている。また首・手足の出し入れも可能(1987年版でもたまに首を出し入れしているシーンが存在する)。 声は:英語版/日本語吹き替え版の順。

レオナルドLeonardo
声 - ジェイソン・ビッグス[3]、ドミニク・カットラムボーン(シーズン2)、セス・グリーン(シーズン3)/関智一
長男。タートルズの最年長リーダー。瞳の色は青。一人称は「俺」。1987年版や2003年版同様に真面目な性格である一方、他のメンバーとじゃれ合ったり軽口や冗談を言うなど年相応の明るさや感情も持つ。
テレビアニメのヒーローに憧れており、リーダー選出の際は率先して立候補するほどのヒーローオタクである。格好つけようとして他の3人から突っ込まれることも多い。
地上に出たばかりの頃は指示を聞いてもらえない等、リーダーとしてはまだまだ実力不足なところが目立っていたが、後に一人でクランゲ皇帝に立ち向かい、他のメンバーの身を守るまでにリーダーとしての成長を遂げた。一方で機械関係には疎い。
シュレッダーの娘でフット団のくノ一・カライに心を惹かれ、彼女に特別な感情を抱くようになる。
ラファエロRaphael
声 - ショーン・アスティン[3]/伊藤健太郎
次男。タートルズのサブリーダー。 4人の中で最もがっしりした体格をしている。瞳の色は緑。甲羅や鉢巻、胸などに傷がある。一人称は「俺」または「俺様」。
短気な性格で口が悪く、好戦的で考えなしに行動するため、レオナルドと言い合いになることも多い。一方で、ペットとして飼っている亀のスパイクに愛を囁くなど意外な一面がある。またミケランジェロとはよく喧嘩しているものの、落ち込んでいる彼を励ましたり、他の誰かがミケランジェロを傷付けようとすると「マイキーを殴って良いのは俺だけだ!」と発言するなど憎からずも思っている。
ゴキブリが大の苦手であり、パニックのあまりゴキスパイを殺しそうになったことで、ミュータント化したゴキスパイから付け狙われる原因を作った。お風呂にあまり入っていない。
フィッシュフェイス(ゼバー)とはライバル同士であるが、2人で共戦してバクスター・ストックマンを倒したことがある。
今作ではサイは後ろに装備してある。
ドナテロDonatello
声 - ロブ・ポールセン[3]/土田大
タートルズの頭脳。三男。4人の中でも一番背が高く細身の体型。瞳の色はブラウンで、前歯が一本欠けている。一人称は「僕」。
1987年版や2003年版同様に発明を得意としており、チームの頭脳としても活躍する。一方で危険な状況でも回りくどい説明をすることが多いため、他の3人から半ば呆れられている。また、レザーヘッドが暴走する度に必ず顔を掴まれるなど4人の中では損な役回りになることが多い。
偶然街で見かけたエイプリルに一目惚れをして以来アプローチを繰り返しており、うまくいかないものの彼女からは強く信頼されている。T-フォンの電話をかけてもらう、メールを送ってもらう、怪我の手当てをしてもらうなど彼女と一緒にいる場面が見られるほか、クランゲ皇帝からエイプリルを救出した時、彼女から「私のヒーローね」と告白された。
武器は鉈を仕込んだ六尺棒だが、ハイテクメカを使うクランゲ相手に不適切だと考え、究極の武器を作ろうという考えからメタルヘッドを作成した。メタルヘッド機能停止後は六尺棒に戻ったが、その後も煙玉などを発明している。
相手を強く思う気持ちがあり、バラバライザー(ティモシー)のことを気に掛ける優しい一面を持つ。その反面、実験中や発明中に話しかけられたり邪魔されたりすることを嫌がり、他の3人(特にミケランジェロ)に対してヒステリックに怒るなど短気な一面も持つ。
ミケランジェロMichelangelo
声 - グレッグ・サイプス/山口勝平
末っ子。タートルズメンバーの最年少。4人の中で一番小柄で丸みを帯びた体型をしている。瞳の色は青で、そばかす顔が特徴。一人称は「僕」。下水道にある素材でのゲテモノ料理や相手に名前を付けるのが趣味。
1987年版や2003年版同様ピザが大好きでマイペースで非常に明るく、とぼけた性格をしている。良く言えば純粋で悪く言えば子供じみた言動が目立つトラブルメーカーのため、他の3人や師匠のスプリンターから煙たがられるが、憎めないところもあり本気で嫌われることはない。
忍者にしては騒がしい性格をしている一方、直感と発想力に長けており、時折無意識に鋭い発言をして周囲を驚かせたり、窮地を救ったこともある。何故かやたらと敵に狙われることが多く、それを利用して囮役をやらされることがある。「ブヤカシャー!」が口癖。
鎖鎌の仕込まれたヌンチャクが武器。

タートルズの仲間[編集]

ヨシ・ハマト / スプリンター(Hamato Yoshi / Splinter
声 - フン・リー/菅生隆之
1987年版に準じ、日本で武術の修行を積んだ元人間「ヨシ・ハマト」という設定。今作は過去のシリーズとはデザインが異なり、色黒で身長が高い。
ペットショップで購入した4匹の小亀(後のタートルズたち)と共に居合わせた謎の男たちが持っていたミュータジェンを被ってしまい、ネズミのミュータントに変身してしまう。
かつてシュレッダーの悪口を並べた挑発に乗ってしまい、妻子を巻き込み死なせてしまったことを後悔している。
クランゲとの最終決戦でさらわれたエイプリルを救出するために、自らシュレッダーがいる基地に向かう。そこで襲い掛かったフット軍団やドッグボッコとフィッシュフェイスを撃退する。彼らを倒した後、捕まったエイプリルを救出しようとするがホログラム映像で罠だった。ついに宿敵シュレッダーと再会し、因縁の決着をつけるために彼と一騎討ちをする。最初は宿敵のシュレッダーによって言葉巧みに圧倒され、更に死んだはずの娘ミワが生きていたこと、シュレッダーに誘拐されていたことが判明した。ネズミのミュータントの特性を活かした素早い動きと攻撃でシュレッダーを圧倒し、止めを刺そうとした時、自分に攻撃を仕掛けてきたカライが現れ、15年間生き別れた実娘ミワであることに気が付いた。娘が生きていることに安心して彼女を攻撃せず、戦意を喪失しそのままシュレッダーの基地を後にして去って行った。クランゲとの戦いが終わった後、レオナルドにシュレッダーとの決戦で知った事実を話そうとするが、いつか話すと言い自分の心の中に仕舞い込む。
普段は厳格であり、タートルズがシュレッダーに襲われる夢を見た際は、外出を一切禁じ稽古漬けにしたり(この時は負担をかけ過ぎたと判断したのか後に謝罪した)、修行により制限したことを怠ったとの理由により、敵の攻撃手段の事情にも関わらず全員の武器を没収することもあった。
一方で、初期は状況を解説したり、早い決断を下すなど気さくな面があり、タートルズを自分の息子、エイプリルを自分の娘のように思っている。
エイプリル・オニール
声 - メイ・ホイットマン/志田有彩
これまでの作品とは異なり、タートルズと同年代の少女として登場。科学者である父とともにクランゲに攫われてしまうが、タートルズに救助された。だがドナテロが救出に向かった際、父と離ればなれになってしまった。救出後はおばのもとに身を寄せており、タートルズとも交流するようになる。母は既に亡くなっている。
直感力に優れており、その才能を見込まれてスプリンターからくの一の修行を受けることになり、自分専用の武器である扇子を授かる。
クランゲから「特別な人間」という理由で狙われている。自分を狙いに来たカライと交戦し、彼女との激闘の末勝利した。数学が苦手らしく、成績は落第寸前。人間なのにドナテロと一緒に下水道で発見した「クランゲ水」がかかってもなぜか体が溶けなかった。
地上でシュレッダーに狙われるようになったため、スプリンターの判断によってタートルズが住む下水道の隠れ家に住むようになる。くの一修行と銘打って、時々は下水道の外へスプリンターが連れて行くこともある。後にドナテロを含むタートルズがクランゲの基地から父を無事に救出したので再会できた。タートルズがクランゲとの最終決戦に行っている間、洗脳された父に下水道とは別の場所に連れられ、カライ率いるフット軍団にさらわれ、クランゲに引き渡されてしまう。自分と精神波長が同じであるクランゲに地球人ミュータント化計画に利用されて精神エネルギーを吸われかけるが、危機一髪でタートルズに助けられた。
ドナテロのことを強く信頼しており、何かと彼に親しくするほか、クランゲ皇帝から救出された際は彼のことを「私のヒーロー」と言っている。
レザーヘッド
声 - ピーター・ルーリー/廣田行生
シーズン1第12話から登場。トイレに流され捨てられたペットの小ワニがミュータジェンによって変異した点では2003年版と同じだが、宇宙の基地でクランゲによる生体実験のトラウマに悩まされており、「クランゲ」という単語を聞くだけでパニックを起こす。左胸にはクランゲによって付けられた傷が残っている。また、暴走する度になぜか真っ先にドナテロの顔を掴むため、彼からは苦手意識を持たれている。
パワーセルという物質を持ち出してクランゲのラボから逃走。クランゲから追い詰められていたところをタートルズに保護される。ミケランジェロと親しくなり、「レザーヘッド」という名前をもらうものの、パワーセルを持ち出した他のメンバーを目の当たりにし、「泥棒」と判断して暴走する。
スプリンターによってタートルズの隠れ家を追い出されたのち、廃車となった地下鉄の車両で暮らしていたが、追手からタートルズらを護るべくクランゲに立ち向かった。
後に下水道でタートルズと再会し、クランゲに奪われたパワーセルを取り戻すために再び彼らに協力してクランゲのアジトに侵入する。最後は岩と溶岩の巨大な怪物と共に時空に吸い込まれて消えていった。
シーズン3では生きていたことが判明しており、猿のミュータントと化したロックウェル博士(モンキーブレイン)・スラッシュ・ピートと共に自分たちのチーム「ミュータニマルズ」を結成する。
スラッシュ / スパイク(Spike
声 - コリー・フェルドマン[4]
ラファエロのペットの亀で、ラファエロの肩に乗ることが多い。言葉を発しないものの意思はあり、葉っぱを食べる回数で判断している。
シーズン2ではミュータジェンによって身体が大きくなりタートルズたちと敵対するが、後に和解し共闘することになる。さらにシーズン3ではレザーヘッドの結成したヒーローチーム「ミュータニマルズ」の一員となる。
ムラカミ
声 - サブ・シモノ
ニューヨーク市在住の日系人で、ラーメン屋を経営している。
目を悪くしているが、その分外見で他者を差別しない心優しい人物。タートルズおよびエイプリルから「ムラカミさん」(Murakami-san)と呼ばれている。
難癖を付けられみかじめ料の支払いを拒否したことが原因で、パープルドラゴンズからの嫌がらせに遭っていたところをタートルズに救われた。後にクリスとゼバーによって人質に取られるが、無事に救出された。その際タートルズの正体を悟るが、自身の恩人ということもあり、恐れることなく約束通りピザ餃子[注 1]を振る舞う。また優しく接したため、ミケランジェロにとって最初の人間の友達である。
カービー・オニール
エイプリルの父で、クランゲ陣営に囚われている。2回目の救出の際にはタートルズを逃がすため、自ら囮になって再びクランゲに捕まってしまう。
後に3回目の救出でドナテロ率いるタートルズによって無事救出され、娘のエイプリルと再会できた。ドナテロとは似た者同士で気が合う。
タートルズの隠れ家にかくまわれるが、すでにクランゲに洗脳されており、操られたまま娘を連れてカライ率いるフット軍団に引き渡してしまう。
後にスプリンターに娘のエイプリルがさらわれたと報告しに来たと同時にマウサーからシュレッダーの映像を見せた。タートルズがスプリンターからアドバイスをもらうために隠れ家に帰ってきた時、ミケランジェロに襲い掛かる。後にレオナルド・ラファエロ・ドナテロに抑え込まれ、クランゲによって首の後ろに付けられていたマインドコントロールの機械を取ってもらい正気に戻る。タートルズに娘をクランゲから救出するように頼んだ。
ピート
声 - A.J.バックリー/宮田幸季
クランゲの実験により変異した鳩。カービーにより、伝書鳩として娘のエイプリルの元へ送り込まれた。当初はその異様な見た目からタートルズやエイプリルに怪しまれていたが、事情を話した結果誤解が解けた。天然酵母のパンが大好物。のちにレザーヘッドが結成したチーム「ミュータニマルズ」に参加する。
カルロス・チャン・オブライエン・ガンベ(Carlos Chiang O'Brien Gambe)
声 - ジム・メスキメン
ニューヨーク市内のローカル局のレポーター。タートルズとの直接的な面識はない。
バラバライザー / ティモシー / ミュータジェンマン(The Pulverizer)
声 - ロジャー・クレイグ・スミス/かぬか光明
ヒーローに憧れる少年。近くのビルの窓からタートルズとバクスター・ストックマンの戦いを目撃したのがきっかけで彼らに憧れるようになる。タートルズに弟子入りしドナテロから訓練を受けるも、頭の悪さからタートルズらの足手まといになり、あげくにクランゲにパワーセルを奪還されるという結果を招いた。服装は1987年版のタートルズをモチーフにしている。
タートルズと再会した時はフット軍団に入団しており、スパイとして働いていた。メールのやり取りをしていたドナテロに何度も「フット軍団をやめろ」と言われても忠告を聞き入れなかった。名前は当初は「バラバライザー」と名乗っていたが、2度目は本名である「ティモシー」であることを明かした。
後にシュレッダーがミュータジェンで最強軍団を作ろうという計画の実験体としてドッグボッコらが盗んだミュータジェンでミュータントにされかける。
責任を感じて心配したドナテロ率いるタートルズがフット軍団の隠れ家に乱入して助けに来たが、彼らがフット軍団との交戦中に自らミュータジェンの液体を浴びてしまい、ゼリー状の生き物の姿(通称・ミュータジェンマン)に変貌してしまう。ミュータント後は人間だった頃の面影がなく、脳、目玉、臓器が露出している。ゼリー状の体の液体は鉄も溶かす。ミュータント化した自分の姿を見て混乱し、敵味方の区別ができずにタートルズとフット軍団に攻撃をしかけた。ドッグボッコらが隠れ家中に仕掛けた時限爆弾で吹き飛ばされそうになるも、タートルズによって容器の中に入れられる形で脱出した。その後、人間に戻る方法が見つかるまでタートルズが住む下水道の隠れ家にかくまわれている。
ミワ(Miwa)
ヨシ・ハマト(スプリンター)と唐慎(タンシェン)の娘。
写真とスプリンターの回想のみに登場。シュレッダーの戦いに巻き込まれて母と共に死んだと思われた。当時は赤ん坊で、生きていればエイプリルと同い年になるはずだった。
ケイシー・ジョーンズ
声 - ジョシュ・ペック
エイプリルと同年代の少年。シーズン2で初登場。「グンガー」が口癖でスポーツ道具を使用した戦闘が得意。

[編集]

フット団関係者[編集]

シュレッダー(Shredder
声 - ケビン・マイケル・リチャードソン/広瀬彰勇
フット軍団の首領であり、タートルズの宿敵で本名はサワキ・オロク(原語版ではオロク・サキ)。
東京のフット軍団支部でテレビニュースを見て自らの宿敵ヨシ・ハマトとタートルズの使用していた手裏剣の家紋で居場所をつかみ、アメリカへ飛んだ。タートルズと初交戦後、ミュータジェンで変異した部下を見つけ退散した。後に捕まえた一体のクランゲから聞き出した「特別な人間」であるエイプリルを狙うようになる。
タートルズがクランゲとの最終決戦に行っている間にエイプリルをさらい、スプリンター(ヨシ・ハマト)を自分の基地に誘う。久しぶりに再会した宿敵がネズミのミュータント化していた姿を初めて知り驚いたと同時に「化け物」扱いをする。ついに因縁の決着をつけるために彼と一騎討ちをする。決着の最中、過去に死んだはずのヨシ・ハマトの娘を誘拐し、カライとして育てていたことが判明。彼女をヨシ・ハマトへの復讐の道具として育てていた模様。最初はスプリンターを動揺させて圧倒するが、後に彼の俊敏な動きと攻撃に圧倒され、止めを刺されそうになるが養娘であるカライに助けられる。
ヨシ・ハマトだった頃のスプリンターの妻唐慎(タン・シェン)と彼の娘を殺した張本人でもある。相手を挑発して怒りに誘い、心を惑わすなど卑怯な手を使う。
唐慎に想いを寄せていたらしく、親友であるヨシ・ハマトが想い人を自分から奪ったと思い込んでおり、嫉妬心が強いあまり彼の家族を襲った。
右目を負傷している。今までのシリーズとは違い髪型はスキンヘッド。
カライ(Karai
声 - ケリー・ヒュー[5]/渋谷はるか
シュレッダーの娘でフット軍団のくノ一。
レオナルドと互角かそれ以上の剣の腕を持ち、レオナルドの剣の腕を買っている。復讐に固執するシュレッダーに辟易しており、レオナルドの前では馬鹿にしたようなことを言うが、父を畏怖しており本人の前では軽口すら叩けない。レオナルドを悪の道に引き込もうと言葉巧みに迫る。
父をシュレッダーと知らず、タートルズ達が攻撃した際は激昂し、レオナルドと対立してしまう。
偽名を使いエイプリルに近づき狙うが正体を暴かれ、後に彼女と交戦し圧倒するが、最後は逆転され、地下鉄の階段に転げ落とされて敗北。後にフット軍団と共にエイプリルを捕らえ、クランゲに引き渡した。引き渡す前にエイプリルに蹴りをかまされている。
実は死んだはずのヨシ・ハマト(スプリンター)の娘ミワであることが判明。赤ん坊の頃にシュレッダーに誘拐され、彼の娘として育てられた。実の父だと知らず、シュレッダーに止めを刺そうとしたスプリンターに攻撃をし、彼女を実娘だと知って無言で去っていく彼を「臆病者!!」と罵倒した。ヨシ・ハマトが自分の母を殺した敵だと思い込んでいるのはシュレッダーに吹き込まれていたらしく、ヨシ・ハマトへの復讐の道具として育てられていた模様。
容姿は実母の唐慎(タンシェン)に似ており、瞳は実父のヨシ・ハマトによく似ている。
バクスター・ストックマン(Baxter Stockman
声 - フィル・ラマール/多田野曜平
アフロヘアにメガネをかけた黒人男性の科学者。一人称は「私」。
自作のパワードスーツを着て歩き回っていたところにタートルズと遭遇した。1回戦では歯が立たず、ゴミ箱に捨てられて敗北。後にミケランジェロの落としたT-ポッドによってパワードスーツを強化し、調子に乗ってかつて自分をクビにした企業への襲撃を敢行した。
襲撃の報道を見たタートルズらに見つかり、交戦を重ねた。2回戦では強化したパワードスーツでタートルズを圧倒して負かした後、彼らをゴミ箱に捨てて勝利。3回戦ではミケランジェロに顔が露出している部分をハチの巣で突っ込まれて油断して下に落ちた後に自分のスーツを強化したT-ポッドをレオナルドによって破壊されてしまう。最後はラファエロによってまたゴミ箱に捨てられて敗北した。
日本版において、開発した「マウサー」名前のアルファベットを日本語に当てはめ、レオナルドから「無理矢理じゃね?」とつっこまれるなど、ネーミングセンスに問題がある場面が見受けられる。また、学生時代に本物の溶岩を作って学校を強制退学させられた過去を持つなど、マッドサイエンティストとしての一面もある。
マウサーロボを用いてパープル・ドラゴンの盗品を盗んだことがきっかけで、ドッグボッコらと知り合い、その後はシュレッダーの配下となる。ゼバーの義足を制作し、彼を陸上で動けるようにする。後に自分をコキ使うドッグボッコとフィッシュフェイスに不満を持っており、彼らを騙し、乱入したタートルズと共に罠にはめた。自ら制作したロボットを使いタートルズたちに襲い掛かるが、連携プレイによって敗北したと同時にシュレッダー一味を離脱した。その後の行方は不明。
ゼバー(Xever) / フィッシュフェイス
声 - クリスチャン・ランツ/勝杏里
シュレッダーの手下である、若い黒人の前科者で、パープル・ドラゴン・ギャングの元締め。鋭利なナイフを用いる他、足技を中心とした格闘技にも長けている。
釣りが趣味で、タートルズと3度目の対峙の過程により、ミュータンジェンによって魚のような姿に変貌する。
ミュータントになった当初は足が退化し、歩行ができなくなったためシュレッダーの玉座部屋の床下にある水槽の中に待機していたが、カライが持ち帰ったクランゲの技術を基に、ストックマンが義足を作成したことで陸上歩行ができるようになった。タートルズとの再戦時、ミケランジェロによって「フィッシュフェイス」と名付けられる。俊敏な素早さと蹴り技が武器。牙には毒が含まれており、噛みつかれた相手は幻覚を見る他、吐き気の症状に襲われてしまう。
ラファエロとはライバル同士。彼とはよく対立することが多いが、バクスター・ストックマンの罠から脱出する時には協力していた。
ストリート育ちで幼い頃からスリなどの悪事を行っていた。数年後、警察に捕まり刑務所に入れられた所をシュレッダーに釈放されたと同時に彼の配下となる。
なお、吹き替えを担当した勝杏里は、2003年版でミケランジェロ役を担当している。
クリス・ブラットフォード(Chris Bradford) / ドッグボッコ(Dogpound)
声 - クランシー・ブラウン/斉藤次郎
シュレッダーの一番弟子である白人男性。
ネット界では武術の名人として有名であり、SNSを通じて近づいてきたミケランジェロに接触し、スプリンターの居所を掴もうとした。ミケランジェロを監禁後、ゼバーとともに、救助に来た他のタートルズたちを尾行するも感づかれてしまい、戦闘の果てに下水道に落ちた。その後もゼバーと共に毎回水などに流されて撃退される。ミケランジェロからは当初は「クリブラちゃん」(Crissy B)と呼ばれていた。
タートルズと3度目の対峙の過程により、ミュータンジェンによって大柄な犬のような姿に変貌する。ミュータント変化後はレオナルドから「ドッグボッコ」と呼ばれる。服装は人間時に着ていたジーンズがそのまま残っている。人間の時より力が上がっており、また嗅覚や聴覚にも優れており少しの音を敏感に聞くことができる。その力と大きな左腕の拳を武器として扱う。
自らが経営している道場はミュータント化後も続いていたらしく、後にバラバライザー(ティモシー)が入門してフット軍団にスカウトされることになった。

クランゲ[編集]

クランゲ皇帝(Kraang Prime)
声 - ロザンヌ・バー[4]/高島雅羅
クランゲの親玉で、自らのことを「クランゲ」と呼ぶ。クランゲが作った時空ゲートを通り、上空から巨大なUFO・テクノドロームごと現れた。
「特別な人間」であるエイプリルを捕らえ、自分たちと精神波長を同じくする彼女の精神エネルギーを使って地球上の人間たちをミュータント化しようとするが、タートルズの妨害に遭う。基地から逃げるタートルズたちを追いかけるも、レオナルドとの一騎討ちの末、UFOごと海に沈められた。
本体は巨大なロボットの中に収めこまれており、陸上を動くことが可能。触手のような手を使って攻撃したり、ビームを出したりする。
クランゲロイド(Krang
声 - ノーラン・ノース/丸山壮史
ユートロム星人が乗り込む透明の外皮を持つアンドロイドで、全員同じ顔の人間の男性に擬態することができる。ユートロム星人は胸部に収まっており、クランゲロイドを介して人語を話す。クランゲロイドが破壊されると虫のようにカサカサとあわてて逃げ去る。互いに「クランゲ」と呼びあい、「クランゲは〜である」と機械的な話し方をする。
一体はシュレッダーに捕まり脅され、エイプリルについての機密を漏らした。エイプリルの父カービーを洗脳し、フット軍団から引き渡されたエイプリルを捕らえる。
スネーク / スネー草(-くさ)(Snake/Snakeweed)
声 - ダニー・ジェイコブス/いずみ尚
クランゲの協力者である人間の運び屋。
タートルズがクランゲの基地に突撃した際、スネークが乗っていた車両に残っていたミュータジェンが飛び出し、それを浴びてしまい植物状の怪物に変貌した。
高い再生威力を持ち、一度はタートルズらによって倒されるが、後に復活する。クランゲと協力しながら、市民を"肥料"にするために拉致していたが、レオナルドとラファエロのタッグ戦で再び倒される。
高い再生能力に加え、眉間にある触角からは花粉を出し、発信機のような使い方をする。当初は「スネーク」という名前から蛇のミュータントになるとタートルズから思いこまれており、「スネー草」という呼称はミケランジェロによって名付けられたものである。
シーズン3『ツターン草現る!』(原題:"The Creeping Doom!")では、彼のクローンが登場した。

敵(その他)[編集]

ヴィック / 噛みつきグモ(Vic/Spider Bytez)
声 - ルイス・ブラック/斎藤志郎
タートルズを目撃した中年男性で、口が悪く気難しい性格の持ち主。
屋上に設置されていたパラボラアンテナを破壊したタートルズと口論し、クランゲたちを招きよせてしまう。交戦時の様子を携帯電話で撮影し、ネットに流して金儲けをしていた。タートルズにデータの投稿を中止するよう説得されていた時、クランゲの襲来に遭う。自分を連れ去ったクランゲに動画を取り上げられたことにより稼ぎを失って腹を立てていたところ、ミュータジェンを浴びてしまう。その際蜘蛛に触れてしまったことから、人間の手足の生えた頭に四本の足が加わった蜘蛛のような怪物に変異し、ミケランジェロから「噛みつきグモ」と呼ばれている。
強靭な顎や酸を吐く能力で、レオナルド・ミケランジェロ・ドナテロの三者を相手に圧倒するも、遅れてきたラファエロの加勢により退散した。
ヴィクター・ファルコ /ラットキング(Rat King
声 - ジェフリー・コムズ/加藤亮夫
ミュータジェンを改造した地球人の科学者。
ミュータジェンを用いて同僚のロックウェル博士を猿のミュータントへと変貌させ、その脳から抽出した物質を自身に注入して超能力を得た。
能力の一つである予知能力を駆使してタートルズらを翻弄するも、無意識の境地に達したドナテロの反撃を受け退散した。
その後、スポンサーから資金を打ち切られ、学界からも追放されながらも、地下で多数の実験用鼠を集め一人で研究をしていた。
研究室にいた鼠が電気ケーブルをかじったことによる火事に巻き込まれる中、逃げていく鼠たちに向かってテレパシーを放ち窮地を脱した。
脱出後は多数の鼠たちを支配下に置き、自らをラットキングと名乗った。人類の無能さに対する怒りから、鼠を大量発生させてニューヨーク市内をパニックに陥れた。その際、スプリンターの存在に気づきテレパシーで支配しようと試みた。スプリンターの洗脳に成功し、追ってきたタートルズに仕向けるも、レオナルドから家族の写真を見せたことによってスプリンターの洗脳が解け形勢が逆転し、再び退散する結果となった。
元々は普通の男性だったが、火災の後は骸骨のような身体に変貌し、常に高い襟のローブと帽子を着用している。また、ラットキングになった後は視力を失っており普段は目に包帯をしているが、ネズミの視界をジャックして目の代わりとして利用することは可能。
ゴキスパイ(Cockroach Terminator)
ドナテロが小型のリモコンカメラを装着させたゴキブリ。通称「ゴキ1号」。クランゲのアジト内を探るためにスパイとして送り出された。カメラの他にも小型電動ノコギリが備わっている。後にタートルズの操作トラブルでクランゲのアジトにあったミュータジェンの中に落ちて浴びてしまい、ミュータントとなる。ミュータント化後はナビ付きヘルメットが体と一体化しており、半分サイボーグのような姿になっている。元がゴキブリのため、生命力が強く、殺虫剤に弱い。
タートルズとクランゲを無差別に攻撃するかたわら、ミュータントになる前にゴキブリが苦手なラファエロに殺されそうになったことを恨み、彼を執拗に狙っていた。
さらなる脱皮によって粘膜を纏った白い巨体に変化し、4枚の羽を生やして飛行可能となる。粘液玉は爆弾で武器として扱う。タートルズを執拗に追いかけてミケランジェロを誘拐し、彼を助けに来たラファエロと交戦。最期はクランゲが地球に穴をあけるために使っていたドリルのレーザーを喰らい、頭を残して破裂した。

スタッフ[編集]

制作スタッフ[編集]

  • キャラクター原作 - ピーター・レアード、ケヴィン・イーストマン
  • 企画開発 - シロ・ニエリ、ジョシュア・スターニン & J・R・ヴェンティミーリア
  • 制作総指揮 - シロ・ニエリ、ピーター・ハスティングス、ジョシュア・スターニン & J・R・ヴェンティミーリア(シーズン1)
  • 総監督 - シロ・ニエリ
  • シリーズ構成 - ジョシュア・スターニン & J・R・ヴェンティミーリア(シーズン1)、ブランドン・オーマン(シーズン2 - )
  • メインキャラクターデザイン - イリネオ・マランバ、シロ・ニエリ、ラッセル・トレーシー・ジュニア
  • デザインスーパーバイザー - イリネオ・マランバ
  • カラースーパーバイザー - ナディア・ヴァーベノバ・モウリ
  • モデリングスーパーバイザー - ヴィパック・ヴェウア
  • CGスーパーバイザー - ローラ・バーバラ、ロバート・カスタネダ
  • 撮影スーパーバイザー - マイケル・ハインツ
  • 音声監督 - アンドレア・ロマーノ
  • 音楽 - セバスチャン・エヴァンス二世
  • プロデューサー - マックレガー・ミドルトン
  • アニメーション制作 - ニコロデオン・アニメーション・スタジオ
  • アニメーション制作協力 - テクニカラー・インディア、バーデル・エンターテインメント
  • 製作 - ニコロデオン

日本語版[編集]

  • 企画 - 内田真由美
  • 番組担当 - 山内未來(テレビ東京
  • 翻訳 - 小寺陽子
  • 演出 - 三好慶一郎
  • 録音/調整 - 大谷征央
  • 制作進行 - 林隆司、岡田拓郎
  • 録音スタジオ - 東北新社

日本での放送[編集]

日本では「ミュータント タートルズ」のタイトルでテレビ東京系列において2014年4月4日から9月26日まで毎週金曜日朝7:30にシーズン1の全26話のみ放送された。2015年9月よりAmazon.comプライムビデオからシーズン1の全26話分が配信開始され、以降のシリーズの配信も予定されている。2017年5月18日からはディズニーXDでの放送が開始。シーズン1終了後の2017年10月からは引き続きシーズン2以降が初放送され、シーズン3からは2話連続で放送される。2019年9月14日をもって最終話を放送。ディズニーXD閉局後はディズニー・チャンネルにてリピート放送を続けている。2018年4月25日にはNBCユニバーサル・エンターテイメントジャパンからシーズン1のDVDが発売された。タートルズのアニメ作品で日本語吹き替え版がDVD化された事例は本作が初めてである。

原語版のテーマ曲は1987年版をラップ調にアレンジしたものになっている。テレビ東京系列で放送された際は独自の主題歌としてGReeeeNの「」とウルフルズの「ブヤカシャー!」が用いられていた一方、原語版のテーマ曲が提供クレジットや宣伝スポット等で少しだけ使用されていた。テレビ東京以外のメディアで配信・放送された際は、権利の都合上原語版のOP、EDが使用されている。

エピソード[編集]

順序は北米放送分に準拠する。日本の初回放送日はシーズン1のみテレビ東京系列で放送されたときのもの、それ以降はディズニーXDで放送されたときのものを表記する。

シーズン1[編集]

通算 話数 タイトル 原題 脚本 制作
コード
放送日
アメリカ合衆国の旗
放送日
日本の旗
1 1 タートルズ参上!(前編) "Rise of the Turtles (Part 1)" Joshua Sternin & J.R. Ventimilia 101 2012年9月29日 2014年4月4日
2 2 タートルズ参上!(後編) "Rise of the Turtles (Part 2)" Joshua Sternin & J.R. Ventimilia 102 2014年4月11日
3 3 ケータイ動画を取り返せ! "Turtle Temper" Jeremy Shipp 103 2012年10月6日 2014年4月18日
4 4 ネットで友だち申請 "New Friend, Old Enemy" Joshua Hamilton 104 2012年10月13日 2014年4月25日
5 5 Tポッドを回収せよ! "I Think His Name is Baxter Stockman" Joshua Sternin & J.R. Ventimilia 105 2012年10月20日 2014年5月2日
6 6 最強の武器を作れ! "Metalhead" Tom Alvarado 106 2012年10月27日 2014年5月9日
7 7 消えた博士を探せ! "Monkey Brains" Russ Carney & Ron Corcillo 107 2012年11月3日 2014年5月16日
8 8 ピザ餃子をゲットしろ! "Never Say Xever" Kenny Byerly 108 2012年11月10日 2014年5月23日
9 9 宿敵シュレッダー "The Gauntlet" Joshua Sternin & J.R. Ventimilia 109 2012年11月17日 2014年5月30日
10 10 下水道を守れ! "Panic in the Sewers" Jeremy Shipp 110 2012年11月24日 2014年6月6日
11 11 Bチームをなめるな! "Mousers Attack!" Kenny Byerly 111 2012年12月8日 2014年6月13日
12 12 出現!ミュータント・ワニ "It Came From the Depths" Russ Carney & Ron Corcillo 112 2012年12月15日 2014年6月20日
13 13 謎のくノ一 "New Girl In Town" Jase Ricci 114 2013年1月25日 2014年6月27日
14 14 先生がモンスター? "I, Monster" Jeremy Shipp 113 2013年2月1日 2014年7月4日
15 15 守れ、地球のDNA! "The Alien Agenda" Kenny Byerly 115 2013年2月8日 2014年7月11日
16 16 出撃!シェルレイザー "The Pulverizer" Russ Carney & Ron Corcillo 116 2013年2月15日 2014年7月18日
17 17 クランゲのアジト発見! "TCRI" Joshua Sternin & J.R. Ventimilia 117 2013年3月1日 2014年7月25日
18 18 恐怖のゴキスパイ "Cockroach Terminator" Jeremy Shipp 118 2013年3月15日 2014年8月1日
19 19 抜け出せ!迷路地獄 "Baxter's Gambit" Jase Ricci 119 2013年4月5日 2014年8月8日
20 20 クランゲUFO現る "Enemy of My Enemy" Kenny Byerly 120 2013年4月12日 2014年8月15日
21 21 ねらわれたエイプリル "Karai's Vendetta" Russ Carney & Ron Corcillo 121 2013年4月27日 2014年8月22日
22 22 ミュータントになりたい! "The Pulverizer Returns!" Jeremy Shipp 123 2013年5月11日 2014年8月29日
23 23 ミケランジェロ危機一髪! "Parasitica" Pete Goldfinger 122 2013年7月20日 2014年9月5日
24 24 決死の救出作戦 "Operation: Break Out" Jase Ricci 124 2013年7月27日 2014年9月12日
25 25 ついに決戦!(前編) "Showdown (Part 1)" Joshua Sternin & J.R. Ventimilia 125 2013年8月8日 2014年9月19日
26 26 ついに決戦!(後編) "Showdown (Part 2)" Joshua Sternin & J.R. Ventimilia 126 2014年9月26日

シーズン2[編集]

日本では制作コード順に放送された回が一部存在するため、北米放送分とは話数が異なる。

通算 話数
アメリカ合衆国の旗
話数
日本の旗
タイトル 原題 脚本 制作
コード
放送日
アメリカ合衆国の旗
放送日
日本の旗
27 1 1 ミュータジェン拡散! "The Mutation Situation" Brandon Auman 201 2013年10月12日 2017年10月20日
28 2 3 エイリスアンの侵略! "Invasion of the Squirrelanoids" Todd Garfield 203 2013年10月19日 2017年11月3日
29 3 2 リーダーに従え! "Follow the Leader" Eugene Son 202 2013年11月2日 2017年10月27日
30 4 4 逃げたミュータジェンマン! "Mutagen Man Unleashed" Kevin Burke & Chris "Doc" Wyatt 204 2013年11月9日 2017年11月10日
31 5 5 マイキーのブツブツ "Mikey Gets Shellacne" Thomas Krajewski 205 2013年11月16日 2017年11月17日
32 6 6 標的、エイプリル・オニール "Target: April O'Neil" Nicole Dubuc 206 2013年11月23日 2017年11月24日
33 7 7 破壊王スラッシュ "Slash and Destroy" Gavin Hignight 207 2013年11月30日 2017年12月1日
34 8 9 敵?仲間?ケイシー・ジョーンズ "The Good, the Bad and Casey Jones" Johnny Hartmann 209 2014年2月2日 2018年2月9日
35 9 8 エイプリルの秘密 "The Kraang Conspiracy" Brandon Auman 208 2014年2月9日 2017年12月8日
36 10 10 恐怖の源 お化けキノコ "Fungus Humungous" Mark Henry 210 2014年2月16日 2018年2月16日
37 11 11 進化したメタルヘッド "Metalhead Rewired" Peter Di Cicco 211 2014年2月23日 2018年2月23日
38 12 12 巨大ネズミと人間 "Of Rats and Men" Todd Garfield 212 2014年3月2日 2018年3月2日
39 13 13 マンハッタン計画(パート1) "The Manhattan Project" Brandon Auman & John Shirley 213 2014年3月14日 2018年3月9日
40 14 14 マンハッタン計画(パート2) "Wormquake!" 214 2018年3月16日
41 15 15 魔法使いとミュータント "Mazes & Mutants" Eugene Son 215 2014年4月27日 2018年3月23日
42 16 16 ストックマンの孤独な変化 "The Lonely Mutation of Baxter Stockman Threatens to Mutate April" Brandon Auman 216 2014年5月4日 2018年4月13日
43 17 17 イモライザー見参! "Newtralized!" Gavin Hignight 217 2014年5月11日 2018年4月20日
44 18 18 ピザフェイスの悪夢 "Pizza Face" Kevin Burke & Chris "Doc" Wyatt 219 2014年5月18日 2018年4月27日
45 19 19 タイガー・クロウの怒り "The Wrath of Tiger Claw" Christopher Yost 218 2014年6月8日 2018年5月4日
46 20 20 伝説の黒カブト "The Legend of the Kuro Kabuto" Doug Langdale 220 2014年6月15日 2018年5月11日
47 21 21 ラファがクランゲ?知能交換マシン! "Plan 10" Henry Gilroy 221 2014年6月22日 2018年5月18日
48 22 22 復讐は我にあり "Vengeance is Mine" Peter Di Cicco 222 2014年6月29日 2018年5月25日
49 23 23 幽霊を倒せ!ドナとケイシー "A Chinatown Ghost Story" Randolph Heard 223 2014年9月12日 2018年6月1日
50 24 24 ディメンションXへ突入! "Into Dimension X!" Doug Langdale 224 2014年9月19日 2018年6月8日
51 25 25 クランゲの大侵略!(前編) "The Invasion" (Part 1) Brandon Auman 225 2014年9月26日 2018年6月15日
52 26 26 クランゲの大侵略!(後編) "The Invasion" (Part 2) John Shirley 226 2018年6月22日

シーズン3[編集]

通算 話数 タイトル 原題 脚本 制作
コード
放送日
アメリカ合衆国の旗
放送日
日本の旗
53 1 森の中で "Within the Woods" Brandon Auman 301 2014年10月3日 2018年7月16日
54 2 恋するビッグフット "A Foot Too Big" Doug Langdale 302 2014年10月10日
55 3 地下の秘密 "Buried Secrets" Mark Henry 303 2014年10月17日 2018年8月19日
56 4 カエルミュータント襲来 "The Croaking" Kevin Burke & Chris "Doc" Wyatt 304 2014年11月7日 2018年8月26日
57 5 悪夢のビーバー "Dream Beavers" Doug Langdale 305 2014年11月14日 2018年9月2日
58 6 悪魔とレース "Race With the Demon" Gavin Hignight 306 2014年11月21日
59 7 キメラの目 "Eyes of the Chimera" Greg Weisman 307 2015年1月11日 2018年9月9日
60 8 精神世界への旅 "Vision Quest" Todd Casey 308 2015年1月18日
61 9 いざ、ニューヨークへ! "Return to New York" Brandon Auman 309 2015年1月25日 2018年9月16日
62 10 ゼックとステランコ "Serpent Hunt" Randolph Heard 310 2015年2月1日
63 11 ビーバップとロックステディ "The Pig and the Rhino" Brandon Auman 311 2015年3月8日 2018年9月23日
64 12 ニューヨークを取り戻せ!(前編) "Battle for New York" (Part 1) Brandon Auman 312 2015年3月15日
65 13 ニューヨークを取り戻せ!(後編) "Battle for New York" (Part 2) Mark Henry 313 2015年3月15日 2018年9月30日
66 14 ケイシー・ジョーンズの一撃 "Casey Jones VS. the Underworld" Andrew Robinson 314 2015年3月22日
67 15 街の新ヒーロー、ゴミマン "The Noxious Avenger" Todd Casey 315 2015年4月26日 2018年10月7日
68 16 危うし!ミュータニマルズ "Clash of the Mutanimals" Henry Gilroy 316 2015年5月3日
69 17 モンド・ゲッコー参上! "Meet Mondo Gecko" Kevin Burke & Chris "Doc" Wyatt 317 2015年5月10日 2018年10月14日
70 18 カライの猛毒 "The Deadly Venom" Eugene Son 318 2015年5月17日
71 19 時代を超えろ、タートルズ! "Turtles in Time" Randolph Heard 319 2015年8月2日 2018年10月21日
72 20 いにしえの師と敵 "Tale of the Yokai" Brandon Auman 320 2015年8月9日
73 21 メガ・シュレッダーとの戦い "Attack of the Mega Shredder!" Gavin Hignight 321 2015年8月16日 2018年10月28日
74 22 ツターン草現る! "The Creeping Doom!" Peter Di Cicco 322 2015年8月23日
75 23 四重のワナ "The Fourfold Trap" Mark Henry 323 2015年9月13日 2018年11月4日
76 24 下水管のダイナソー "Dinosaur Seen in Sewers!" Todd Casey 324 2015年9月20日
77 25 地球全滅(前編) "Annihilation: Earth!" (Part 1) Brandon Auman 325 2015年9月27日 2018年11月11日
78 26 地球全滅(後編) "Annihilation: Earth!" (Part 2) Brandon Auman 326

シーズン4[編集]

通算 話数 タイトル 原題 脚本 制作
コード
放送日
アメリカ合衆国の旗
放送日
日本の旗
79 1 宇宙の彼方へ "Beyond the Known Universe" Brandon Auman 401 2015年10月25日 2018年11月25日
80 2 敵か味方か?ヒトカゲアン "The Moons of Thalos 3" John Shirley 402 2015年11月1日
81 3 ウィルムの奇妙な世界 "The Weird World Of Wyrm" Randolph Heard 403 2015年11月8日 2018年12月2日
82 4 宇宙の殺し屋アルマゴン "The Outlaw Armaggon!" Gavin Hignight 404 2015年11月15日
83 5 古代エーオン族の謎 "Riddle of the Ancient Aeons" Brandon Auman 405 2016年1月10日 2018年12月9日
84 6 内なるマイキーを探せ! "Journey to the Center of Mikey's Mind" Todd Casey 406 2016年1月17日
85 7 アリーナでの戦い "The Arena of Carnage" Peter Di Cicco 407 2016年1月24日 2018年12月16日
86 8 ディメンションXの攻防 "The War for Dimension X" Kevin Burke & Chris "Doc" Wyatt 408 2016年1月31日
87 9 コスモ・オーシャンの魔物 "The Cosmic Ocean" Mark Henry 409 2016年3月13日 2018年12月23日
88 10 次元を越えたタートルズ "Trans-Dimensional Turtles" Brandon Auman 410 2016年3月27日
89 11 トリケラトンの逆襲 "Revenge of the Triceratons" Randolph Heard 411 2016年4月3日 2019年1月13日
90 12 ロード・ドレッグの逆襲 "The Evil of Dregg" Gavin Hignight 412 2016年4月10日
91 13 溶岩の星 "The Ever-Burning Fire" John Shirley 413 2016年4月17日 2019年1月20日
92 14 地球救出の最終チャンス "Earth's Last Stand" Brandon Auman 414 2016年4月24日
93 15 戦の予感 "City at War" Brandon Auman 415 2016年8月14日 2019年1月27日
94 16 フット軍団を倒せ! "Broken Foot" Peter Di Cicco 416 2016年8月21日
95 17 ストックマンバエの逆襲 "The Insecta Trifecta" Kevin Burke & Chris "Doc" Wyatt 417 2016年8月28日 2019年2月3日
96 18 仁義なきミュータント戦争 "Mutant Gangland" Todd Casey 418 2016年9月4日
97 19 コミックから飛び出たヒーロー "Bat in the Belfry" Eugene Son 419 2016年9月11日 2019年2月10日
98 20 スーパーシュレッダー誕生 "The Super Shredder" Brandon Auman 420 2016年11月6日
99 21 地獄の底へ "Darkest Plight" Randolph Heard 421 2016年11月13日 2019年2月17日
100 22 エイプリルに潜む悪魔 "The Power Inside Her" Peter Di Cicco 422 2016年11月20日
101 23 トッカ 地球に来襲! "Tokka vs. the World" Gavin Hignight 423 2017年2月5日 2019年2月24日
102 24 疾風!アロペックス "Tale of Tiger Claw" Mark Henry 424 2017年2月12日
103 25 スプリンターよ永遠に "Requiem" Brandon Auman 425 2017年2月19日 2019年3月3日
104 26 終結 "Owari" Brandon Auman 426 2017年2月26日

シーズン5[編集]

日本では制作コード順で放送された。

通算 話数
アメリカ合衆国の旗
話数
日本の旗
タイトル 原題 脚本 制作
コード
放送日
アメリカ合衆国の旗
放送日
日本の旗
105 1 1 デーモンドラゴンの巻物 "Scroll of the Demodragon" Randolph Heard 501 2017年3月19日 2019年5月12日
106 2 2 忘れられた剣士 "The Forgotten Swordsman" Peter Di Cicco 502 2017年3月26日
107 3 3 シュレッダーの心臓 "Heart of Evil" Gavin Hignight 503 2017年4月2日 2019年5月19日
108 4 4 終わりの時 "End Times" Brandon Auman 504 2017年4月9日
109 5 10 地球滅亡の危機(前編) "When Worlds Collide (Part 1)" Todd Casey & Elliott Casey
Eugene Son
510 2017年6月18日 2019年6月9日
110 6 11 地球滅亡の危機(後編) "When Worlds Collide (Part 2)" 511 2019年6月16日
111 7 15 用心棒 ミヤモト・ウサギ "Yojimbo" Stan Sakai 515 2017年7月23日 2019年6月30日
112 8 16 呪いの森 "Osoroshi no Tabi" Brandon Auman 516 2017年7月30日
113 9 17 輝け!キンタロー! "Kagayake! Kintaro" Henry Gilroy 517 2017年8月6日 2019年7月7日
114 10 5 子連れネズミ "Lone Rat and Cubs" Kevin Eastman 505 2017年8月13日 2019年5月26日
115 11 18 荒野の戦士 "The Wasteland Warrior" Brandon Auman 518 2017年9月22日 2019年7月7日
116 12 19 不毛の荒野にて "The Impossible Desert" Peter Di Cicco 519 2019年9月14日
117 13 20(終) 再会 "Carmageddon!" Gavin Hignight 520
118 14 6 サヴァンティ・ロメロの呪い "The Curse of Savanti Romero" Peter Di Cicco 506 2017年9月27日 2019年5月26日
119 15 7 ドラキュラの地下墓地 "The Crypt of Dracula" John Shirley 507 2019年6月2日
120 16 8 フランケンシュタインの実験 "The Frankenstein Experiment" Brandon Auman 508 2017年10月4日
121 17 9 モンスターとの決戦 "Monsters Among Us" Kevin Burke & Chris "Doc" Wyatt 509 2017年10月11日 2019年6月9日
122 18 12 ビーバップとロックステディ "Wanted: Bebop & Rocksteady" Peter Di Cicco 512 2017年11月12日 2019年6月16日
123 19 13 フット軍団再び! "The Foot Walks Again!" Mark Henry 513 2019年6月23日
124(終) 20 14 正義の味方 ビーバップとロックステディ "The Big Blowout" Jed MacKay 514

ゲーム[編集]

本作を基にしたiOS・Android・Kindle Fire向けゲーム『Teenage Mutant Ninja Turtles Legends』(Android版タイトル: Ninja Turtles Legends)が、2016年から配信された。開発・配信はLudiaが行っており、基本プレイ無料である。このゲームは、最大5人のパーティーを組んで全7章のチャプターを攻略するRPGであり、オートプレイも可能である[6]。また、プレイヤーレベルが一定値に達すると、「トーナメント」や「チャレンジ」といったモードが開放される[6]

評価[編集]

シリーズの初回放送はアメリカ合衆国にて390万人が視聴した[7]

IGNは本作を肯定的に評価しており、大半のエピソードがエディターズ・チョイス入りした[8]。その中でも、シーズン2の最終回である "The Invasion" は最高点である10点満点が付けられた[9]。IGN Japanの山田集佳は、本作について「戦闘シーンは立体的なカメラワークで描かれており、一見の価値がある」と評価している[2]

バラエティは「…強力な声優陣や、たくさんのユーモアと魂のこもったアクションによって、立派なまでに全力を尽くした。タートルズを次の世代へ導くのが最終目的なら - 」と評している[3]

受賞歴[編集]

受賞歴
部門 対象 結果
2013 第40回クリエイティブアート・デイタイム・エミー賞 アニメーション番組部門 (Outstanding Animated Program) ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ ノミネート
Outstanding Casting for an Animated Series or Special Meredith Layne, Sarah Noonan, and Gene Vassilaros ノミネート
アニメーション番組音響編集部門 Jeff Shiffman, Otis Van Osten, Anna Adams, Gerry Gonzalez, Matt Hall, Roger Pallan, John Sanacore, and Alex Ullrich ノミネート
2014 第41回アニー賞 Outstanding Achievement, Editorial in an Animated TV/Broadcast Production Myra Lopez, Ana Adams, and Justin Baker ノミネート
2014年キッズ・チョイス・アワード フェイバリットカートゥーン賞 ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ ノミネート
2014年キッズ・チョイス・アワード (インドネシア)英語版 フェイバリットカートゥーン賞 ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ ノミネート
第41回クリエイティブアート・デイタイム・エミー賞 Outstanding Casting for an Animated Series or Special Sarah Noonan, Gene Vassilaros, Meredith Layne 受賞
アニメーション番組音響部門 ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ ノミネート
第66回プライムタイム・エミー賞[10] アニメーション部門 (1時間未満)英語版 マンハッタン計画(パート1)
(原題:"The Manhattan Project")
ノミネート
2014 British Academy Children's Awards[11] International Alan Wan, Brandon Auman, Ciro Nieli ノミネート
2015 2014年全米製作者組合 Outstanding Children's Program ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ ノミネート
2015年キッズ・チョイス・アワード Favorite Cartoon ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ ノミネート
第42回クリエイティブアート・デイタイム・エミー賞 Outstanding Casting for an Animated Series or Special Meredith Layne, Sarah Noonan, and Gene Vassilaros 受賞 (tie)
アニメーション番組音響部門 Teenage Mutant Ninja Turtles ノミネート
2016 2015年全米製作者組合 Outstanding Children's Program ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ ノミネート
第43回クリエイティブアート・デイタイム・エミー賞 Outstanding Casting for an Animated Series or Special Meredith Layne, Sarah Noonan, and Gene Vassilaros ノミネート
Outstanding Sound Mixing – Animation Justin Brinsfield, Matt Corey, Manny Grijalva, D.J. Lynch, Jeff Shiffman 受賞
Outstanding Sound Editing – Animation Jeff Shiffman, Jessey Drake, Anna Adams, Elliot Herman and Roger Pallan ノミネート
2017 第44回アニー賞 Best Animated Television/Broadcast Production For Children 次元を越えたタートルズ
(原題:"Trans-Dimensional Turtles")
ノミネート

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 日本式の餃子にピザの具を詰めたもの

出典[編集]

  1. ^ Stransky, Tanner (2012年7月6日). “Nickelodeon sets premiere date for 'Teenage Mutant Ninja Turtles' -- EXCLUSIVE” (English). Entertainment Weekly. 2012年7月6日閲覧。
  2. ^ a b 山田集佳 (2017年5月3日). “今こそ見るべき海外アニメ!動画配信サービスで今すぐ見られるワールドワイドな7作品”. IGN. 2017年10月10日閲覧。
  3. ^ a b c d Lowry, Brian (2012年9月26日). “Variety Reviews - Teenage Mutant Ninja Turtles - TV Reviews - - Review by Brian Lowry”. Variety.com. 2012年10月20日閲覧。
  4. ^ a b Exclusive: Teenage Mutant Ninja Turtles Guest Cast Includes Roseanne Barr - Today's News: Our Take”. TVGuide.com (2013年1月18日). 2013年7月23日閲覧。
  5. ^ ケリー・ヒュー [@kellyhu] (2012年5月23日). "Twitter / KellyHu: "@JasonRainwater: @Kelly" (ツイート). Twitterより2012年7月7日閲覧
  6. ^ a b 飛鳥 (2016年12月7日). “日本でも有名な“亀”達が大活躍。「Teenage Mutant Ninja Turtles: Legends」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1295回”. 4Gamer.net. Aetas. 2018年6月30日閲覧。
  7. ^ “Starlight Runner Entertainment Tapped to Prep Nickelodeon's Hit Teenage Mutant Ninja Turtles Franchise for Multi-Platform” (プレスリリース), Starlight Runner Entertainment, (2012年12月11日), https://www.prweb.com/releases/starlight/ninjaturtles/prweb10224540.htm 2020年7月18日閲覧。 
  8. ^ Teenage Mutant Ninja Turtles (2012): Season 1 - TV”. IGN (2012年10月18日). 2013年7月16日閲覧。
  9. ^ Nicholson, Max. “Teenage Mutant Ninja Turtles: "The Invasion" Review”. IGN. 2015年1月27日閲覧。
  10. ^ 66th Annual Primetime Emmy Award Nominations”. 2014年7月10日閲覧。
  11. ^ Children's in 2014”. British Academy of Film and Television Arts (2014年11月23日). 2014年11月23日閲覧。

外部リンク[編集]

テレビ東京系列 金曜 7:30 - 8:00枠
前番組 番組名 次番組
ミュータント・タートルズ
(アニメ2012年版・シーズン1)
(第1話 - 第26話)