マイの魔法と家庭の日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マイの魔法と家庭の日』(マイのまほうとかていのひ)は、富山県が企画し、ピーエーワークス南砺市)が制作した短編アニメーション作品。略称は、まいかて

原案は、第40回「とやま県民家庭の日」作品コンクール作文の部知事賞受賞作である「月曜日は『家庭の日』」(作者は当時富山市内の小学生)。

概要[編集]

富山県では毎月第3日曜を『とやま県民家庭の日』としており、それをPRするために制作された。放映時間は29分。

また、主要キャラである立海家は2011年の春の観光キャンペーンにもイメージキャラクターとして起用されている。

ストーリー[編集]

ごく普通の家庭である立海家だったが、『家庭の日』という日を設けるも、娘のマイだけは乗り気で無かった。

しかし、母親のユキの妊娠を気に、マイの人生も大きく変わろうとしていた。

登場人物[編集]

立海 マイ(たつみ -)
声 - 宮本佳那子
本作の主人公。小学2年生、8歳の女の子。ニンテンドーDSを模した魔法のアイテムで家族の気持ちを理解する。
立海 光(たつみ ひかる)
声 - 松岡禎丞
マイの兄。中学1年生、13歳。
立海 守(たつみ まもる)
声 - 中村大樹
マイと光の父。製薬会社勤務、39歳。
立海 ユキ(たつみ -)
声 - 島本須美
マイと光の母。JA勤務、39歳。妊娠している。
立海 ホタル(たつみ -)
声 - 小山茉美
マイと光の祖母。65歳。
立海 雷蔵(たつみ らいぞう)
声 - 宝亀克寿
マイと光の祖父。故人。

スタッフ[編集]

  • 原案 - 清水萌子「月曜日は『家庭の日』」より
  • 監督 - 吉原正行
  • 脚本 - 菅正太郎
  • キャラクターデザイン - 吉原正行、牧野博美
  • 絵コンテ - 政木伸一、柿本広大、吉原正行
  • 演出 - 柿本広大
  • 作画監督 - 杉光登
  • 原画作監 - 宮下雄次、岡村正弘
  • 美術監督 - 竹田悠介
  • 色彩設計 - 井上佳津枝
  • 撮影監督 - 福士享
  • 3D監督 - 山崎嘉雅
  • 編集 - 黒澤雅之
  • 音楽 - eufonius
  • 音響監督 - 明田川仁
  • プロデューサー - 堀川憲司、菊池宣広
  • アニメーション制作 - ピーエーワークス
  • 製作 - 富山県

主題歌[編集]

オープニングテーマ
「My smile」
作詞 - riya / 作曲・編曲 - 菊地創 / 歌 - eufonius
エンディングテーマ
「キラリクルリ」
作詞 - riya / 作曲・編曲 - 菊地創 / 歌 - eufonius

公開方法[編集]

テレビ放映[編集]

放送地域 放送局 放送期間 放送日時
富山県 富山テレビ 2011年2月20日 14時25分 - 14時55分
北日本放送 2011年2月27日 13時00分 - 13時30分
チューリップテレビ 2011年3月21日 15時00分 - 15時30分

上記のほか、2011年3月下旬に富山県内のケーブルテレビ局の内9局で放映された。

インターネット配信[編集]

2011年3月28日より、公式サイトにてYouTubeを利用したインターネットでの配信が行われている。

DVD配布[編集]

富山県内の保育所幼稚園小学校中学校図書館などにDVDでの配布を予定している。

外部リンク[編集]