ホーム・アローン3

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ホーム・アローン3
Home Alone 3
監督 ラジャ・ゴズネル
脚本 ジョン・ヒューズ
製作 ジョン・ヒューズ
ヒルトン・グリーン
製作総指揮 リカルド・メストレス
出演者 アレックス・D・リンツ
音楽 ニック・グレニー=スミス
撮影 ジュリオ・カマット
編集 マルコム・キャンベル
ブルース・グリーン
デイヴィッド・レニー
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 1997年12月12日
日本の旗 1998年7月25日
上映時間 102分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $32,000,000[1]
興行収入 $30,882,515[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
$79,082,515[1] 世界の旗
前作 ホーム・アローン2
次作 ホーム・アローン4
テンプレートを表示

ホーム・アローン3』(ホームアローンスリー、原題:Home Alone 3)は、1997年に公開されたアメリカ20世紀フォックスコメディ映画で『ホーム・アローン』『ホーム・アローン2』と同シリーズ

前作『ホーム・アローン2』及び前々作『ホーム・アローン』とのストーリー面の連続性は無く、主役の子役もマコーレー・カルキンから『素晴らしき日』『ぼくが天使になった日』などで有名なアレックス・D・リンツに交代された。

あらすじ[編集]

ある日の寒い冬のシカゴ、8歳の少年・アレックスは、水疱瘡にかかって家で一人で留守番をする事に。そんな時に近所の家に泥棒が入り込むのを目撃する。

しかしアレックス以外に目撃者がいなかったために誰一人、大人達には信じて貰えなかった。そこでアレックスはラジコンにビデオカメラをつけ、その映像を屋根裏のTVに映してラジコンを操作し、その泥棒を尾行して証拠を残そうとした。

泥棒の正体はFBIもマークする犯罪組織の仲間で、彼らが狙っていたのはアレックスが近所のおばさんから貰ったラジコンカーの中に隠されていたマイクロチップAXUSというロゴが入っている)だった。そこには国際的トップシークレットの情報が秘められており、連中は盗んだ後に玩具の中に隠してカムフラージュしていたが、手違いでアレックスの元に渡ってしまっていたのだ。彼らはアレックスが件のラジコンカーを持っていると突き止め、チップを取り戻しにやってくる。

一人で留守番していたアレックスは、チップと大好きな家族と家、そして世界を守るため、知恵と頭脳を使って、ペットのネズミ・ドリスと、兄のペットのオウムと共に、彼らとの戦いに挑む。

登場人物[編集]

主要人物[編集]

主人公[編集]

アレックス・プルイット
本作の主人公。8歳。発明が趣味で、好奇心旺盛な少年。
水疱瘡にかかり、自宅療養を受けるが、両親は共働きで兄姉も学校がある為、一人留守番する事になる。
当初は近所に泥棒が侵入するのを目撃するたび、警察に通報していたが自分以外に目撃者がいなかった為に信用して貰えず、証拠集めをしようと奮闘するが、後にミセス・ヘスから雪かきのお代で貰ったラジコンカーにトップシークレットのマイクロチップが隠されていたことを知り、持ち前の頭脳を生かして彼らとの戦いに挑む。
持ち前の頭脳と家中に仕掛けた特製のトラップで見事彼らを逮捕に追い込み、チップを開発したコンピューター会社から6桁の謝礼金が贈られることになった。
ドリス
アレックスのペットのネズミ
スティービー
アレックスのペットの金魚金魚鉢はアレックス特製。

犯罪者[編集]

FBIが最もマークする4人の犯罪者。物語序盤で手に入れたマイクロチップをラジコンカーに隠すも、空港でのアクシデントで荷物がすり変わり、シカゴへ向かう。
マイクロチップを見つけるべくあらゆる機器を操って近隣の住宅を探ったり、電話回線を切り替えたりする等の完璧なチームワークとずば抜けた行動力で警察を翻弄し、遂にプルイット家にマイクロチップがあることを突き止め、アレックスを狙う。
終盤で全員アレックスによって逮捕された後、水疱瘡が伝染した。
行動時はダークブルーの日産・クエストに乗っていた。後半には道路封鎖に使われるが、警察を先導する除雪車に跳ね飛ばされ横転させられる。
ピーター・ボープレー
犯罪者一味のリーダー格。当初は主に彼が近隣の家を巡って、マイクロチップを探っていた。
チップを取り戻しにプルイット家に侵入するが、他の3人程ではないにせよアンガーと共にトランク一杯の大量の本やバーベル攻撃を喰らったり、目近辺に黒いスプレーをかけられたりする等、アレックスの頭脳に翻弄されていく。中盤で倉庫に軟禁されたヘスを助けに来たアレックスを追い詰めるものの、騙し討ちによる戦法[2]に負けて逃亡。しかし、終盤でオウムが起爆した大量のロケット花火によって逮捕された。
スタッキーによると、FBIからは1990年から7年も逃亡し続けてきた。
アリス・リボンズ
犯罪者一味の紅一点。物語序盤でマイクロチップが隠されたラジコンカーを持ち運んでいたが、空港でのアクシデントでヘスの荷物とすり変わってしまう。当初は変装して隠れ家を確保したり、チップ捜索では通行人になりすまし、周囲を探っていた。
中盤でアレックスの知人の母親・クロヴィスになりすまし、チップの居場所を突き止めた。その後プルイット家侵入直前にヘスを倉庫に軟禁し、プルイット家侵入時は余裕を見せていたが、裏木戸から侵入しようとした際に手袋に強力接着剤がついたり、泥濘に嵌り泥塗れになった上に脱出の際にブーツが脱げてしまったりとアレックスに翻弄されていく。
終盤でアレックスを発見するも逃げられてしまい、エレベーターで追いかけようとして臀部から入ったものの底が抜けられていた為、そのまま落下し腰を強打。警官2名に抱えられながら逮捕された。
運動神経は抜群らしく、作中でアクロバットを披露している。
チップ捜索時は近所の家から連れてきた犬(中盤でアレックスによって元の飼い主の所へ戻っていった)を連れているものの、本人曰く犬は大嫌いらしい。
アール・アンガー
犯罪者一味の一人。4人の中では長髪で、一つにまとめるか下ろしているかが多い。
当初のチップ捜索ではランナーや老人に変装し、アリスと共に周囲を探っていた。
プルイット家侵入時はアレックスが仕掛けた電線による電気ショックを受けたり、アレックスを見つけるも「HAVE A NICE DAY!!!(よい一日を)」と書かれた石膏パウダーを喰らったりするが、キッチンを探る際につまみ食いをしたり、カレンの部屋の浴室を覗こうとするという意地汚い所を見せた。
終盤でアレックスを発見するも逃げられてしまい、ジャーニガンと共にトランポリンで跡を追うべく窓から飛び降りるも、トランポリンの底が凍ったプールだった為に寒さで凍りつきながら逮捕された。
バートン・ジャーニガン
犯罪者一味の一人。4人の中で最もクールな雰囲気を漂わせるが、氷で滑ってしまうという間の抜けた一面を見せた。
当初のチップ捜索では乗車しながら周囲に探りを入れていた。
プルイット家侵入時はアレックスの頭脳に翻弄され、アレックス特製の電気椅子に座って電気ショックを受けたり、梯子で侵入を図るも落とし穴にはまって落下したり、ドリスがズボンに入り込んだ為にそれに驚いたアリスに急所を攻撃される等、手痛い仕打ちを受ける。
終盤でアレックスを発見するも逃げられてしまい、アンガーと共に跡を追うべく窓から飛び降りるも、トランポリンの底が凍ったプールだった為に寒さで凍りつきながら逮捕された。
アンガーの台詞によれば推理が得意。
最後のシーンで帽子をかぶった時と芝刈り機によるバリカン攻撃を喰らった時の頭も撮影された。

プルイット家[編集]

カレン・プルイット
アレックスの母親。時々厳しいところもあるが、家族思いの優しい良き母親。
中盤で兄姉の迎えに学校を訪れた際にFBIから事情を聞かされ、彼らと共に自宅へ直行し、アレックスの無事を確認して再会を果たした。
ジャック・プルイット
アレックスの父親。家族思いの良き父親だが、出掛ける直前にズボンを履き忘れてしまう間の抜けた一面を見せる。
物語終盤までは出張中で、事件解決後の夜に帰宅し、家族と再会する。アレックスにお土産としてラジコンカーをプレゼントした。
スタン・プルイット
アレックスの兄。学校ではホッケークラブに所属。自室は壁一面にグラビアアイドルスポーツ選手等の大量のポスターを貼っており、モデルガンやロケット花火等をたくさん持っている。
普段はアレックスを馬鹿にすることが多いが、中盤で事情を知り、再会したアレックスを称賛した。
オウム
スタンのペット。クラッカーが好物。
お喋りな性格で口は悪く、普段はアレックスを馬鹿にしつつも何だかんだでアレックスに協力し、終盤ではボープレー逮捕のきっかけを作った。
ドリスやスティービーと異なり、最後まで名前は明かされなかった。
モリー・プルイット
アレックスの姉。学校では体操クラブに所属。自室はピンク色で統一された可愛らしい部屋。
兄同様、普段はアレックスを馬鹿にしているものの、根は弟思いな性格。FBIを相手に啖呵切るという大胆な行動に出て事情を知り、アレックスを称賛した。

その他の人物[編集]

ミセス・ヘス
アレックスの近所に住むおばさん。喫煙者。
物語序盤ではサンフランシスコに旅行に出掛けてパンを買っていたが、アクシデントで荷物がすり変わり、アリス達が持っていたマイクロチップ入りのラジコンカーを持って帰ってしまう。そのラジコンカーを雪かきのお代としてアレックスにあげた事で、今回の事件のきっかけを作った張本人。
中盤でアリスによって倉庫に軟禁されるが、アレックスに救出された。
水疱瘡はハーバート・フーヴァー大統領の頃にかかっている。
スタッキー
FBI捜査官。マイクロチップを盗んだボープレー達を追い、チップを見つけたアレックスが徴兵センターに電話をし、それを専門家が調べた結果、それが探していたチップと突き止め、至急シカゴへ降り立つ。
当初はアレックスに危険が迫っている事をカレン達に伝え、問い詰められるものの事件に関して黙秘していたが、啖呵切ったモリーの気迫に負けてやむなく事情を説明。プルイット家の自宅へ直行し、チップを取り戻してアリス達を逮捕するが、1990年から7年も追い続けていたボープレーは取り逃がしながらも事件を解決したアレックスに感謝した[3]

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 フジテレビ
アレックス・プルイット アレックス・D・リンツ 矢島晶子
ピーター・ボープレー オレク・クルパ 原康義 小川真司
アリス・リボンズ リア・キルステッド 唐沢潤 一城みゆ希
バートン・ジャニガン レニー・フォン・ドーレン 成田剣 江原正士
アール・アンガー デイヴィッド・ソーントン 福田信昭 斎藤志郎
ミセス・ヘス マリアン・セルデス 藤夏子 巴菁子
カレン・プルイット ハヴィランド・モリス 宮寺智子 佐々木優子
ジャック・プルイット ケヴィン・キルナー 松本保典 堀内賢雄
スタン・プルイット セス・スミス 野島健児 佐々木望
モリー・プルイット スカーレット・ヨハンソン 佐藤ゆうこ 折笠富美子
スタッキーFBI捜査官 クリストファー・カリー 坂口哲夫 金尾哲夫
翻訳 佐藤恵子 松崎広幸
演出 福永莞爾 鍛治谷功
  • ソフト版
その他日本語吹き替え:小島敏彦掛川裕彦宝亀克寿伊藤栄次石井隆夫宗矢樹頼坂口賢一彩木香里幸田夏穂乃村健次
その他日本語吹き替え:岩崎ひろし清川元夢、宝亀克寿、増岡太郎長島雄一中村大樹梅田貴公美深水由美、乃村健次

脚注[編集]

  1. ^ a b c Home Alone 3 (1997)”. Box Office Mojo. 2010年3月6日閲覧。
  2. ^ 自身の不注意で持っていた拳銃がアレックスの玩具とすり変わってしまい、アレックスが事前にスプレーで黒く塗装したシャボン玉の出る玩具の拳銃を取り出し、それに驚かされるという騙し討ち(本物の拳銃はアレックスがそのままゴミ箱に捨てた)。
  3. ^ その直後、オウムが起爆した大量のロケット花火で遂に悲願を達成した。

外部リンク[編集]