日産・クエスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

クエストQUEST )は、日産自動車が北米を中心に販売しているMPVである。

概要[編集]

初代V40型の一部の年式は日本でも販売された。現在日本では販売されていないが、北米ではマイナーチェンジ、モデルチェンジを経て、現在でも販売が続けられている。2011年登場の4代目からは日本向けエルグランド姉妹車になった。 モデルイヤーの都合上、2003年式、2010年式クエストは存在しない。

歴史[編集]

初代 V40型(1993-1998年)[編集]

日産・クエスト(初代)
V40型
前期型(1993年-1995年)
93-95 Nissan Quest.jpg
後期型(1996年-1998年)
1996-98 Quest.JPG
販売期間 1993年 - 1998年
乗車定員 7人
ボディタイプ 4ドアミニバン
エンジン V6 3L VG30E
駆動方式 FF
変速機 4AT
サスペンション 前: 独立懸架ストラット式
後: ビームアクスル式リーフスプリング
全長 4,823-4,835mm
全幅 1,870-1,872mm
全高 1,666-1,770mm
ホイールベース 2,850mm
車両重量 1,820kg
先代 日産・アクセス
-自動車のスペック表-
1992年
北米国際オートショーで発表。
初代は日産の北米専用MPVとして登場。日産・プレーリーの北米向けである、アクセスの後継車として発売された。
1998年モデルのカタログには、日産車体の製造による、コクーンコンセプトがこのモデルのコンセプトカーとされている。
初代クエストは、フォードと共同開発であった。当時フォードは、マツダと共同開発をする予定であったが、マツダが、静粛性や快適性、ハンドリングに優れるFR方式(初代MPV)にこだわったため、日産と手を組むことになった。
このジョイントベンチャーは、1987年に「日産CR」として、日産が人材、フォードは開発資金を提供する形で進み、開発は日産リサーチ&デベロップメント、搭載されるV型6気筒OHC VG30Eエンジンの生産は、米国日産自動車製造 (NMMC) がテネシー州スマーナ工場で行い、最終組み立てはフォードのオハイオ州エイヴォン湖工場がそれぞれ担当した。
日産では日産クエストとして販売され、フォードではマーキュリーブランドを使用し、マーキュリー・ヴィレジャーとして販売された。
サスペンションとスプリングは、フロントは一般的なマクファーソンストラットコイルスプリングであるが、リアはリジッドアクスルとリーフスプリングの組み合わせである(クライスラータウンアンドカントリーも同様にリアはリーフスプリングである)。
日本国内の車種拡充と日産専用船の北米輸出船の帰り便の空きを有効活用する為に、日産車体が輸入元、オーテックジャパンが発売元となり、北米専売車種である車に国内法規にあわせる為に最低限の改修を行い一部の日産ディーラーで販売した。
同クラスの国産ミニバンと比べ、少数枠での輸入車であったこともあり割高だった。また、左ハンドルのみであり、スライドドアも右側のみ。結果として販売台数は極めて少数に留まった。
その他、並行輸入業者によりクエスト、ヴィレジャー共に並行輸入の形で少数が輸入されている。
1996年
マイナーチェンジ。フロントグリル、ヘッドライトバンパーテールライトなどが変更され、フェイスリフトが施された。


2代目 V41型(1999-2002年)[編集]

日産・クエスト(2代目)
V41型
1999年-2002年
2nd Nissan Quest.jpg
販売期間 1998年 - 2002年
乗車定員 7人
ボディタイプ 5ドアミニバン
エンジン V6 3.3L VG33E 180hp
駆動方式 FF
変速機 4AT
サスペンション 前: 独立懸架ストラット式
後: ビームアクスル式リーフスプリング
全長 4,943-4,948mm
全幅 1,902mm
全高 1,631-1,709mm
ホイールベース 2,850mm
-自動車のスペック表-
1999年モデルイヤー
発売。プラットフォームを先代の流用としながらも、スライドドアを左右に装備し、エンジンもV型6気筒 OHC VG33E型となった。
2001年モデルイヤー
フェイスリフトが施され、フロント・リアともにデザインが変更された。
2002年
クエストとヴィレジャーの生産を終了し、ヴィレジャーはモンテレーにモデルチェンジしたため、ミニバンでのフォードとのジョイントも終了した。また、カナダでは2001年モデルで販売が終了された。


3代目 V42型(2004年-2009年)[編集]

日産・クエスト(3代目)
V42型
前期型(2004年-2006年)
04-06 Nissan Quest.jpg
後期型(2007年-)
2007-Nissan-Quest.jpg
販売期間 2004年 - 2009年
乗車定員 7人
ボディタイプ 5ドアミニバン
エンジン V6 3.5L VQ35DE 240hp/235hp
駆動方式 FF
変速機 4AT/5AT
サスペンション 前: 独立懸架ストラット式
後: 独立懸架マルチリンク式
全長 5,185mm
全幅 1,971mm
全高 1,778-1,826mm
ホイールベース 3,150mm
-自動車のスペック表-
2002年1月
北米国際オートショーに日産デザインアメリカ会社(カリフォルニア州)でデザインがなされた「Next Generation Quest Concept」を出品。
2003年1月
北米国際オートショーに新型クエストを出展。その後、2004年モデルとして発売。なお、2003年モデルのクエストは存在しない。
3代目は日産の独自車種となり、北米を中心に販売されているアルティマ、およびアジアを中心に販売されているティアナと共通のFF-Lプラットフォームを使用している。搭載するユニットは、V型6気筒 DOHC VQ35DE型に4速および5速のオートマチックトランスミッションを組合わせる。
センターメーターと楕円状のセンタークラスターを備えた独特なデザインのインテリアを採用したが、これは顧客には不評で、2007年モデルより改められることとなった[1]
生産は北米日産会社のミシシッピ州キャントン工場。
2003年4月
上海モーターショーに「クエスト コンセプト」を出展。
2005年4月
上海にて中国向け「クエスト」(中国名:貴士)を発表。同月開催された「オート上海 2005」に出展。
2005年8月
台湾、中国などへ輸出開始。
2006年2月
シカゴモーターショーに2007年モデルを出展。北米市場での販売不振の一因でもあったインテリアをオーソドックスかつ質感の高いものに一新している。また、エクステリアデザインについても変更が施され、フロントグリルなどが変更された。
2007年
『Forbes』誌の「2007年 性能が最も低い車種」第8位に、この車が選ばれた。上位10車種のうち、日本企業は日産だけであり、この1台のみランクインとなっている。しかし、同年のオート・パシフィック社による調査では、ミニバン顧客満足度No.1を獲得している。
2007年2月2日の日産車体のプレスリリース:[1]で、2009年より日産車体九州工場にて4代目クエストの生産が開始されると発表された。
2009年
NISSAN USA発表の、The 2010 Nissan Lineup: Charting the Changes(英語) にて、V42モデルは2009年にて生産終了と発表。

4代目 RE52型(2011年- )[編集]

日産・クエスト(4代目)
RE52型
2011年型
2011 Nissan Quest LE -- 12-22-2010.jpg
販売期間 2011年 -
乗車定員 7人
ボディタイプ 5ドアミニバン
エンジン V6 3.5L VQ35DE 260HP
駆動方式 FF
変速機 Xtronic CVT
サスペンション 前: 独立懸架ストラット式
後: 独立懸架マルチリンク式
全長 200.8in(5,100mm)(ナンバープレートブラケット付きは5,110㎜)
全幅 77.6in(1,970mm)
全高 73.0in(1,855mm)(ルーフレール付き)
ホイールベース 118.1in(3,000mm)
兄弟車 日産・エルグランド
-自動車のスペック表-

Dプラットフォームが採用され、ボディ・内装全般含め多くの部分を3代目エルグランド(E52型)と共有化されている。両車のデザイン上の違いは前後ランプ類程度だが、エルグランドからは全幅と全長が拡大されている。

本モデルよりエルグランドとともに2010年に竣工された日産車体九州で生産され、主戦場となる北米市場の他、中国でも販売されている。

2008年
北米国際オートショーにて、「日産・フォーラムコンセプト」を発表。
2010年
The all new NISSAN QUEST(英語) ティザーサイト開設。
2010年7月7日
北米日産により写真が公開された[2]
2010年12月
ロサンゼルスオートショーにて正式発表
エルグランドとの主な相違点
  • ホイールベースは同寸だが、ボディシェルは全長が185㎜、全幅が120㎜拡大されている。全長は5mを超えている。
  • エンジンはV6・3.5LのVQ35DEのみで、4気筒のQR25DEの設定は無い。
  • 外観では、前後のデザインが異なり、バンパーも奥行きが深くされている。またエルグランドでは設定のないルーフレールが標準もしくはオプション装備として用意されている。
  • インパネデザインは共通だが、全幅が広い分両端がエルグランドより少し長い。その他にアメリカ人の体格に合わせてシートの大きさや足下の広さが異なっている。
  • シートはエルグランドの助手席や2列目に搭載されているオットマン機能が省略されており、また2列目シートを前に折りたたんで3列目用のテーブルとして使用できる。

脚注[編集]

  1. ^ ちなみに、日本で販売されていた2代目プレサージュでも似たような形状のインパネを採用しており、同じ理由で2006年のマイナーチェンジでデザインを大幅に変更している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]