ソウルキャリバーVI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ソウルキャリバーVI
ジャンル 武器対戦格闘
対応機種 PlayStation 4
Xbox One
Microsoft Windows (Steam配信)
開発元 バンダイナムコエンターテインメント
ディンプス
発売元 バンダイナムコエンターテインメント
シリーズ ソウルシリーズ
人数 [1]
[オフライン]1-2人
[オンライン]1-8人
メディア [1]
[PS4/XBOne]ディスク/ダウンロード
[Steam]ダウンロード
発売日 [PS4/XBOne]2018年10月18日
[PC]2018年10月19日
対象年齢 CEROD(17才以上対象)[1]
エンジン Unreal Engine 4
テンプレートを表示
映像外部リンク
公式インタビュー動画

ソウルキャリバーVI』(ソウルキャリバー6、Soul Calibur VI)は、バンダイナムコエンターテインメントより2018年10月に発売されたPlayStation 4Xbox OneSteam3D武器対戦格闘ゲーム[2]

概要[編集]

ソウルシリーズ』のナンバリング第6作にしてシリーズ20周年記念作品。

コンセプトは「リブート」で、世界観や設定は前作『ソウルキャリバーV』の直接的な続編ではなく、『ソウルキャリバー』の物語の再構成となっている[3]。これは複雑化したソウルシリーズの世界観の再認知を目的とし、シリーズ経験者はもとよりシリーズ未経験者や過去のシリーズプレイヤーも取り込む意図が込められているとされる。そのため、前作では死亡や消息不明、戦いから身を引いたキャラクター達も、今作でプレイアブルキャラクターとして再登場する[3]

今作ではステージの陰影表現を『ソウルキャリバー』に近いようなビジュアル表現を目指しており、ゲームエンジンは『アンリアルエンジン4』を利用している[4]。ゲームシステム面でも『V』のクイックムーブが廃止され、「ソウルチャージ」システム[5]や、上段・中段・下段関係なくガードし、反撃に転じる「リバーサルエッジ」などを、複雑なコマンドを使用せずとも簡単な操作で発動可能になっているなど、『V』以上に初心者でも楽しめるよう見直されている[4]

共同開発としてディンプスが参加、キャラクターデザインにはヒロアキが起用されている。

登場キャラクター[編集]

レギュラーキャラクター[編集]

新キャラクター[編集]

  • グロー
  • アズウェル

ゲストキャラクター[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c PRODUCTS”. ソウルキャリバーVI 公式サイト. バンダイナムコエンターテインメント. 2018年7月23日閲覧。
  2. ^ 『ソウルキャリバーVI』発表 PS4、Xbox One、Steamにて2018年リリース予定【The Game Awards 2017】”. ファミ通.com. Gzbrain (2017年12月8日). 2017年12月17日閲覧。
  3. ^ a b Soulcalibur VI theme is “reboot,” emphasizes enjoyment of sword fighting with single button” (英語). gematsu.com (2017年12月12日). 2018年4月20日閲覧。
  4. ^ a b PlayStation (2017年12月9日). “Soulcalibur VI - Gameplay Preview”. Youtube. 2018年4月20日閲覧。
  5. ^ ソウルチャージ自体は過去作品にも登場していたが、今作ではゲージを消費して攻撃力が上がるシステムに変更されている。
  6. ^ 「ソウルキャリバーVI」に「ウィッチャー3 ワイルドハント」のゲラルトが参戦決定。キャラクター紹介動画も同時公開”. 4gamer.net (2018年3月15日). 2018年3月31日閲覧。
  7. ^ 『ソウルキャリバーVI』に『ニーア オートマタ』とのコラボで2B参戦! 追加衣装にはカイネのコスチュームも!?”. ファミ通.com (2018年10月28日). 2018年10月28日閲覧。

外部リンク[編集]