星野正昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

星野 正昭(ほしの まさあき、1972年7月17日 - )は日本のゲームクリエイター。現在は“ポッ拳“、“ソウルシリーズ”を担当するプロデューサー

略歴[編集]

1997年ナムコに入社。入社後すぐに業務用『ソウルキャリバー』にプログラマーとして参加。[1]

格闘ゲームのプレイヤーだった経験を活かし、ゲームの基礎設計開発に関わる。

ソウルキャリバーIII』ではAIとカメラのプログラムを担当。

2008年ソウルキャリバーIV』ではリードプログラマーを担当。スターウォーズのキャラクターが登場しシリーズ初のオンライン対戦を実現。PS3、Xbox360両機種で世界同時期発売を行った。[2]

2014年ソウルキャリバーロストソーズ』からディレクター兼シリーズプロデューサー。[3]

2015年ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENT』では、格闘ゲーム開発経験とバンダイナムコゲームス(現 バンダイナムコスタジオ)でポケモン部部長を務める程のポケモンファンという実績からプロデューサーを担当。[4]WiiUで全世界累計販売本数100万本を達成。[5]


作品[編集]



脚注[編集]