アサシン クリード ブラザーフッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Assassin's Creed Brotherhood logo.svg
対応機種 PlayStation 3Microsoft WindowsXbox 360
開発元 ユービーアイソフトモントリオールスタジオ
運営元 ユービーアイソフト
シリーズ アサシン クリードシリーズ
メディア Blu-ray DiscDVD
稼働時期

アメリカ合衆国の旗2010年11月16日[1]

日本の旗2010年12月9日[2]
日本の旗2011年8月4日[3](スペシャルエディション)
対象年齢 BBFC:15
ESRB:M
OFLC:MA15+
PEGI:18+
USK:16
CEROZ(18才以上のみ対象)
テンプレートを表示

アサシン クリード ブラザーフッド』(Assassin's Creed: Brotherhood)は、ユービーアイソフトモントリオールスタジオ制作のステルスゲーム

概要[編集]

本作は、アサシン クリードシリーズの据え置き機タイトルとして初めてオンラインマルチプレイが導入される。2010年5月10日には、ティザームービーが公開された[4]

アサシン クリード II』の後、マスターアサシンに上り詰めたエツィオ・アウディトーレが主人公[5]。舞台はローマ
前作に引き続き、レオナルド・ダ・ヴィンチニッコロ・マキャヴェッリカテリーナ・スフォルツァなどの歴史上の人物も登場する。

前作との相違点[編集]

前作にあたる『アサシン クリード II』とは、主に以下のような相違がある。

  • オンラインマルチプレイ対応。
  • マスターアサシンとして、暗殺教団のメンバーを率いるシステムが導入されている。
アサシン達を鍛え街の各地に配置することで、任務中に協力が得られる。
  • クロスボウが新武器として登場。
  • 剣とピストル、短剣と投げナイフの併用。
  • 町の中でも乗馬が可能に。
  • 戦闘システムの改良。
カウンターキルの強化や攻撃を受けない限り、次々と敵を倒せるエクスキューションストリーク(キルストリーク)の導入。

ストーリー[編集]

かつて来たりし者「ミネルヴァ」からエツィオ・アウディトーレの記憶を通じメッセージを受け取るという信じがたい体験をしたデズモンド達。アブスターゴ社に隠れ家を見つけられた彼らはそのメッセージに従い、エツィオの所持していた「エデンの果実」が現代に残されている事を信じてモンテリジョーニ・ヴィラへと向かった。「エデンの果実」の場所を探る為、デズモンドは再びエツィオの人生を辿る事となる。

「かつて来たりし者」、「デズモンド」…。様々な謎を抱きつつも、「預言者」の役割を果たしたエツィオ。ヴィラにてつかの間の休日を過ごしていた最中、ロドリゴ・ボルジアの息子、チェーザレ・ボルジアの襲撃に遭う。一命は取り留めたものの、伯父のマリオを殺され、客人のカテリーナは連れ去られてしまう…。 チェーザレの権力がイタリア全土に及ぶことを恐れたエツィオは、アサシンギルドを立ち上げ、これを阻止することに。すべてはローマに住まう人々を救うため。新たなる歴史的大革命(ルネサンス)が、ここから始まる。

ゲームシステム[編集]

シングルプレイ[編集]

本作では新たにオンラインマルチプレイが導入されているが、シングルプレイもクリアに15時間程度掛かり、メインストーリー以外も行う場合は更に時間が伸びるという[6]デズモンド・マイルズが登場するシーンも確保されており、現代パートも充実している[7]

復興システム[8]
前作で導入されたヴィラの復興システムを強化した、衰微しつつあるローマの街全体を復興するシステム。
教団運営[9][8]
アサシンの候補を採用・鍛錬し、部下として使うことができる。マップに配置することで自身の任務中にサポートを要請することができるほか、各地から寄せられる依頼に応じて彼らを派遣し、アイテムなどの報酬を得ることができる。
エリア拡大[10]
マップが複数のエリアに分割されており、エリアごとに敵の防衛する塔が存在する。この塔を破壊することで新たなエリアが解放され、ボルジアの影響力を弱めることができる。

オンラインマルチプレイ[編集]

オンラインモードでは、様々なルールで対戦を行う事が出来る。

ウォンテッド[11]
プレイヤーそれぞれに対し、特定のプレイヤーの暗殺依頼がされる。自分の暗殺対象を殺害したり攻撃することで得点を獲得し、逆に自分が殺害されたり攻撃されることで得点を失う。自分を暗殺対象としているプレイヤーに一度も発見されないことでも得点になる。

アイテム・武器[編集]

アサシンブレード
暗殺に優れた、収納式の小刀。レオナルドにより、両手に装着する「ダブルブレード」に改良される。
ピストル
隠し小銃。剣との併用が可能だが、発砲音がかなり大きいのが難点。
ポイズンブレード
敵に毒を注入するため、中身が空洞になっている、収納式の針。毒を注入された敵は凶暴になり、誰だろうと構わず武器を振り回し、苦しみながら死んでしまう。医者の店でより効き目の速くなる「即効毒」にアップグレードできるほか、レオナルドにより、遠隔攻撃が可能なポイズンダート(毒矢)に改良される。
クロスボウ
機械発射式の弓(日本では「ボウガン」と呼ぶことも多い)のこと。高い値段で売られているが、その分使い勝手がよく、威力もかなりのもの。発砲音もしないため静かに敵を仕留められる。
剣・ハンマー・斧・大剣
戦闘においてメインで使われる武器達。剣とハンマーなら、空いた片手でピストルが併用可能。仕立屋で「大きな鞘」を購入することで大型武器を持ち運ぶことが可能になる。
短剣
小刀。手数に優れ、狭い距離でも扱いやすいようになっているので、大人数の敵向けの武器。投げナイフと併用可能。
投げナイフ
投擲用のナイフ。複数の敵を同時にしとめることが可能。
エツィオの拳。相手を殺したくないときや、武器を奪いたいときに使う。レオナルドにより、セスタスをつけられ威力の上昇とともに登攀時にダブルジャンプが可能となる。
当時の通貨、フローリン。ばら撒くことによって、注意を引くことができる。
煙爆弾
煙幕。敵を咳き込ませて、足止めが可能。姿をくらますのにも便利。
体力を回復。
エデンのリンゴ
物語の終盤で取り戻す、「エデンの果実」のひとつ。チャージによって威力と範囲をあげ、バーストで開放する。食らった敵は混乱し、相打ちを始めたり、頭痛を訴えてのた打ち回ったり、ショック死したりする。かなり強力な武器だが、発動時間に比例して、エツィオの体力を蝕んでいくのが難点。

敵兵の種類[編集]

一般兵
ガードもままならない雑魚敵。ライフも少なく、すぐに戦意喪失する。
一般兵リーダー
鎧の装着によりライフが上昇し、士気も上がっている。ガードもしっかりしており、時にはエツィオにカウンターすら放ってくる。
軽装兵
軽装により、とても身軽な兵士。こちら側から攻撃してもほぼかわされてしまう。エツィオより足が速い。
索敵兵
槍で武装した兵士。藁山など、エツィオの隠れ場所をとことん探ってくる。ガードが完璧なのも特徴。
重装兵
斧や大剣、そして全身を鎧で武装した兵士。動きは鈍いが、一撃が重いのが特徴。
射撃兵
ボウガンや鉄砲による射撃を得意とする兵士。武器がそれだけなので、接近戦に持ち込むと有利。
教皇衛兵
黒い鎧と赤いマントに身を包んだ教皇庁直属の近衛兵。上記の兵種のいいとこ取りのような兵。
ロムルス教徒
エツィオを狙う、謎の男達。全員狼の毛皮を身にまとっており、短剣によるスピィーディーな集団戦を得意とする。ローマの地下空洞に潜んでいるが、その実態はチェーザレに仕えるまがい物の集団。彼らが隠し持つ書物を全て集めると、「ブルータスの鎧」と「ブルータスの短剣」が入手できる。ロムルスとはローマ神話に登場するローマ最初の王であり、狼によって育てられた。

登場人物[編集]

ルネサンス時代[編集]

エツィオ・アウディトーレ・ダ・フィレンツェ(Ezio Auditore da Firenze)
関智一
前作に引き続いての主人公。1459年生まれ。テンプル騎士団の策略により父と兄弟を奪われ、復讐を誓いアサシンとなる。
多くの仲間の協力を得て心身ともに成長してロドリゴ・ボルジアを退け、秘宝「エデンの果実」を手に宝物庫でミネルヴァからの話を聞いたのちにローマを去る。
モンテリジョーニに帰還し束の間の安らぎを得るが、突如襲撃してきたチェーザレ・ボルジア率いる軍によりモンテリジョーニは壊滅。
客人として迎えていたカテリーナは捕らえられ、伯父のマリオを目の前で殺され、エツィオ自身も深手を負う。
復讐と野望の阻止のためアサシンギルドを設立し、多くの仲間と共に立ち上がる。
チェーザレ・ボルジア(Cesare Borgia)
諏訪部順一
1475年生まれ。アサシンの仇敵であるテンプル騎士団の総長で教皇アレクサンデル6世の実子。
わずか18歳にして枢機卿の地位にまで上り詰めた法学家であり、政治、軍事、剣技、外交においても優れた才能を発揮する英傑。
一度はアサシンに敗れた父の再起を促し、その尖兵として自らモンテリジョーニを侵攻する大胆さを見せ、死すら恐れぬ権力を握っている。
ルクレツィア・ボルジア(Lucrezia Borgia)
川澄綾子
チェーザレの妹。ロドリゴやチェーザレに政治目的で利用されており、結婚した男は全員殺されている。
チェーザレには兄妹以上の感情を抱いている。
ロドリゴ・ボルジア(Rodrigo Borgia)
山路和弘
テンプル騎士団の幹部でアウディトーレ家を破滅へ導いた張本人。チェーザレとルクレツィアの父。現教皇。
ミケロット・コレーリア(Micheletto Corella)
藤原啓治
チェーザレの右腕的存在の暗殺者。
ホアン・ボルジア(Juan Borgia)
枢機卿。ロドリゴ・ボルジアの甥の一人。チェーザレの協力者であり、財務を任されている。
オクタヴィアン・ド・ヴァロワ(Octavian de Valois)
男爵、フランス軍将軍。フランス王ルイ12世の遠縁のいとこ。チェーザレとフランスをつなぐ協力者。
レオナルド・ダ・ヴィンチ(Leonardo da Vinci)
森川智之
エツィオの古くからの親友。チェーザレに協力を強いられていた。
今回も戦車やマシンガン、パラシュート、進化したグライダーなど、様々な発明品でエツィオをサポートする。
カテリーナ・スフォルツァ(Caterina Sforza)
名塚佳織
現フォルリの領主にして、名高い女傑。チェーザレによって囚われの身に。
ニッコロ・マキャヴェリ(Niccolò Machiavelli)
有名な啓蒙思想家。ロドリゴ・ボルジアにとどめをささなかったエツィオに憤慨する。ボルジア家との内通の噂がある。
狐(La Volpe)
有名な盗賊。マキャヴェリのことを内通者と疑う。
バルトロメオ・ダルヴィアーノ(Bartolomeo d'Alviano)
傭兵団の隊長。「ビアンカ」と名づけた大剣を振り回す熱血漢で、猪突猛進な性格。
パンタシレア・バリオーニ(Pantasilea Baglioni)
バルトロメオの妻。聡明かつ冷静な判断力を持つ戦術家として夫をサポートしている。
クラウディア・アウディトーレ(Claudia Auditore)
エツィオの実の妹。兄の手助けのため、娼館を経営している。
マリア・アウディトーレ(Maria Auditore)
エツィオの実の母。一時は家族の死にふさぎこんでしまったが、エツィオの献身により心を取り戻している。
マリオ・アウディトーレ(Mario Auditore)
大塚明夫
エツィオの伯父。トスカーナ地方の傭兵隊長、ヴィラ・アウディトーレ領主。
エツィオと共にローマを脱出し「エデンの果実」の管理を引き受けたが、直後にチェーザレ軍の襲撃を受け重傷を負い拘束。
エツィオが見ている前でチェーザレによって銃殺される。
クリスティーナ・ヴェスプッチ(Cristina Vespucci)
平野綾
フィレンツェ時代のエツィオの恋人。前作では多くを語られる機会がなかった二人の関係が明かされる。

現代[編集]

デズモンド・マイルズ(Desmond Miles)
東地宏樹
現代パートの主人公。アルタイルやエツィオの遺伝子を受け継ぐ子孫。
前作『アサシン クリード II』での流入現象によりアサシンとしての能力が覚醒しつつあるが、同時に副作用として時折、過去の幻影も見えるようになっている。
今回はアジトをヴィラ・アウディトーレに移し、エツィオの持っていた「エデンの果実」を探すことになる。
ルーシー・スティルマン(Lucy Stillman)
園崎未恵
デズモンドと共に行動するアサシンの協力者。
アブスターゴ社の社員として活動し、アニムスの開発などに携わっていたが、前作で同社の研究所からデズモンドと共に脱出する。
大学時代の専攻は認知神経科学。アブスターゴ社の警備スタッフを一蹴する戦闘能力、フリークライミングなどの技術を有しているが、アサシンの血脈ではない。
ショーン・ヘイスティングス(Shaun Hastings)
飛田展男
デズモンドと共に行動するアサシンの協力者。
主にアニムス2.0のデータベースの作成や他の仲間達へのサポートを担当している。皮肉屋だが、かなり博識。
レベッカ・クレイン(Rebecca Crane)
渡辺明乃
デズモンドと共に行動するアサシンの協力者。
主にアニムス2.0の調整を担当している。

スタッフ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]